Capital-One_Logo_@1x

AWS を使用する Capital One

Capital One は有数の情報テクノロジー企業であり、創意あふれるアイデアを取り入れて銀行業務を簡単で人間的なものにし、顧客の成功を支援するという使命を担っている企業です。

Capital One が AWS を使用してデータセンターのフットプリントを減らし、マイクロサービスの使用を拡張して、バンキングの新たな姿を創造した方法

2018 年

では、Capital One はどのようにして、2015 年、自社のすべての新規アプリケーションだけでなく、体系的に再設計するすべての既存のアプリケーションを、クラウド上で実行すると発表するに至ったのでしょうか? Capital One は金融サービスを提供するテクノロジー企業であり、同業他社とは重大な違いがあるものの、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウド導入に至った道のりおよびソフトウェア開発へのクラウドファーストなアプローチは、クラウドネイティブではなく高度な規制のある大規模な企業がクラウド導入への道すじを描くためのヒントが示されています。

続きを読む
Capital One が AWS を使用してバンキングの新たな姿を創造する

AWS のオンデマンドインフラストラクチャにより、Capital One DevOps チームがこれまでにないほどのスピードで移行を実現

2018 年

Capital One は、銀行におけるカスタマーエクスペリエンスを変革する新しいテクノロジーを早期の段階で採用してきたことで有名です。これらの新しいテクノロジーを効果的に活用するには、企業を位置付ける慣行と考え方、つまり企業が意識的にデジタルテクノロジー企業へと自ら転換していった結果生まれた慣行と考え方は、それほど重要でないかもしれませんが、外からははっきりとわかりません。同社による最近の DevOps の採用は、最新の一歩に過ぎません。

続きを読む

quote-marks

どんな要求も、銀行にシンプルさ、創意工夫、人間性をもたらすという当社の使命を果たすチャンスです。そのチャンスを掴むため、テクノロジーが戦略的に使用されています。「吐瀉は、お客様が望むような方法でサービスを提供することを心がけています」と Sondhi 氏は語っています。「常に新しいテクノロジーを調査していますが、多くのお客様や状況にとって音声チャネルが引き続き重要であることを認識しています。」

Rajiv Sondhi 氏
Capital One ソフトウェアエンジニアリング部長


Capital One のコンタクトセンターが Amazon Connect を使用して高速にイノベーションを達成

2018 年

Capital One とその長期戦略を適切に理解するには、この企業は銀行ではなく (ただし、この多角化された金融サービス企業は、資産と預金額では米国の上位 10 行の 1 つです)、バンキングサービスを提供するデジタルテクノロジー企業であると考えるとよいでしょう。Capital One の原動力となっている中心的な考えは、次世代バンキングの勝者は、テクノロジーを最も創造的かつ革新的に使用して、シームレスでインテリジェント、真に優れたカスタマーエクスペリエンスを提供する企業であるというものです。

続きを読む
Capital one approved image

AWS とその他の新しいテクノロジーの学習のサポートで、Capital One は優秀な人材を引き付ける

2018 年

Capital One がクラウドファーストポリシーの賛同を全社から獲得した (すべての新しいアプリケーションはクラウド向けに設計およびデプロイされています) 方法の 1 つは、堅牢なクラウドコンピューティングトレーニングプログラムを実装することでした。このプログラムがうまくいったのは、プログラムが広範囲に投じられ、AWS で直接作業するエンジニアだけでなく、ラウドコンピューティングの変革の可能性を理解しかつ提唱できる必要のあるビジネスエグゼクティブや他の非技術的なステークホルダーにも慎重に設計および調整されたトレーニングを提供した結果でもあります。

続きを読む

AWS のテクノロジーが Capital One の機械学習導入を実現

2018 年

Capital One は、AWS を利用し、機械学習を使用することで、データをインサイトに変え、顧客に代わって迅速なイノベーションを実現しています。Capital One は米国最大手の銀行の 1 社であり、クレジットカード、当座預金および普通預金、自動車ローン、リワード、および個人と企業向けのオンラインバンキングサービスを取り扱っています。Capital One は Amazon S3 を含む AWS のサービスを使用して機械学習によるイノベーションを推進しています。

続きを読む

Cloud Custodian による大規模な AWS ポリシーの強制

今回の This is My Architecture では、Capital One のエンジニアリングディレクター、Kapil Thangavelu 氏が Capital One のオープンソースのアカウント管理ルールエンジン Cloud Custodian について説明しています。Capital One で、このツールとシンプルな YAML ベースの DSL を使用し、数百または数千個のスクリプトやポリシーを管理する必要なしに、「リアルタイム」なコンプライアンスやコストの管理を大規模に提供している方法をご覧ください。

動画を見る 
capital-one-architecture
re:Invent 2017

2017 年
AWS re:Invent 2017: サーバーレスアプリケーションデータ層の最適化
Amazon DynamoDB は、完全マネージド型データベースサービスとしてサーバーレスアーキテクチャに無理なく適合します。このセッションでは、サーバーレスアプリケーションで DynamoDB を使用する理由と方法について詳しく説明し、続いて、メインフレームデータを活用した CapitalOne の実際の使用例を紹介します。
動画を見る 
re:Invent 2016

2016 年
AWS re:Invent 2016: エンタープライズメッセージングのクラウドへの移行
このセッションは、エンタープライズアーキテクトと開発者を対象としています。Amazon SQS を使用してオンプレミスのメッセージングミドルウェアをマネージド型のクラウドサービスに移行することにより、スケーラビリティ、可用性、運用効率を向上させる方法を説明します。Capital One において複数のコアバンキングアプリケーションをクラウドに移行する際に SQS がどのように活用され、高い可用性とコスト効率が維持されているかをお聞きください。また、より多くのワークロードでクラウドの活用を可能にする SQS のエキサイティングな新機能をいくつかご紹介します。
動画を見る 
AWS コンピューティングブログ

2016 年
Capital One では、クラウドネイティブのマイクロサービスアーキテクチャをいち早く採用し、既存のワークロードと新しいワークロードの両方に適用しています。ワークロードのコンテナ化に Docker を、それらを管理するのに Amazon Elastic Container Service を使用開始することで、マイクロサービスの採用を促進し、クラウドリソースの効率を高め、アプリケーションレイヤーを基礎となるインフラストラクチャから疎結合化しています。
続きを読む 

AWS の外部から

フォーブス

Rob Alexander 氏は、Capital One に勤めてきた 18 年間の約半分を CIO としての任務を果たしてきました。彼には、従来的ではない道を進むという役割がありました。ハーバード大学で物理学を学んだ後、空軍に行き、ハーバードビジネススクールで MBA を取得してから、Bain & Company でコンサルタントとして約 5 年半を過ごしました。1998 年に Capital One に入社し、米国の消費者クレジットカードや割賦ローン事業など Capital One の多数の融資事業の責任者になりました。
続きを読む 
CAPITAL ONE

または他の企業の多くにおいて、超音速波のスピードについて行くことは、壮大なクラウドジャーニーの中でも最も理解し難い部分である一方、最も理解が必要な部分でもあります。リーンエンタープライズである Capital One では、速さと規模の大きさが仕事をするに際してのモットーとなっています。アジャイルな考え方と DevOps カルチャーによって、急速にクラウドが採用されたことで、Capital One が本質的に大規模なフィンテックスタートアップ企業へと変化するためのクラウドジャーニーが可能になりました。
続きを読む 
ミディアム

Capital One のクラウドジャーニー採用ステップ
Capital One は、2013 年に「実験フェーズ」と呼ばれるところからパブリック向けのクラウドジャーニーを開始しました。イノベーションラボで AWS を活用して、テクノロジーと運用モデルをテストしました。その後、クラウド基盤の構築、アプリケーションの移行、データセンターの閉鎖、そして AWS のフットプリントの最適化への取り組みまで、同社はクラウド導入に至るまでのすべての段階を通過してきました。
続きを読む 
ミディアム

クラウドの移行を開始したとき、Capital One は、そのエンジニアがクラウドで作業するには新しいスキルセットが必要であることを認識しました。外部の人材を採用する代わりに、同社は既存のエンジニアに AWS 認定を得てもらうことを優先し、スキルのギャップをより迅速に克服できるようにしました。
続きを読む 

今すぐ始める

すべての業界のあらゆる規模の企業が、AWS を使用してビジネスを毎日変革しています。AWS のエキスパートにお問い合わせのうえ、今すぐ AWS クラウドジャーニーを開始しましょう。