株式会社ファームノートは、酪農・畜産向け牛群管理システム「Farmnote」、牛向けのウェアラブルデバイス「Farmnote Color」において AWS を採用。初期導入コストを抑えつつ、ビジネスの成長に合わせてスケールできるクラウド環境を活用することで、酪農・畜産の生産性向上に貢献しています。

株式会社ファームノートのインタビュー動画はこちら

2-3

株式会社フジテレビジョン

放送と通信を融合させ、4K 映像をテレビ向けに配信するサービス『ハイブリットキャスト』の開発に AWS を導入、オンプレミスでは数億円単位の費用が必要となる大規模開発を、小規模にはじめることで、1 万円程度に削減できました。
株式会社フジテレビジョンは、関東広域圏を放送地域とする放送事業者です。近年では、テレビ上での動画配信とテレビとの連携技術、ソーシャルや屋外での行動とテレビとのスムースな連携技術のほか、今後は視聴データの利活用のための技術開発にも取り組み、次世代のテレビの UI/UX の技術開発を推進しています。
新しい技術を一般サービス化する際、従来の放送業界では約 1 年半のリードタイムを要するところ、AWS を活用することで 1 年未満での放送開始を実現しました。

株式会社東急ハンズ

BCP をきっかけに AWS への移行を 2012 年に決断、オンプレミスからの全面移行を推進しています。インフラ調達期間を従来の 3 ヶ月から 1 日に短縮するだけでなく、インフラ保守・開発ともにエンジニアの負担を削減することで、エンジニアが新しいテクノロジーで業務を改善することに注力できるようになりました。株式会社東急ハンズは、暮らしに根ざしたベーシックな商品をはじめ、多様なニーズ応える商品を幅広く取り揃えている『東急ハンズ』や、個性を表現できるモノや時代を超えた価値を提供する提案型ライフスタイルショップ『ハンズビー』などを全国に展開しています。Amazon EC2、 Amazon DynamoDB、Amazon S3 をはじめ様々な AWS サービスを活用し、既存システムの移行のみならず、すべての新規システムをクラウドで構築する方針を掲げています。

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)

映像配信サービスに AWS を採用、従来のオンプレミス環境では数ヶ月かかっていたインフラ構築期間を数分に短縮するとともに、予測しづらい突発的な顧客ニーズへも迅速に対応することができています。
東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は、フレッツ光、コラボ光を利用した法人向けのサービスを展開しています。また、最近ではクラウドの時代にふさわしいネットワークサービスにも注力しています。
AWS Direct Connect を活用した高画質映像配信サービスの提供をはじめ、AWS Lambda やAmazon Elastic Transcoder などのサーバーレスアーキテクチャーも積極的に活用し、柔軟性の高いサービス開発環境を実現しています。

朝日放送株式会社

『M-1グランプリ』の視聴者投票システムに AWS を採用。オンプレミス環境と比較してインフラ調達コストを 1/2 から 1/3 程度に削減するとともに、5 分間に 50 万票というオンエア日の大量アクセスにも柔軟に対応することができました。
朝日放送株式会社は、『M-1グランプリ』や『熱闘甲子園』など、様々な番組の制作を手がける西日本最大規模のテレビ・ラジオ放送局です。近年では、番組と連動した視聴者参加型企画や、ライブ配信、番組の見逃し配信などのインタ―ネット配信にも注力しています。
Amazon API Gateway や Amazon DynamoDB などのサーバーレスアーキテクチャーをはじめ、報道素材の共有や Web コンテンツの配信には Amazon EC2、Amazon S3、Amazon CloudFront も活用し、短期間で信頼性の高いシステム構築を実現しています。


nikkei-2018_logo_250x169

株式会社 日本経済新聞社

2 ヶ月未満という短期間で データ収集分析基盤(Atlas)をフルスクラッチで開発。AWS のマネージドサービスを活用することで、データを収集・蓄積するインフラにかかるコストは従来の約 5分の 1 に、一方で扱えるデータ量が 10 から 20 倍に増加したことで、50 倍以上の ROI を実現しています。
日本経済新聞社は 新聞発行を軸に、雑誌、電子メディア、データベースサービスなどを展開する複合メディア企業です。 
Amazon SQS や Amazon Kinesis を活用することで、トラフィック変化が予測しにくいニュース記事のアクセス負荷の変動を上手く吸収し、秒間数千〜数万規模のリクエストにも問題なく処理できています。

asahi-shimbun_logo_250x169

株式会社 朝日新聞社

編集者向け記事・画像検索システムを AWS Lambda と Amazon API Gateway を組み合わせたサーバーレスの環境で構築。Amazon EC2 でフロントエンド部分を開発した場合と比べ 99 %程度のコスト削減を実現しました。
株式会社 朝日新聞社は、原点であるジャーナリズムを守りながら、既成概念にとらわれずデジタル化にも積極的に取り組んでいる総合メディア企業です。
AWS のマネージドサービスを活用しインフラ管理の手間を大きく削減することで、情報開発部では機能開発に注力できるようになり、編集者のニーズをくみ取りながら一緒に機能を作っていく提案型の業務スタイルへと変革しています。



株式会社 日本経済新聞社

導入事例はこちら≫

株式会社 朝日新聞社

導入事例はこちら≫

株式会社トルテ

導入事例はこちら≫

東京急行電鉄株式会社

導入事例はこちら ≫

ミニストップ株式会社

導入事例はこちら≫

株式会社フジテレビジョン

インタビュー動画はこちら≫

株式会社東急ハンズ

インタビュー動画はこちら≫

ヤンマー株式会社

導入事例はこちら≫

特定非営利活動法人エフエム和歌山

導入事例はこちら ≫

住友化学株式会社

導入事例はこちら≫

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)

インタビュー動画はこちら≫

任天堂株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー

導入事例はこちら ≫

帝人株式会社

導入事例はこちら≫

凸版印刷株式会社

導入事例はこちら≫

株式会社スクウェア・エニックス

導入事例はこちら ≫

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

導入事例はこちら≫

セイコーエプソン株式会社

インタビュー動画はこちら≫

ソニー銀行株式会社

導入事例はこちら≫

富士ゼロックス株式会社

インタビュー動画はこちら≫