AWS Backup

データ保護の一元管理と自動化

仕組み

AWS Backup では、費用対効果の高い、ポリシーベースのフルマネージドサービスを提供し、データ保護を大規模に簡素化します。

この図は、バックアップ計画の作成からモニタリング、復元、レポート作成まで、AWS Backup がデータを保護する方法を示しています。

ユースケース

クラウドネイティブなバックアップ

AWS のサービス全体で、バケット、ボリューム、データベース、ファイルシステムなどの主要なデータストアをバックアップします。

ドキュメントを読む »

ハイブリッドデータ保護

VMware ワークロードや AWS Storage Gateway ボリュームなど、ハイブリッド環境で実行されているアプリケーションのデータ保護管理を一元化します。

ブログ記事を読む >>

一元化されたデータ保護ポリシー

会社の AWS アカウント、リソース、および AWS リージョン全体でバックアップアクティビティを設定、管理、統制します。

開始方法の詳細 »

データ保護コンプライアンス

リソースをデータ保護ポリシーに照らして調べて、組織または規制の要件を確実に遵守できるようにします。

AWS Backup Audit Manager の詳細 »

最初に行うべきこと

ブログ記事を読む

AWS のサービス全体でデータ保護タスクを一元化および自動化する方法をご確認ください。

10 分間のチュートリアルを見る

Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスのオンデマンドバックアップジョブを作成します。

コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで AWS Backup を使った構築を開始します。


AWS の詳細を見る