録画版オンラインセミナー

カメラ対応スマートホームデバイスを大規模に構築する

IoT アプリケーションのインテリジェント化は急速に進んでいます。特に空調制御システム、家庭用統合監視システム、乳幼児やペットのモニタリングシステムなど、家庭でのカメラ対応ソリューションでのインテリジェント化は著しいです。サーバーレスのビデオストリーミング、動画分析、画像再生を IoT と組み合わせることで、ビジネスに有意義な規模と料金で強力なソリューションが得られます。この技術講演会では、カメラ対応のインテリジェントなスマートホームアプリケーションを、Amazon Kinesis Video Streams と AWS IoT を使用して構築する方法について説明します。

セッションの録画を視聴する

Deep Dive - Amazon Kinesis Video Streams

このオンラインセミナーでは、Kinesis Video Streams とその主な特徴、さらにスマートホーム、スマートシティー、工業オートメーション、コンピュータビジョンなどの一般的なユースケースについて紹介します。また、Kinesis Video Streams パーサーライブラリで動画ストリームの出力を使用して、一般的な深層学習フレームワークを強化する方法について検討します。

セッションの録画を視聴する | プレゼンテーションをダウンロードする


Comcast でホームセキュリティソリューションを大規模に構築する (SVC206)

IoT アプリケーションのインテリジェント化は急速に進んでいます。特に人感センサー、行動検知器、ホームオートメーション、ビデオモニタリングといったホームセキュリティソリューションでのインテリジェント化は著しいです。サーバーレスのビデオストリーミング、動画分析、画像再生を IoT と組み合わせることで、ビジネスに有意義な規模と料金で強力なソリューションが得られます。このセッションでは、インテリジェントホームセキュリティアプリケーションを、Amazon Kinesis Video Streams と AWS IoT を使用して構築する方法について説明します。また、Comcast 社からゲストをお呼びしています。Comcast 社は AWS に移行することで、Xfinity ホームセキュリティカメラを強化し、世界中のお客様からの動画データをセキュアに保存することに焦点を合わせることができました。

セッションの録画を視聴する

Amazon Kinesis Video Streams で動画をサーバーレスに取り込み、分析する (ANT208)

Amazon Kinesis Video Streams を使用するとライブビデオのキャプチャ、再生、保存が簡単にできるため、バッチ指向の ML 駆動型分析をリアルタイムで行うことができます。このセッションではまず、Amazon Kinesis Video Streams の開始方法やスケーリングのためのベストプラクティスについて、上位 5 つを詳しく説明します。次に、標準の USB カメラをラップトップに接続してストリーミングビデオを再生し、標準のブラウザで数分以内にライブ再生を実行します。また、Amazon Go のメンバーにも登壇してもらいます。彼らは「Just Walk Out」の技術を活用した次世代型の実店舗体験を生み出しています。Kinesis Video Streams との統合について技術面から詳細に説明し、その過程での成功体験と苦労した点について、特に時間を割いて説明します。

セッションの録画を視聴する

Amazon Kinesis Video Streams の紹介 (ABD216)

Amazon Kinesis Video Streams を使用すると、分析、機械学習 (ML)、およびその他の処理のために、接続されたデバイスから AWS へ動画を簡単かつ安全にストリーミングできるようになります。このセッションでは、Kinesis Video Streams とその主な特徴を紹介し、スマートホーム、スマートシティー、工業オートメーション、コンピュータビジョンなどの一般的なユースケースについて紹介します。また、Kinesis Video Streams パーサーライブラリで動画ストリームの出力を使用して、一般的な深層学習フレームワークを強化する方法について検討します。最後に、日本の人工知能 (AI) ソリューションプロバイダー大手の ABEJA から、より優れたショッピング体験を提供するために、Kinesis Video Streams を使用して小売業界向けの深層学習システムを構築した方法についての説明があります。

セッションの録画を視聴する | プレゼンテーションをダウンロードする

ワークショップ: Stream Video from Edge Devices to AWS for Playback, Storage and Processing

Amazon Kinesis Video Streams は、分析、機械学習、動画処理のユースケースで利用できる、動画の取り込みおよび保存を行うサービスです。このワークショップでは、デバイスから Kinesis Video Streams に動画をストリーミングして、再生、保存、および後続の処理を行う方法を学習します。ワークショップで使用するために、カメラモジュール付きで Kinesis Video Streams のプロデューサー SDK が事前にロードされている、Raspberry Pi 3 が提供されます。まず、AWS マネジメントコンソールで、Kinesis の動画ストリームを作成および設定します。次に、Raspberry Pi から Kinesis Video Streams に動画をストリーミングし、コンソールでライブ動画のフィードを確認して、保存された動画を取得します。最後に、主な運用メトリクスを取得して、動画ストリームのパフォーマンス特性を理解します。このワークショップ用に AWS アカウントを作成する必要があります。

プレゼンテーションをダウンロードする


ハンズオンチュートリアル

Kinesis Video Streams Raspberry Pi のチュートリアル

動画の取り込みを迅速に開始できるように、このチュートリアルでは、Kinesis Video Streams を使用して、Raspberry Pi (カメラモジュール付き) から AWS に動画をストリーミングする詳しい手順を説明します。その後、Kinesis マネジメントコンソールで動画ストリームを再生したり、一般的な ML フレームワーク (Apache MXNet や TensorFlow など) の入力として動画を使用して、機械学習モデルを構築したりできます。また、Amazon Rekognition Video を使用し、動画ストリーム内の顔を認識して、それをライブストリーミング用に処理することもできます。

チュートリアルを試す


ブログ記事

現時点でブログ記事は見つかりませんでした。その他のリソースについては AWS ブログを参照してください。

Amazon Kinesis Video Streams の使用を開始する

入門ガイドを参照する
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ