この AWS ソリューションの内容

AWS での Instance Scheduler ソリューションで、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) および Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスの開始スケジュールと停止スケジュールを設定して、AWS リソースコストを管理することができます。

また、使用されていないリソースを停止し、キャパシティーが必要なときにリソースを開始することで、運用コストを削減するのに役立ちます。例えば、企業は本稼働環境で AWS での Instance Scheduler を使用して、毎日営業時間外にインスタンスを自動的に停止できます。現在すべてのインスタンスを完全に使用したままにしている場合、このソリューションによってインスタンスの使用率が低下し、設定されたスケジュールに基づいて全体的なコストが削減される可能性があります。

利点

クロスアカウントインスタンスのスケジューリング

このソリューションには、セカンダリアカウントでインスタンスを開始および停止するために必要な AWS Identity and Access Management (IAM) ロールを作成するテンプレートが含まれています。

自動タグ付け

空欄
AWS での Instance Scheduler は、開始または停止するすべてのインスタンスにタグを自動的に追加できます。このソリューションには、タグに変数情報を追加できるマクロも含まれています。

Scheduler CLI を使用してスケジュールまたは期間を設定する

このソリューションには、スケジュールと期間を設定するためのコマンドを提供するコマンドラインインターフェイス (CLI) が含まれています。CLI を使用すると、特定のスケジュールで削減できるコストを見積もることができます。

SSM メンテナンスウィンドウを使用してスケジュールまたは期間を設定する

EC2 インスタンスの場合、AWS での Instance Scheduler は、インスタンスと同じリージョンで定義された SSM メンテナンスウィンドウを使用し、メンテナンスウィンドウのためにインスタンスを開始および停止できます。

AWS ソリューションの概要

以下の図は、実装ガイドとそれに付属する AWS CloudFormation テンプレートを使って自動的にデプロイできるアーキテクチャを表しています。

AWS アーキテクチャ上の Instance Scheduler

1.AWS CloudFormation テンプレートは、お客様が定義した間隔で Amazon CloudWatch イベントを設定します。このイベントは、Instance Scheduler の AWS Lambda 関数を呼び出します。設定中に、ユーザーは、AWS リージョンとアカウント、および AWS での Instance Scheduler が該当の Amazon EC2 および Amazon RDS インスタンスにスケジュールを関連付けるために使用するカスタムタグを定義します。

2.これらの値は Amazon DynamoDB に保存され、Lambda 関数は実行のたびにそれらを取得します。その後、カスタムタグを該当するインスタンスに適用できます。

3.Instance Scheduler の初期設定時に、該当する Amazon EC2 および Amazon RDS インスタンスを識別するために使用するタグキーを定義します。スケジュールを作成する際、指定する名前は、タグ付けされたリソースに適用するスケジュールを識別するタグ値として使用されます。例えば、ユーザーがソリューションのデフォルトのタグ名 (tag key) Schedule を使用して、uk-office-hours というスケジュールを作成する場合があります。uk-office-hours スケジュールを使用するインスタンスを識別するために、ユーザーは uk-office-hours の値を持つ Schedule タグキーを追加します。

AWS System Manager 高速セットアップ

AWS System Manager 高速セットアップを使用して、数クリックでアカウントとリージョンにまたがる Amazon EC2 インスタンスを開始および停止するスケジュールを作成および管理します。

実装ガイドをダウンロード  
下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

注意: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。 

このソリューション実装は役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
「APN パートナーを見つける」のアイコン
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら