ランドサット 8 号のデータは Amazon S3 経由ですべてのユーザーが利用できます。2015 年以降にランドサット 8 号が撮影したすべての画像と、2013 年と 2014 年の雲のない選りすぐりの画像を利用できます。ランドサット 8 号のすべての新しい画像は、毎日利用でき、撮影から数時間以内で利用できる場合もあります。この衛星は 16 日ごとに約 30 メートルの解像度で地球全体の画像を撮影しています。

人工衛星ランドサット 8 号からの画像。米国地質調査所の厚意による

詳細

次世代気象レーダー (NEXRAD) は、160 の高解像度ドップラーレーダーサイトのネットワークで、降雨と大気の動きを検出し、各サイトから約 5 分間隔でデータを伝えます。NEXRAD は、暴風雨の予報が可能であり、研究者や商業企業が複数のセクターにまたがる天候の影響について研究および対応するために使用されています。

NEXRAD データの画像

詳細

SpaceNet は、高解像度衛星画像およびラベリングされたトレーニングデータのコーパスで、研究者が機械学習アルゴリズムの開発とトレーニングに活用しています。データセットは、50 cm の解像度による約 1,990 平方キロメートルの画像と 220,594 の対応する建物のフットプリントで構成されています。

SpaceNet プログラム提供の画像

詳細

National Agriculture Imagery Program (NAIP) は、米国本土で農業の生育期に航空画像を収集しています。Amazon S3 では、多年にわたる約 1 メートル間隔の航空画像 (赤、緑、青、近赤外線) が利用できます。

National Agriculture Imagery Program 提供の画像

詳細

数値標高モデル (DEM) では、地表の標高を調べられ、Amazon S3 で地形ラスタータイルとして利用できます。世界中のエリアがカバーされており、米国では 10 メートルのナショナル標高データ (NED) のデータによって、以前の NED 3 メートルおよび 30 メートルのシャトルレーダートポグラフィーミッション (SRTM) のデータが補足されるようになり、鮮明度が高く、一貫した山岳の詳細が得られています。

数値標高モデルデータの画像

詳細

GDELT プロジェクトは、100 を超える言語で世界各国のありとあらゆる場所の放送、印刷物、Web ニュースを監視し、グローバル社会を毎日毎秒動かしている人々、場所、組織、数値、テーマ、情報源、感情、カウント、引用、画像、イベントを特定します。

GDELT プロジェクト提供の画像

詳細

NASA Earth Exchange (NEX) を利用すると、研究者による地球科学データへのアクセスおよび処理が容易かつ効率的になります。縮小版の気象予測、グローバル MODIS 植生指標、およびランドサットグローバル土地測量データを含む NEX のデータセットを Amazon S3 で利用できます。

NASA 提供の画像

詳細

OpenStreetMap (OSM) は、ボランティアによって作成および保守され、現在は Amazon S3 でオープンライセンスで使用できる、無料の編集可能な世界地図です。誰でも OSM を使用して、世界中のユーザーに地図、道案内、および地理的コンテキストを提供できます。数十億のユーザー貢献機能の上に構築できます。

画像 © OpenStreetMap 貢献者

詳細

Sentinel-2 のミッションは、高解像度の光学イメージを提供する陸域観測コンステレーションです。このミッションは 10 日ごとに地球の陸域表面を、最大 10m の解像度で全地球的にカバーします。データは、通常 Sentinel Scientific Hub で入手可能になってから数時間以内に、定期的に追加されます。

Sentinel-2 提供の画像

詳細

緊急時計画、リスク評価、ステージング領域および緊急時対応のモニタリング、損害評価、復旧をサポートするための事前イベントおよび事後イベントの高解像度衛星画像です。また、突然に発生する大規模災害のクラウドソーシングによる損害評価も含まれます。

DigitalGlobe 提供の画像

詳細

USGS および NASA の中分解能撮像分光放射計 (MODIS) のデータは、Amazon S3 を使用して誰でも利用できます。優れた結果を毎日利用でき、撮影から数時間以内で利用できる場合もあります。

MODIS 提供の画像

詳細

機械学習アルゴリズムのトレーニングデータとして使用する POI (Point of Interest) 分類のライブラリと画像のセットを、IARPA によって Amazon S3 で利用できます。2 つのバッチでリリースされたライブラリには、事前定義された 62 のカテゴリと 1,000,000 個の "画像チップ" が含まれます。

FMotW 提供の画像

詳細

NOAA の Geostationary Operational Environmental Satellites (GOES) のデータは Amazon S3 を使用して誰でも利用できます。GOES では、北米全域の気象画像、気象観測、宇宙環境データを継続的に提供しています。

GOES-16 提供の画像

詳細

UK Met Office Global and Regional Ensemble Prediction System (MOGREPS) のアーカイブデータが、Amazon S3 で利用できるようになりました。英国全体の詳細な天気予報と世界の天気予報に関するデータを利用できます。

詳細

OpenAQ は、政府、研究レベル、その他のソースが提供する公開データソースから空気質の物理データ (PM2.5、PM10、CO、SO2、NO2、O3、BC) を集計します。このプロジェクトには、60 か国以上の 100 を超えるソースからのデータが含まれます。データは API、Amazon RDS Snapshots、Amazon S3 で使用でき、Amazon Athena などのツールによるインプレースクエリに対応しています。

openaq.org の画像

詳細

下記の動画と記事は、スタートアップ、企業、または研究所が AWS にある地球観測データをどのように使用できるかについて説明しています。

  • 動画

    2017-reinvent-nasa
    How NASA Is Using AWS
    2017-eaws-radiant
    How Radiant.Earth uses AWS
    2018-ps-ml
    Machine Learning with Earth Observation Imagery
    2018-ps-remote_sensing
    Making Sense of Remote Sensing
    2016-ag-day-osu
    Cloud Computing and the Geospatial Sciences
    2017-reinvent-esri
    How Esri Optimizes for Analytics in the Cloud
    2018-ps-geoscience
    Transitioning Geoscience Research to the Cloud
    2018-ps-e84
    Raising the Bar on Streaming Satellite Data
    2015-eo-day-planet
    Planet on AWS
    2015-eo-day-blueraster
    Emerging Hotspots of Global Tree Cover Loss
    2018-ps-dg
    How DigitalGlobe Uses Amazon SageMaker
    2015-eo-day-mapbox
    How Mapbox Does Earth
    2016-ag-day-planetos
    Big Data Infrastructure for Data Driven Agriculture
    2018-ps-pds
    Lessons from Staging Petabytes of Data for Analysis
    2018-ps-dr
    Open Data in Disaster Response Situations
  • 記事

    OpenStreetMap (OSM) は、ボランティアによって作成および保守され、オープンライセンスで使用できる、数十億の機能を持つ、無料の編集可能な世界地図です。この投稿では、誰でも Amazon Athena を使用して AWS Public Dataset として Amazon S3 に保存された、公開 OSM データに簡単にクエリを実行できる方法を説明しています。

    読む

    American Community Survey Public Use Microdata Sample は、AWS Public Dataset として利用できます。AWS と data.world が連携して、データをクラウドで分析に利用できるようにしています。現在、コピーをダウンロードし、保存することなく、誰でもクラウドで PUMS データにアクセスし、分析することができます。data.world は、このデータにグラフデータベースを使用することの利点を語っています。

    読む

    Mapzen では、さまざまな公共の情報源から標高データを収集し、スタートアップ、企業、および研究所が Amazon S3 によってそれらの情報を容易に使用できるようにしています。これらの数値標高モデル (DEM) は、地表の標高を調べる強力な方法です。このデータセットに関して Mapzen と行った質疑応答を読むことができます。

    読む

    Sinergise が AWS を利用して、Sentinel-2 衛星からこれまでに届いた 200 TB を超えるデータを革新的な方法でどのように処理しているかをご覧ください。

    読む

    DigitalGlobe は、災害対応、食糧安全保障、貧困削減、マラリア撲滅などの分野での作業を支援する地理空間プロジェクトに DigitalGlobe の GBDX プラットフォームと画像を活用できる、熱心な参加者を見つけることに取り組みました。

    読む

    オクラホマ大学が AWS で NEXRAD データをどのように利用して、渡り鳥の研究をしているか説明しています。

    読む

    DigitalGlobe が Amazon SageMaker を使用して大規模な機会学習をどのように処理し、そのデータへのオンデマンドアクセスを提供しているかを紹介しています。

    読む

    気候変動、農業の復元力、および宇宙探査の分野での研究は、クラウドのコンピューティングリソースへのアクセスにますます依存するようになっています。クラウドでは大量のデータの共有が容易であり、必要なコンピューティングリソースに対する料金のみを支払えばよいため、コストを抑えながら研究のペースを速められます。

    読む

    NOAA が 160 の高解像度ドップラーレーダーサイトのネットワークである NEXRAD をどのように公開したかについてご覧ください。NEXRAD は、暴風雨の予測を可能にしており、複数のセクターに またがる天候の影響について研究および対応するために研究者や企業によって使用されています。

    読む

AWS Cloud Credits for Research は、地球観測データを AWS で使用して研究をする方であればどなたでも利用できます。学生、教育者、および研究者は、技術革新の重要な推進者であり、この分野での進歩を支援したいと考えています。

申請方法の確認

AWS Marketplace では、経路選択、計画、予測モデリングおよびマッピングに活用できる、地理空間アプリケーションや GIS アプリケーション、ロケーションベースアプリケーションを多数用意しており、より充実した役立つソリューションを提供しています。インテリジェントロケーションやマッピングのソリューションを AWS アカウントに簡単に起動し、新たな方法で自分の周りの世界を理解することを始めてください。

ソリューションを調べる