Amazon Kinesis Data Analytics の場合、お支払いいただくのは実際に使用した分のみです。ストリーム処理アプリケーションの実行に使用された KPU (Kinesis Processing Unit) の平均量に基づいて時間あたりの課金が発生します。

KPU とは、4 GB のメモリ、1 vCPU のコンピューティング、対応するネットワークリソースで構成されるストリーム処理能力の単位です。クエリによって複雑さが異なり、応答に必要なメモリとコンピューティング能力は変動するため、Amazon Kinesis Data Analytics では分析を完了するために必要な KPU が自動的かつ伸縮自在にスケールされます。Amazon Kinesis Data Analytics では、リソースのプロビジョニングをする必要がなく、初期費用や最低料金もありません。

料金

  • 米国東部 (バージニア北部)
  • 米国西部 (オレゴン)
  • 欧州 (アイルランド)
  • 欧州 (フランクフルト)
  • 米国東部 (バージニア北部)
  • KPU (Kinesis Processing Unit)、時間あたり
    0.110 USD/時

    (4 GB のメモリ、1 vCPU のコンピューティング、 対応するネットワークリソースで構成されるストリーム処理リソース)

     

  • 米国西部 (オレゴン)
  • KPU (Kinesis Processing Unit)、時間あたり
    0.110 USD/時
    (4 GB のメモリ、1 vCPU のコンピューティング、対応するネットワークリソースで構成されるストリーム処理リソース)
  • 欧州 (アイルランド)
  • KPU (Kinesis Processing Unit)、時間あたり
    0.120 USD/時
    (4 GB のメモリ、1 vCPU のコンピューティング、対応するネットワークリソースで構成されるストリーム処理リソース)
  • 欧州 (フランクフルト)
  • KPU (Kinesis Processing Unit)、時間あたり
    0.132 USD/時
    (4 GB のメモリ、1 vCPU のコンピューティング、対応するネットワークリソースで構成されるストリーム処理リソース)

     

料金の例 1

シンプルなストリーミングフィルター

Amazon Kinesis Data Analytics を使用して、Amazon Kinesis Firehose でキャプチャされたストリーミングデータを継続的にフィルタリングし、興味のあるレコードのみを保持するものとします。この場合、Amazon Kinesis Data Analytics の月額料金は以下のように計算されます。

月額料金

米国東部での料金は、ストリーム処理アプリケーションに使用された KPU 時間あたり 0.11 USD となります。1 KPU は、4 GB のメモリ、1 vCPU のコンピューティング、対応するネットワーク能力に相当するストリーム処理能力を提供します。

このシンプルなストリーミングフィルターは、Firehose のデータを処理するために 1.7 GB のメモリと 1 vCPU の 50% を消費します。

ストリーミング SQL クエリでは 4 GB 以上のメモリと 1 vCPU 以上のコンピューティングは消費されないため、アプリケーションでのワークロードの処理には 1 KPU しか必要ありません。

月額料金 = 30 日 * 24 時間 * (1 KPU * 0.11 USD/時) = 79.20 USD

料金の例 2

ワークロードのスパイクがあるスライディングウィンドウ

Amazon Kinesis Data Analytics を使用して、オンラインショッピング取引のデータを Kinesis Stream でキャプチャし、販売された商品の 1 分間のスライディングウィンドウ合計を計算するものとします。このストリーミングでは、通常 1,000 レコード/秒でデータが取得されますが、販促キャンペーン中には 1 日に 1 回 1 時間内に 6,000 レコード/秒にデータがスパイクします。この場合、Amazon Kinesis Data Analytics の月額料金は以下のように計算されます。

月額料金

米国東部での料金は、KPU 時間あたり 0.11 USD となります。1 KPU は、4 GB のメモリ、1 vCPU のコンピューティング、対応するネットワーク能力に相当するストリーム処理能力を提供します。

Kinesis データストリームでは、通常 1,000 レコード/秒でデータが取得されます。しかし、1 日に 1 回 1 時間内に 6,000 レコード/秒にデータがスパイクします。

  • 「定常状態」にあるのは、1 日 24 時間のうち 23 時間となります。

スライディングウィンドウクエリでは、データを処理するために 3.2 GB のメモリと 1 vCPU の 50% が消費されます。

ストリーミング SQL クエリでは 4 GB 以上のメモリと 1 vCPU 以上のコンピューティングは消費されないため、その時間にはアプリケーションでのワークロードの処理には 1 KPU しか必要ありません。

  • 「スパイク状態」が発生するのは、1 日 24 時間のうち 1 時間となります。

スライディングウィンドウクエリでは、ストリームでより高いデータスループットを処理するために 6.4 GB のメモリと 1 vCPU の 75% が消費されます。このストリーミング SQL クエリでは、1 KPU によるメモリ容量は超過していますが、2 KPU で提供されるメモリ容量の 8 GB は下回っています。したがって、1 日 24 時間のうちの 1 時間分のみに 2 KPU の料金が適用されます。

月額料金

定常状態 = 30 日 * 23 時間 * (1 KPU * 0.11 USD/時) = 75.90 USD

スパイク状態 = 30 日 * 1 時間 * (2 KPU * 0.11 USD/時) = 6.60 USD

合計料金 = 75.90 USD + 6.60 USD = 82.50 USD

料金に関するその他のリソース

TCO 計算ツール

総所有コスト (TCO) を計算

簡易見積りツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるための追加のリソース

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
開始方法を確認する

構築を支援する動画リソースやドキュメント

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
AWS コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで Kinesis Data Analytics の使用を開始する

サインイン