リファレンスデプロイ

Amazon Aurora PostgreSQL 用のモジュラーアーキテクチャ

高可用性とフェイルオーバーサポートを備えた AWS クラウドでの Amazon Aurora PostgreSQL データベース環境をデプロイします。

このクイックスタートでは、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウド上の Amazon Aurora PostgreSQL 用に、モジュラー式の高可用性環境を自動的にデプロイできます。

Aurora は、MySQL および PostgreSQL と互換性のあるフルマネージド型のリレーショナルデータベースエンジンです。Aurora では、既存の PostgreSQL データベースで現在使用中のコード、ツール、アプリケーションを使用できます。一部のワークロードでは、Aurora を使用すると既存のほとんどのアプリケーションに変更を加える必要なく、PostgreSQL の最大 3 倍のスループットを実現できます。Aurora は Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) の一部で、Amazon RDS のデータベース管理機能が使われています。 

このクイックスタートは、Aurora PostgreSQL 用の反復およびカスタマイズ可能なリファレンスデプロイを必要とするユーザーを対象としたものです。このクイックスタートを自動化された独自のデプロイをセットアップする構成要素として使用することも可能です。クイックスタートには、Aurora データベースコンポーネントのみを構築する AWS CloudFormation テンプレートが含まれています。このテンプレートは、ドロップイン PostgreSQL データベースの交換対象として既存の AWS CloudFormation テンプレートにプラグインするように設計されています。

Portworx ロゴ

このクイックスタートは、AWS ソリューションアーキテクトとデータベーススペシャリストによって開発されました。

  •  構築するもの
  •  デプロイ方法
  •  コストとライセンス
  •  構築するもの
  • このクイックスタートを使用して、AWS に以下の Aurora 環境を自動的にセットアップします。

    • 2 つのアベイラビリティーゾーンにまたがる可用性の高い Virtual Private Cloud (VPC) アーキテクチャです。VPC は、AWS ベストプラクティスに基づくパブリックサブネットとプライベートサブネットで構成されます。これにより、AWS で独自の仮想ネットワークが提供されます。*
    • パブリックサブネット内:
      • マネージド Network Address Translation (NAT) ゲートウェイ。プライベートサブネット内のリソースへのアウトバウンドのインターネットアクセスを提供します。*
      • Auto Scaling グループに含まれる Linux 踏み台ホスト。プライベートサブネット内の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスへのインバウンドの Secure Shell (SSH) アクセスを可能にします。*
    • プライベートサブネットで、2 つの DB リーダーと 1 つの DB ライターを含む Aurora DB クラスターです。
    • AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用するキーの暗号化です。クイックスタートではキーを使用して、Aurora DB クラスターでの保存時の暗号化を有効にします。
    • 踏み台ホストの CPU をモニタリングし、アラームがトリガーされたときに Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) 通知を送信する Amazon CloudWatch アラームです。

    * クイックスタートを既存の VPC にデプロイするテンプレートは、アスタリスクが付けられたタスクをスキップし、既存の VPC 設定に誘導します。

  •  デプロイ方法
  • AWS アカウントで Aurora PostgreSQL 環境をデプロイするには、デプロイガイドの指示に沿ってください。デプロイプロセスには約 25 分かかり、次のステップが含まれます。

    1. AWS アカウントをお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップし、アカウントを用意してください。PostgreSQL 互換性のある Aurora をサポートする AWS リージョンから選んで、クイックスタートをデプロイする AWS リージョンを選択します。
    2. 次のオプションから選択して、クイックスタートを起動します。
    3. デプロイをテストし、PostgreSQL データベースが接続を受け入れていることを確認します。
     
    デプロイをカスタマイズするには、VPC、踏み台ホスト、データベース設定を構成し、オプションでデータベースタグを設定します。
  •  コストとライセンス
  • このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS のサービスのコストは、お客様が負担します。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。データベースのインスタンスタイプなどの設定の一部は、デプロイにかかるコストに影響を与えます。費用の見積もりについては、使用する AWS の各サービスの料金ページをご覧ください。料金は変更する場合があります。

    ヒント     クイックスタートをデプロイした後、 AWS のコストと使用状況レポートを設定して、クイックスタートに関連するコストを追跡することをお勧めします。このレポートは、お客様のアカウントでの Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへの請求メトリクスを提供します。各月の使用状況に基づくコストの見積もりを提供し、月末にデータを確定します。レポートの詳細については、 AWS ドキュメントを参照してください。