株式会社エウレカでは、Facebook 上のソーシャルグラフを活用したオンライン・デーティング・サービス「pairs」及び、カップル専用コミュニケーションアプリ「Couples」の企画・開発・運営を行っています。

2014 年 10 月時点で、pairs は世界合計の利用者数が 150 万人を超え、Couples もリリースから半年で 100 万ダウンロードを突破し急成長しているため、常にどのようにインフラをスケールさせるか考えています。

弊社で提供するサービス「pairs」、「Couples」は、サービスの構想段階から短期間で大規模サービスになることを目指していました。そのため、スモールスタートが可能でありながら、インフラをスケールするスピード感を確保出来る環境を構築できることが最大の課題でした。この課題に対応できる現実的な解として、クラウドの導入を検討することになりました。

必要な時に必要なだけスケール可能という点をクリアしていることに加え、既に社内でも実績があり、ウェブ上での情報も豊富だったという理由から AWS を選定しました。

pairs では 3 年に渡り AWS を使用しており、当初は、Amazon EC2 と Amazon RDS、Amazon Route 53、そして Amazon S3 のみを利用していました。

その後、メッセージング周りで Amazon SES、そのバウンス処理で Amazon SQS、プッシュ配信基盤として Amazon SNS を利用し、DB サーバの負荷軽減やサービス全体の高速化を測る為にキャッシュクラスタとして Amazon ElastiCache も利用するようにになりました。さらに、数億行を超えるようなテーブルを Amazon DynamoDB に移行するなど、課題解決にあったサービス群が用意されているので、とても助かってます。

最近では、検索アルゴリズムや BI としてのデータマイニングを高速化する為に Amazon Redshift を活用するなど、サービスそのもののレベルアップにも AWS を活用しています。

jp_diagram_eureka_1024x1092_2

実際に導入し、サービスが大きくなっていく中で運用を行っている今だからこそ思う AWS のメリットとして、先に上げたスケーラビリティの確保と導入実績という点以外に、次のような点が AWS の優れている点であり、弊社におけるサービス、ビジネスモデル上メリットであると感じています。

  • サービスのスケールだけではなく、立ち上げもスピーディーに行えること。
    pairs では集客の為に、関連する新規サービスを頻繁に立ち上げるのですが、その際セキュリティを考慮し、別のネットワークを構築したりするのでそれが Amazon VPC でスピーディーに実現出来る点は AWS の大きな魅力です。
  • ネットワークレベルのセキュリティが確保出来ること。
    pairs は台湾に向けてもサービスを展開しており、今後アジア展開を加速させていきます。そのため、インフラもそれを見込んだ構成になっており、セキュリティを考えて日本版との切り離しを行う必要がありました。これに対応するため、Amazon VPC を立ち上げ Subnet/RouteTable/NetworkACL/SecurityGroup を適切に設定することで、オンプレミス環境と同等のプライベートネットワークを構築し、また AWS Identity and Access Management(IAM) の role によって、Amazon VPC に参加させることの出来ない各コンポーネントに対しても適切なアクセスコントロールができるように構築しています。AWS であれば、こうしたセキュリティ確保ができることも弊社にとって大きなメリットでした。
  • ビッグデータ解析のためのコンポーネント群が揃っていること。
    pairs はサービス上でもビジネス上でも、日々蓄積される膨大なユーザーの行動ログを素早く解析し、検索アルゴリズムに活かしたり、異常値を見つけ対策を打ったり、次の施策の決定を行っています。そうしたビッグデータ解析のためのコンポーネント群が揃っていることも AWS の大きな魅力です。

弊社では、今後もサービスのグローバル展開へ向けて、AWS をより活用していく予定です。

 

- 株式会社エウレカ 執行役員 pairs事業 技術担当 石橋 準也 様