Windows Server 向けサポート終了移行プログラム

AWS でレガシー Windows Server アプリケーションを将来も使用し続ける

AWS ではお客様がコードを変更することなく、レガシー Windows Server アプリケーションから Windows Server のサポートされている最新バージョンに AWS で移行できるように支援します。多くの組織では、レガシーアプリケーションを移行するのに頭を悩ませています。その理由としては、古くてサポートされていないオペレーティングシステム (OS) への複雑な依存関係がある、社内の専門知識が限られている、インストールメディアやソースコードを使用できない、などが挙げられます。さらに、これらのアプリケーションに対する延長サポートは単なる延命策に過ぎず、不可避であるサポート終了の問題を解決できません。AWS では、このような課題に対処するために、Windows Server 向けサポート終了移行プログラム (EMP) を用意しています。

Windows Server 向け EMP では、ツールを併用します。Windows Server 2003、2008、2008 R2 で実行されているレガシーアプリケーションを AWS で Windows Server の最新のサポートされているバージョンに移行します。リファクタリングは不要です。EMP ツールは、アプリケーションを基盤となる OS から切り離し、重要なアプリケーションを新しいサポート対象バージョンの Windows Server on AWS に移行できるようにします。 お客様は、セルフサービスオプションとして、または AWS パートナーもしくは AWS Professional Services のサポートを受けて、EMP ツールを自由に使用できます。ツールをご自身で使用することをご希望のお客様のために、ユーザーガイドもご用意しています。 

EMP のツールでは、アプリケーションと古い OS の間に存在する依存関係を特定し、アプリケーションに必要なリソースを含むパッケージを作成して、Windows Server の新しいバージョンで実行します。パッケージには、アプリケーションファイル、ランタイム、コンポーネント、デプロイツールのすべてに加えて、API コールをアプリケーションからパッケージ内のファイルにリダイレクトするエンジンが含まれています。これにより依存関係が解決され、基盤となる OS からアプリケーションが切り離されます。これで、パッケージ化されたアプリケーションを Windows Server の今後のバージョンで実行できるようになります。つまり、次回、Windows Server のサポート終了が生じても、アプリケーションのアップグレードについて心配する必要はありません。AWS にアクセスすると、これらのアプリケーションの運用とコストを引き続き最適化し、Windows ワークロードのモダナイゼーションについてさらに詳しく検討できます。

利点

レガシーアプリケーションを将来も使用し続ける

アプリケーションをサポートされていない Windows Server の基盤オペレーティングシステムから切り離すことで、定期的なサポート終了からアプリケーションを保護します。つまり、次のサポート終了時には、アプリケーションを Windows Server の最新のサポートされているバージョンに移行して実行するのみです。コードの変更は必要ありません。

リスクを削減

パッケージ化されたアプリケーションを Windows Server のサポートされているバージョンで実行する際、古いバージョンでは利用できない最新のパッチとオペレーティングシステム全体のセキュリティの改善が事前に提供されます。これにより、アプリケーションを古いオペレーティングシステムの脆弱性から保護できます。

コストと複雑さを削減

通常、レガシーアプリケーションを Windows Server の最新のサポートされているバージョンに移行するにはリファクタリングが必要になります。リファクタリングは、レガシーアプリケーションに対する社内の専門知識が限られていると、コストがかかる複雑な作業になってしまいます。Windows Server 向け EMP では、Windows Server の新しいバージョンとの互換性が確保されているため、アプリケーションのリファクタリングは必要ありません。  今後は、ツールをセルフサービスオプションとして無料で使用するか、EMP ツールを使用してアプリケーションの AWS への移行を促進するために有料でエキスパートを関与させるかを選択できるようになりました。 

幅広いアプリケーションで機能

Windows Server 向け EMP では、レジストリ、ライブラリ、その他のファイルなど、古いバージョンのオペレーティングシステムとの依存関係が強いアプリケーションなど、非常に複雑なアプリケーションでもサポートします。Windows Server 向け EMP では、インストールメディアまたはコードを使用できるかどうかに関係なく、アプリケーションのアップグレードを支援します。

仕組み

仕組み
Boral ロゴ
nab
Origin ロゴ
Inmarsat
VLine
Korean Reinsurance
eWay Australia ロゴ

その他のリソース

サポートが終了した Windows Server アプリケーションを将来も使用し続けるための、AWS の新しいプログラム

2019 年 12 月 2 日
Martin Beeby

しばらく職務に従事していると、ビジネスに不可欠なレガシー Windows Server アプリケーションがあり、Windows Server の最新のサポートされているバージョンに移行できない状況に陥ることがあるかもしれません。

詳細 »

AWS EMP テクニカルホワイトペーパー

AWS の Windows Server 向けサポート終了移行プログラム (EMP) に関連する概念と機能の技術概要
 
Migrating Legacy Windows Applications to Newer Versions of Windows (8 分 11 秒)

メディアが利用可能なときに、EMP でレガシーアプリケーションをパッケージ化して移行する方法については、この動画をご覧ください。

Migrating Legacy Windows Applications to Newer Versions of Windows With No Media (16 分 58 秒)

メディアが利用できないときに、EMP でレガシーアプリケーションをパッケージ化して移行する方法については、この動画をご覧ください。

Check out more details
詳細を確認する

よくある質問のページで Windows Server 向け EMP の詳細をご確認ください。

詳細 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Contact us to join the program
プログラムへの参加について問い合わせる

レガシー Windows Server アプリケーションの AWS への移行を開始しましょう。

お問い合わせ