Amazon Pinpoint

使用を開始する

Amazon Pinpoint を使用することで、アプリケーションやバックエンドサービスからユーザーに直接メッセージを送信することや、ターゲットを絞ったキャンペーンを実施してユーザーエンゲージメントを高めることが簡単に行えるようになります。Amazon Pinpoint は、ユーザーの行動を把握し、ユーザーの参加を促すのに最適なチャネルや最も効果的なメッセージを選択し、メッセージを適切なタイミングで配信するようスケジュールし、ユーザーエンゲージメントを追跡するのに役立ちます。

Amazon Pinpoint なら、E メール、テキストメッセージ (SMS)、モバイルプッシュ通知などさまざまなチャネルを使用してメッセージを送信できるため、それぞれのキャンペーンや対話に最適なチャネルで適切なメッセージを送信できます。

Amazon Pinpoint は簡単に使用開始できます。プロジェクトを作成し、チャネルを選択し、送信メッセージを定義することで、コンソールから個別のユーザーにメッセージを送信できます。ターゲットを絞ったキャンペーンによって各セグメントのユーザーの参加を促せるよう、コンソールではターゲットセグメント、キャンペーンメッセージ、配信スケジュールを定義するプロセスが示されます。キャンペーンが開始されると、Amazon Pinpoint によってメトリクスが提供されるため、分析を実施して、キャンペーンの影響を追跡することができます。

Amazon Pinpoint の使用には、事前のセットアップコストも固定の月額料金もかかりません。ターゲットユーザー数、送信メッセージ数、収集アプリケーションイベント数に対してのみ課金されるため、初めは小規模に利用し、アプリケーションの拡大に伴ってスケールしていくことができます。


ユーザーの行動を理解する

Amazon Pinpoint なら、ユーザーがアプリケーションや業務システムをどのように利用しているかをはっきりと把握できます。Amazon Pinpoint には、ユーザーエンゲージメント、ユーザーの人口統計、カスタムイベント、キャンペーンファンネルを分析するための、ダッシュボードによるリアルタイム分析機能が含まれています。これによりユーザーがアプリケーションやキャンペーンをどのように利用しているかを把握できます。Amazon Pinpoint 分析では、プッシュ通知の配信数と開封数、E メールの開封数とクリック数、SMS 配信数、コストが示され、クロスチャネルの利用による効果を測定できます。

セグメント全体、セグメンテーション属性、または時間別にユーザーデータをフィルタリングして、Pinpoint ダッシュボードのデータの表示やドリルダウンを行えます。

Amazon Pinpoint では、未加工のアプリケーション分析とメッセージング分析データを Kinesis ストリームまたは Kinesis Firehose ストリームに公開し、さらに柔軟なデータ処理を実行することもできます。


ターゲットを絞ったキャンペーンの作成

Amazon Pinpoint なら、ターゲットを絞ったエンゲージメントキャンペーンを作成して、個人に合わせた関連性の高い E メール、SMS テキストメッセージ、モバイルプッシュ通知メッセージをターゲットにするユーザーセグメントに配信できます。キャンペーンの対象となるセグメンテーション条件を定義するには、デバイス製造元、モバイルやロケールといった標準属性や、ユーザー人口統計、アプリケーションの利用状況、アクティビティといったカスタム定義属性、または Amazon Pinpoint 分析システム内でユーザーを特定できるカスタムクエリなどを使用します。

さらに、さまざまなソースからのデータを使用して Amazon Pinpoint のターゲットセグメントを定義することもできます。Pinpoint では、アプリケーションからユーザーデータを自動収集することも、サードパーティのサービスや Amazon S3、Amazon Redshift といった AWS のサービスによって収集されたデータをインポートすることもできます。データを Amazon S3 にエクスポートし、組み込みの統合機能を利用すればデータを Pinpoint にインポートできます。ターゲットセグメントを定義したら、メッセージングベースのキャンペーンを実行できます。

Amazon Pinpoint では、アプリケーションからユーザーと直接コミュニケーションを取ることもできます。その他のチャネルサービスではなく Amazon Pinpoint を使用する利点として、ユーザーエンゲージメントデータ (キャンペーンおよびダイレクト) が単一の分析サービスにキャプチャされるため、全チャネルと全アプリケーションでユーザーエンゲージメントに関する広い視野を持てるという点があります。これにより個別のチャネルの実装すべてを統合し、メンテナンスを行うのも簡単になります。


結果の評価

Amazon Pinpoint では、ユーザーエンゲージメントアクティビティについてのレポートが提供されているため、ユーザーセグメント、アプリケーション、チャネルすべてにおけるキャンペーンとダイレクトメッセージの影響を追跡できます。あるチャネルでユーザーがメッセージを開封した数といった基本的なアクティビティから、ユーザーの利用に基づいて発生した収益といったカスタムメトリクスまでが表示されます。イベントデータの結果をエクスポートして、既存の分析ツールでカスタム分析をすることもできます。さらに、Amazon Pinpoint は、異なるメッセージの A/B テストを実施してその結果を追跡して、最も適したメッセージを対象者に送信するのに役立ちます。このような機能を使用することで、アプリケーションによって得られたビジネスの成果を把握し、さらに向上させることができます。


アプリケーションから使用状況のデータを収集する
Pinpoint-feature-Overview1_6-8-2017

クリックして画像を拡大表示する

アプリケーションから使用状況のデータを収集する

Amazon Pinpoint を使用してアプリケーションから使用状況のデータを収集することは簡単です。AWS Mobile SDK をモバイルアプリケーションに組み込むだけで、Pinpoint では、配信時間の設定ととも定義した (スポーツのアプリケーションに "favorite team"、ニュースリーダーのアプリケーションに "news preferences" など) アプリケーションの使用状況の属性、デバイス属性、カスタム属性が収集されます。その後、属性を利用してターゲットを絞ったモバイルプッシュ通知、E メール、SMS テキストメッセージを作成し、最適なタイミングでアプリケーションユーザーに配信できます。また、Pinpoint では、この属性データを使用して、各キャンペーンの開始前に対象になるエンドユーザーの規模を計算することもします。


組み込みの分析機能で使用状況を分析する

Amazon Pinpoint には、ユーザー獲得、ユーザーエンゲージメント、ユーザーの人口統計、カスタムイベント、およびキャンペーンファンネルを分析するためのダッシュボードにリアルタイム分析機能が含まれているため、ユーザーがアプリケーションにどのように利用しているかを理解できます。

組み込みの分析機能で使用状況を分析する
組み込みの分析機能で使用状況を分析する

画像を拡大


外部データとの統合が簡単

外部データとの統合が簡単

Amazon Pinpoint を使用すると、さまざまなデータソースからターゲットセグメントを定義できます。Amazon Pinpoint で収集したアプリケーションのユーザーデータからターゲットセグメントを定義できます。また、Amazon S3 や Amazon Redshift など AWS の他のサービスで収集したユーザーデータからカスタムターゲットセグメントを作成することもできます。Amazon Pinpoint は Amazon S3 と統合されているため、CRM システムといったサードパーティのソースからターゲットユーザーセグメントを JSON および CSV 形式でインポートできます。この場合は、データを CRM システムから Amazon S3 にエクスポートし、Amazon Pinpoint にインポートします。


セグメントを作成してキャンペーンのターゲットを設定する

Amazon Pinpoint を使用すると、国や OS プラットフォームなどデバイス属性、ユーザーアクティビティ、サブスクリプションのレベルなどカスタム属性に基づいて独自のユーザーセグメントを作成できます。また、ターゲットにしたいユーザーの独自のリストをインポートすることもできます。Amazon S3 と Amazon Redshift の独自のデータでカスタムセグメンテーションのクエリを実行して、それらをセグメントとして Pinpoint にインポートすることもできます。

セグメントを作成してキャンペーンのターゲットを設定する

キャンペーンメッセージを作成する

キャンペーンメッセージを作成する

Amazon Pinpoint を使用して、お気に入りのチーム、ニュースの設定、およびロケーションの詳細などカスタム属性が含まれているテンプレートからメッセージを作成できます。これにより、キャンペーンでそれぞれのユーザーにあった個別のメッセージを配信することが可能になります。また、各ユーザーの個別のメッセージがついているユーザーデバイス ID を Amazon S3 から直接インポートして、個別のメッセージを送ることもできます。


1 回限りのキャンペーンまたは定期的なキャンペーンのスケジュール設定

Amazon Pinpoint では、モバイルプッシュ通知、E メール、SMS テキストメッセージを、すぐに、指定した時間に、または繰り返されるキャンペーンとして送信できます。キャンペーンをスケジュールすることで、複数のタイムゾーンにわたって特定の時刻に配信されるプッシュ通知を最適化できます。

1 回限りのキャンペーンまたは定期的なキャンペーンのスケジュール設定

キャンペーン結果を分析する
キャンペーン結果を分析する

クリックして画像を拡大表示する

キャンペーン結果を分析する

Amazon Pinpoint では、キャンペーンの影響を追跡するために、通知の受信数、キャンペーンの結果としてアプリケーションが開かれた回数、アプリケーションが開かれた時間、プッシュ通知の登録解除の比率、クリックされ開封された E メールメッセージ、配信された SMS メッセージなどのキャンペーンメトリクスが提供されています。これらのメトリクスを使用して、Amazon Pinpoint ダッシュボードでキャンペーンの影響を評価および表示できます。イベントデータの結果をエクスポートして、既存の分析システムでカスタム分析をすることも可能です。


A/B テストを簡単に実行できる

Amazon Pinpoint には、A/B テストの機能が含まれているため、ユーザーのサブセットで最大 5 つの異なるメッセージとキャンペーンスケジュールをテストして結果を評価し、それから最適なメッセージをターゲットセグメントに送信することができます。

A/B テストを簡単に実行できる

選定ファンネルダッシュボードを追加する

選定ファンネルダッシュボードを追加する

Amazon Pinpoint では、キャンペーンのファンネルを定義して表示し、キャンペーンの成果を分析して、ユーザーがどのようにキャンペーンに参加しているかをすばやく確認できます。セッションの開始、キャンペーンの送信からユーザーの応答までの時間、およびカスタムイベントなどのイベントを含め、各ファンネルにつき最大 5 つのステップを定義できます。


Amazon Pinpoint API によるキャンペーンの自動化およびシステムの統合と拡張

Amazon Pinpoint ではサービス指向アーキテクチャが使用されており、キャンペーンの自動化や、アプリケーション、バックエンドサービス、業務システムの統合や拡張を行える API が用意されています。Pinpoint API によって、あらゆるコマンドを使ってキャンペーンをプログラムで定義して実行できます。これにより、メッセージングの認証情報の更新、デバイスのエンドポイントのインポート、セグメントの定義、キャンペーンの定義、キャンペーンとアプリケーションイベントのデータの保存やエクスポートを行えます。SOA システムによって、メッセージをアプリケーションから Amazon Pinpoint のチャネル経由で (E メール、SMS、モバイルプッシュ通知) 直接送信できます。また、セグメンテーションデータにアクセスしてユーザーセグメントのアプリケーション動作を変更し、アプリケーションから直接キャンペーンを作成し実行すること、配信性能と分析データにアクセスしてユーザーエンゲージメントを向上させることができます。

Amazon Pinpoint API によるキャンペーンの自動化

Amazon Pinpoint は簡単に使用開始できます。アプリケーションを作成するときにそのアプリケーションに Amazon Pinpoint を組み込んだり、既存のアプリケーションに Amazon Pinpoint を追加したりできます。

AWS Mobile Hub で Amazon Pinpoint プロジェクトを作成し、統合の手順に従ってアプリケーションに AWS Mobile SDK を組み込み、通知の認証情報を共有してください。

コンソールにサインインする