Amazon FSx ファイルシステムの選択

Amazon FSx では、広く利用されている 3 つのファイルシステムから選択できます。NetApp ONTAP、Windows File Server、および Lustre です。この選択は、通常、特定のファイルシステムに精通しているか、またはファイルシステムの機能セット、パフォーマンスプロファイル、およびデータ管理機能をワークロードの要件に適合させることに基づいて行われます。

使い慣れたファイルシステムの選択

既存のアプリケーションとワークロードを AWS に移行する際の一般的な考慮事項は、現在のストレージテクノロジーに最も近いファイルシステムを選択することです。そうすることで、アプリケーションの互換性を維持し、データの管理方法を変更せずに済みます。

現在のストレージテクノロジー

推奨される Amazon FSx ファイルシステム

NetApp ONTAP

FSx for NetApp ONTAP

Microsoft Windows Server

FSx for Windows File Server

Lustre

FSx for Lustre

並列ファイルシステム

FSx for Lustre

他のファイルシステム

FSx for NetApp ONTAP

ワークロード要件に基づいたファイルシステムの選択

Amazon FSx ファイルシステムは、機能セット、パフォーマンスプロファイル、およびデータ管理機能を提供し、さまざまなユースケースをサポートします。  ワークロードをコスト効率よく扱える、必要な信頼性、機能、パフォーマンス、およびセキュリティを備えたファイルシステムを選択できます。

 

FSx for NetApp ONTAP

FSx for Windows File Server

FSx for Lustre

パフォーマンスと拡張性

レイテンシー

ミリ秒未満

ミリ秒未満

ミリ秒未満

ファイルシステムあたりの最大スループット

2 GB/秒*

2 GB/秒*

数百 GB/秒

ファイルシステムにアクセスする 1 つのクライアントが利用できる最大スループット

2 GB/秒*

2 GB/秒*

最大 12GB/秒

ファイルシステムあたりの最大同時クライアント接続数

数千

数千

数千

最大ファイルシステムあたりの IOPS

何十万

何十万

数百万

適応型サービス品質管理

 

 

ファイルシステムの最大サイズ

実質的に無制限
(数百 PB)

64 TiB。DFS 名前空間を使用して複数の PB に拡張

実質的に無制限
(数百 PB)

* 2 GB/秒がベースラインです。自動クライアント/サーバーキャッシュと自動データ圧縮によるパフォーマンス効率により、パフォーマンスが大幅に向上する可能性があります

アクセシビリティと統合

クライアントの互換性

Windows、Linux macOS

Windows、Linux、macOS

Linux

プロトコルのサポート

SMB 2.0、2.1、3.0、3.1.1
NFS 3、4、4.1
iSCSI (共有ブロックストレージ)

SMB 2.0、2.1、3.0、3.1.1

最適なパフォーマンスを発揮するカスタム (POSIX 準拠) プロトコル

AWS コンピューティング

EC2 Windows、EC2 Linux、EKS Linux、ECS Windows、ECS Linux

EC2 Windows、EC2 Linux、ECS Windows

EC2 Linux、EKS Linux、ECS Linux

S3 データセットの自動インポート/エクスポート

 

 

ハイブリッドの使用法

FSx データのオンプレミスアクセス

✓ AWS Direct Connect、AWS VPN

 AWS Direct Connect、AWS VPN

 AWS Direct Connect、AWS VPN

FSx データのオンプレミスキャッシュ

✓ NetApp Global File Cache、NetApp FlexCache

Amazon FSx ファイルゲートウェイ

 

オンプレミスから AWS へのバックアップと災害対策

 NetApp SnapMirror

 

 

クラウドへのコンピューティングバーストのサポート (オンプレミスに存在するデータを AWS 上のキャッシュとして FSx を使用)

NetApp FlexCache

 

 

パフォーマンスの最適化

高速 SSD ストレージオプション

アクセス頻度の低いコールドデータ用の低コストストレージ

コールドデータが自動的に循環する低コストの階層

HDD ストレージオプション

HDD ストレージオプション

スループットと IOPS レベルの選択

スループットと IOPS

✓  スループット

✓  スループット

ユーザークォータ

データの圧縮および/またはコンパクション **

 ✓

データ重複排除 **

 

** プライマリストレージとバックアップの両方に適用されます

可用性とデータ保護

デプロイオプション

マルチ AZ

シングル AZ およびマルチ AZ

シングル AZ - 永続的またはスクラッチ

可用性 SLA

99.99%

99.99%

99.99%

クラッシュコンシステントな増分バックアップ

即時インラインスナップショット

 

インスタントクローニング

 

 

エンドユーザーファイルの復元

 

クロスリージョンレプリケーション

✓ NetApp SnapMirror

 

S3 クロスリージョンレプリケーションの使用

クロスリージョン/クロスアカウントバックアップ

 

セキュリティとコンプライアンス

保管時の暗号化

 ✓ AWS KMS

 ✓ AWS KMS

  ✓ AWS KMS

転送時の暗号化

ネットワークの隔離

 ✓ Amazon VPC

 ✓ Amazon VPC

 ✓ Amazon VPC

ファイルシステム管理のための ID ベースの認証

✓ AWS IAM

 ✓ AWS IAM

✓ AWS IAM

ファイルシステムのアクセス認証とアクセス制御のためのアクティブディレクトリサポート

 

ファイルアクセス監査

 

アンチウイルススキャン

 

 

API コールのログ記録

 ✓ AWS CloudTrail

 ✓ AWS CloudTrail

✓ AWS CloudTrail

コンプライアンスと認証

HIPAA BAA、PCI/DSS、ISO、SOC、IRAP、GDPR、ISMAP、FINMA、MTCS、C5、ENS High、OSPAR、HITRUST CSF

構築を始めましょう。
Amazon EFS の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ