AWS インフラストラクチャを生成するためのコンストラクト

コンストラクトは、1 つまたは複数の AWS のサービスを使用するための構成詳細、定型文、および Glue ロジックをエンコードするクラウドコンポーネントです。AWS CDK は、AWS の多くのサービスと機能をカバーする構成要素のライブラリを提供し、お客様がアプリケーションのインフラストラクチャを高レベルで定義することを可能にします。さらに、コンストラクトは調整および合成が可能です。パラメータを簡単に変更したり、独自のカスタムコンストラクトをエンコードしたりできます。

AWS CDK はさらに、ベースレベルの AWS CloudFormation リソースと 1:1 でマッピングし、CloudFormation をプログラミング言語で定義する方法を提供する CFN リソースを提供します。CFN リソースは、CloudFormation リソースを完全にカバーしており、CloudFormation リソースが更新された直後または新しく利用可能になった直後に利用可能になります。

コンストラクトと CFN リソースは AWS Construct ライブラリで入手できます。詳細については、AWS Construct ライブラリ API リファレンスを参照してください。

コンストラクトのカスタマイズ、共有、再利用

ほかのソフトウェアライブラリと同様に、AWS CDK では組織またはコミュニティ内でコンストラクトをカスタマイズ、共有、および再利用できます。これにより、より早く作業を始めることができ、デフォルトでベストプラクティスを取り入れることができるようなコンストラクトを構築できます。

AWS CloudFormation の使用

AWS CDK を使用すると、コードを使用してインフラストラクチャを定義し、それを AWS CloudFormation を通じてプロビジョニングできます。反復可能なデプロイ、簡単なロールバック、ドリフト検出など、CloudFormation のすべての利点がそのまま実現されます。

使い慣れたプログラミング言語、ツール、ワークフローの使用

AWS CDK を使用すると、TypeScript、Python、Java、および .NET を使用してアプリケーションインフラストラクチャをモデル化できます。CDK では、開発者は既存の IDE、テストツール、およびワークフローパターンを使用できます。自動入力ドキュメントやインラインドキュメントなどのツールを活用することで、AWS CDK では、サービスドキュメントとコードの切り替えにかかる時間を短縮できます。

インフラストラクチャとランタイムコードを一緒にデプロイする

AWS CDK を使用すると、同じプロジェクト内のランタイムコードアセットを同じプログラミング言語で参照できます。たとえば、AWS Lambda ランタイムコードまたは Docker コンテナイメージを CDK プロジェクトに含めることができます。アプリケーションをデプロイすると、CDK フレームワークは自動的に AWS のサービスをランタイムアセットでアップロードして設定します。CDK のデプロイが完了すると、完全に機能するアプリケーションが完成します。

開発者に優しいコマンドラインインターフェイス (CLI)

AWS CDK CLI を使用すると、CDK アプリケーションを操作して、CFN テンプレートの合成、実行中のスタックと提案された変更の違いの表示、デプロイ前のセキュリティ関連の変更の確認、複数の環境にわたる複数のスタックのデプロイなどの機能を有効にできます。コマンドには、以下が含まれます。

cdk init

新しいデフォルトのアプリケーションを任意の言語で初期化する。

コマンドラインインターフェイス (CLI) - cdk init

cdk synth

AWS CDK アプリケーションを AWS CloudFormation テンプレートにコンパイルする。

コマンドラインインターフェイス (CLI) - cdk synth

cdk diff

ローカルの AWS CDK コードと AWS で実行中のアプリケーションとの「diff」を表示する。

コマンドラインインターフェイス (CLI) - cdk diff

cdk deploy

AWS CloudFormation を介して AWS CDK アプリケーションをテスト環境または本番稼働用環境にデプロイする。

コマンドラインインターフェイス (CLI) - cdk deploy

IDE との統合

AWS CDK Explorer (プレビュー) は、AWS Toolkit for Visual Studio Code の機能であり、アプリケーション、インフラストラクチャスタック、リソース、およびポリシーの概観を提供します。AWS CDK Explorer は、CDK プロジェクトをリストし、CDK アプリケーションのさまざまなコンポーネントを容易に参照できるようにします。 AWS CDK Explorer のサイドバーは、Visual Studio Code 内に組み込まれ、デフォルトの Visual Studio Code Explorer アイコンでそれを見つけることができます。cdk synth を実行した後で、AWS CDK Explorer ビューを最新表示して、表示ツリーを更新し、インフラストラクチャで行った変更を反映させることができます。

CDK-Features-Page-explorer.png
Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
ご質問がありますか?

AWS CDK のよくある質問のページに移動する。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
ドキュメント

開発者ガイドで AWS CDK の詳細を確認できます。

詳細