ハイブリッド環境での名前解決を一元化するための

クラウド構成と料金試算例

他のユースケースを選択する
  • 他のユースケースを選択する
  • クラウド構成と料金試算例 TOP
  • ファイルサーバー・Windows システム
  • ビジネスアプリケーション
  • 仮想デスクトップ
  • Web サイト・Web アプリケーション
  • コンテンツ配信
  • バックアップ
  • IoT
  • 機械学習
  • ゲーミング

AWS ソリューション構成例 - ハイブリッド環境でのドメインネームシステム名前解決

目的・用途:
オンプレミスから VPC 向けゾーンやインターネット向けゾーンの名前解決をしたい

この構成での料金試算例:
364 ドル(月額)

オンプレミスネットワークとAWS Virtual Private Cloud (VPC) 環境とのプライベート接続を確立するには、これらの環境にまたがった ドメインネームシステム (DNS) 名前解決の必要性がより重要になってきます。これらの課題を解決するために、この構成では Route 53 Resolver の機能である Amazon Route 53 Resolver for Hybrid Clouds を利用します。
「Outbound Endpoint」「Inbound Endpoint」「リゾルバールール」で構成されるコンポーネントを活用して、オンプレミスから VPC 向け、オンプレミスからインターネット向け、VPC からオンプレミス向けのゾーンへの名前解決をマネージドサービスで一元管理を実現します。また、VPC との間で回線のトラブルなどがあった場合に備え、オンプレミス環境側にフォワーダーを設置、キャッシュを利用することで可用性が向上します。

この構成での選択サービス

オンプレミス環境と VPC 環境の名前解決 Amazon Route 53 Resolver

この構成での料金試算例

サービス
項目 数量 単価 料金 (USD)
Amazon Route 53 Resolver ENI 毎の時間料金 4 * 24時間 * 30 日(*1) 0.125 USD/時間 360.00
オンプレミスリソースからの DNS クエリ料金 40 万クエリ * 30 日 (*2) 0.40 USD/100 万クエリ 4.80

月額合計料金:364.80(USD)

※ 2020 年 5 月 13 日時点での試算です

  • 東京リージョンのご利用を想定しています。
  • Route 53 Resolver のエンドポイントには、複数の IP アドレスが含まれています。各 IP アドレスは、1 つの Elastic Network Interface (ENI) に対応します。ENI ごとに時間料金が発生します。
  • VPC 内に AD を配置し Route 53 Resolver を参照することで AD ドメインに参加しているサーバーからも同様の名前解決が可能です。

(*1) Multi-AZ を考慮し、Inbound Endpoint / Outbound Endpoint それぞれ 2 つの ENI、合計 4 つの ENI を想定
(*2) 1 日 40 万クエリを想定

関連リソース

Lightsail_Pricing-Icon

AWS 料金と見積り方法について
詳細はこちら ≫

Next-Steps-Icon_Toolkit

AWS クラウドのご利用開始方法
詳細はこちら ≫

migration_icon_cdp

国内の AWS クラウド導入事例
詳細はこちら ≫

AWS の導入支援・お見積方法・資料請求の
ご相談に日本担当チームがお答えします。

クラウドを無料ではじめましょう!
60 以上のサービスを 1 年間無料でお試しいただけます。