AWS OpsWorks
AWS クラウド
AWS OpsWorks を今すぐ試す

AWS OpsWorks は設定管理サービスであり、Chef (サーバー設定をコードとして 処理する自動化プラットフォーム) を使用します。OpsWorks は、Chef を使用することで、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス間またはオンプレミスのコンピューティング環境でのサーバーの設定、デプロイ、および管理を自動化します。OpsWorks には、AWS OpsWorks for Chef Automate と AWS Opsworks スタックという 2 つのサービスがあります。

AWS OpsWorks for Chef Automate には、完全マネージド型の Chef サーバーと、継続的なデプロイのためのワークフロー自動化やコンプライアンスとセキュリティのテストの自動化を可能にし、ノードとそのステータスを把握するためのユーザーインターフェイスを備えた、自動化ツール一式が用意されています。Chef サーバーは、ソフトウェアやオペレーティングシステムの設定、パッケージのインストール、データベースのセットアップなどの運用タスクを処理することで、スタック全体の自動化を実現します。 Chef サーバーは設定タスクを一か所に保管して、数ノードから数千ノードに至るまでのあらゆる規模のコンピューティング環境内の各ノードに設定タスクを提供します。Chef による自動化向けの OpsWorks は、Chef コミュニティにあるツールや Cookbook と完全に互換性があり、新しいノードを Chef サーバーに自動的に登録します。

Chef による自動化向けの OpsWorks では、Chef サーバーに接続されているノードの数とそれらのノードの実行時間に基づいて課金され、Chef サーバーを実行している基盤となる Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスに対しても課金されます。

詳細 »


AWS OpsWorks スタックは、アプリケーションやサーバーを AWS 上とオンプレミスで管理できるようにします。OpsWorks スタックでは、負荷分散、データベース、アプリケーションサーバーなどのさまざまなレイヤーを含むスタックとしてアプリケーションをモデリングできます。Amazon EC2 インスタンスを各レイヤーにデプロイして設定することも、Amazon RDS データベースなどのその他のリソースに接続することもできます。OpsWorks スタックでは、事前に設定したスケジュールに基づいて、またはトラフィックレベルの変化に応じてサーバーの自動スケーリングを設定でき、ライフサイクルフックを使用することで環境の規模に合わせて変更を調整します。Chef Solo を使用して Chef レシピを実行することで、パッケージのインストールと言語やフレームワークのプログラミング、ソフトウェアの設定などのタスクを自動化できます。

Amazon EC2 向けの OpsWorks スタックの使用に追加料金はかかりません。OpsWorks スタックを使用して作成した基盤となるリソースに対してのみお支払いいただきます。

詳細 »

opsworks-video-thumbnail
3:16
AWS OpsWorks のご紹介(日本語字幕)