GE_Healthcare
By running the GE Health Cloud on AWS, we are able to collect, store, process, and provide access to data from a diverse and global set of medical devices starting with imaging. Healthcare providers can use our cloud apps to share this data and collaborate more easily.
Andre Sublett Health Cloud, Learning Factory, and Core Services Engineer, Healthcare Digital at GE
  • GE Healthcare について

    イリノイ州シカゴに本社を有する GE Healthcare は、医療用画像の診断に使用される診断画像設備、および画像エージェント、医療用画像処理に必要な放射性医薬品を製造販売しています。1994 年に設立された GE Healthcare は、General Electric の子会社として運営されており、100 を超える国で事業を展開しています。

  • 利用している AWS のサービス

  • AWS の利点

    • プライマリケア、スペシャリスト、および医療環境全体で画像データのコラボレーションを可能にする
    • 画像データへのアクセスと高度な視覚化を提供する
    • イノベーションのため、そして、接続されたデバイスと専門的なアプリケーションにより高い価値を提供することに役立つエコシステムを確立する

医療用画像機器と画像診断薬で知られる GE Healthcare は、過去数年にわたってデジタルトランスフォーメーションを継続してきました。「毎日、世界中で 50 万台以上の GE Healthcare の医療用画像処理装置を含め、数百万台の医療機器上でヘルスケアデータが行き交っています。」と、GE Healthcare Digital のクラウド戦略およびテクノロジー担当バイスプレジデントである Mitch Jackson 氏は言います。「クラウドコンピューティング、ストレージ、アクセスの補足的な活用を可能にすることにより、装置の使用状況とデータを用いて顧客価値を高めたいと考えています。」

GE Health Cloud を使用すると、医師は必要なときに必要な場所で迅速に医療データにアクセスできるようになり、診断と治療の改善に役立てることができます。調査データによると、患者の症例の最大 35% で誤診があり、その一部は、画像、データ、および記録にアクセスできないことが原因となっています。さらに、GE Healthcare によると、システム間の相互運用性が向上すると、ヘルスケアエコシステムで年間 300 億 USDを節約できます。

同社は、米国で GE Health Cloud を立ち上げ、放射線科医やその他の医療専門家に、エンタープライズイメージングアプリケーション (PACS など) にアクセスして画像や患者の症例を表示、処理、簡単に共有できる単一のポータルを提供しました。さらなる GE Health Cloud 関連商品 (サービスとアプリケーションの両方) が今年リリースされる予定となっており、その内容はデバイスプロトコル管理からケアパスウェイ解析まで幅広いものとなっています。

Jackson 氏は、次のように述べています。「接続性は私たちのデジタル戦略の土台となっています。データを解放し、機械学習を適用して、よりスマートなデバイス、新製品、および新しい市場への参入機会を生み出すことにより、お客様のためにより多くの価値を創出できます。クラウドプロバイダーとしての AWS の認知度がこの業界で高まるにつれて、AWS と協力して共通顧客を GE Health Cloud に呼び込むことができます。ヘルスケアは、デバイス、エンタープライズ、およびクラウドにまたがるハイブリッドコンピューティングを必要としています。ヘルスケアにおけるクラウドの役割は、さまざまな市場セグメントで着実に増加し、多くのお客様はすでにこの移行を開始しています。」 これらの顧客には、大小の病院、他の医療機関、そして増加し続けている患者が含まれており、そのすべてが GE Health Cloud によって実現される潜在的なコスト削減と運用の改善から恩恵を受けることができます。

GE Healthcare は、GE Health Cloud の拡大に伴い、AWS サービスの使用を拡大する予定です。たとえば、同社は、機械学習モデルの構築、トレーニング、デプロイのためのマネージド型サービスである Amazon SageMaker を活用しています。「今後の深層学習機能は、すべて Amazon SageMaker に移行しています」と、GE Healthcare Digital の Health Cloud、Learning Factory、および Core Services のエンジニアである Andre Sublett 氏は言います。

GE Healthcare は、組織のデジタルトランスフォーメーションをサポートするために、AWS の利用も継続していきます。「当社のデジタル戦略は、接続性、弾力性、応用分析の使用を改善することです」と Jackson 氏は述べます。「これらの目標を達成するためにグローバルな規模でフレームワークを確立したいと考えており、これは、GE Health Cloud を AWS で実行することで実現できます」

顧客がデバイスを接続できるようにすることで、GE Healthcare は、医療機関が業務の生産性と患者の転帰を改善するのを支援するというミッションをよりよく実現することもできます。Sublett 氏は次のように述べています。「組織内で、および利害関係者との間で行う医療画像データの共有のオーケストレーションを行うことにより、医療従事者が意思決定のコラボレーションを容易に行えるようにすることから始めたいと考えました」

さらに Jackson 氏は次のように付け加えます。「クラウドにシステムとデバイスを安全に接続することが、アウトリーチを可能にし、最終的にはスケーラビリティ、柔軟性、所有コストの削減のデータについての新しい洞察を得るための最良の方法でした。医学的成果に進歩をもたらすには、研究および臨床応用のために大量の医療データを処理しつつ、そのデータへのアクセスを管理する必要があります。このビジョンを実現するには、クラウドの役割が極めて重要だと考えています」

顧客がデータから価値を引き出せるようにするという目標を達成するため、GE Healthcare は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドに基づく新しいソリューションである GE Health Cloud を生み出しました。「私たちが AWS を選択したのは、サービスの幅広さと、それらのサービスをグローバルな健康データ規制に準拠させるというコミットメントによります。このことは、私たちにとって非常に重要なことです」と Sublett 氏は言います。

GE Health Cloud は Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスで実行されています。1 ペタバイト近くの医療画像データが Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に保存されます。「Amazon S3 は当社のソリューションの基盤であり、重要なデータを保存するために必要な耐久性と信頼性を提供してくれます」と Sublett 氏は言います。同社は、データベースサービスとして Amazon Aurora に依拠しており、AWS Service Catalog を使用して IT サービスを創出および管理しています。「クラウドにデプロイするものはすべて、AWS Service Catalog によって自動化されます」と Sublett 氏は述べています。GE Healthcare は、顧客向けの Health Cloud へのフェデレーティッドシングルサインオンのために、Amazon Cognito を利用します。「Amazon Cognito を使用すると、お客様は引き続き既存の認証情報を使用でき、当社のヘルスクラウドアプリにアクセスできます。」

Jackson 氏は次のように結論付けます。「ヘルスケアは動的な分野であり、当社は、大きな規模で可能な限り迅速にソリューションを生み出し、実行する必要がありました。AWS を使用することで、将来的に、とても迅速に複数の国で数百のアプリをデプロイする俊敏性と柔軟性を獲得できました。」