Amazon WorkSpaces はクラウドで動作する、マネージド型仮想デスクトップコンピューティングサービスです。Amazon WorkSpaces を使用することで、クラウドベースのデスクトップを簡単にプロビジョニングでき、ユーザーは Windows や Mac のコンピュータ、Chromebook、iPad、Kindle Fire タブレット、および Android タブレットといったサポート対象デバイスから、必要なドキュメント、アプリケーション、およびリソースにアクセスできるようになります。AWS マネジメントコンソールを数回クリックするだけで、高品質なクラウドデスクトップエクスペリエンスを、ユーザー数を問わず、従来のデスクトップにも劣らないコスト効率と、一般的な仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) ソリューションの半分の費用でデプロイできます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

Amazon WorkSpaces は現在 AWS 無料利用枠でご利用できないことにご注意ください。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »

Amazon WorkSpaces のご紹介(日本語字幕) (3:22)

workspaces-thumb


Amazon WorkSpaces を導入すると、デスクトップコンピューティングインフラストラクチャの管理を省力化できます。先行投資が不要になり、大きくかさばる物理デスクトップ環境や複雑な仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) ソリューションの保守、更新、管理といった煩わしい作業から解放されるからです。

詳細情報を見る »

Amazon WorkSpaces では、各ユーザーが AWS クラウドの永続的ストレージを利用できます。ユーザーが Amazon WorkSpaces を使用してデスクトップにアクセスすると、リモードディスプレイプロトコルによってデータの圧縮、暗号化、およびエンコードが行われ、画像のみが伝送されます。また、Amazon WorkSpaces では、AWS Key Management Service (KMS) との統合によって WorkSpaces ストレージボリュームの暗号化機能が実現しています。

詳細 »

 

Amazon WorkSpaces Application Manager (Amazon WAM) を使うと、組織で使用する Amazon WorkSpaces 向けデスクトップアプリケーションを迅速、柔軟、かつ安全にパッケージ化、デプロイ、アップデートできます。

詳細 »

Amazon WorkSpaces では、CPU 性能、メモリ容量、ストレージ容量のさまざまな組み合わせをご用意しており、お客様のご要望に合わせてお選びいただけます。Amazon WorkSpaces は Windows 7 にすでにインストールされているか、あるいは Windows 7 か Windows 10 のデスクトップオペレーティングシステムで起動できます (要件を参照)。加えて Amazon WorkSpaces では、一連の基本的なアプリケーションが無料で提供され、Microsoft Office を月額で追加することも選択できます。

詳細 »

Amazon WorkSpaces はクラウドに存在するため、ユーザーは Windows や Mac のコンピュータ、Chromebook、iPad、Fire タブレット、および Android タブレットなど、どのサポート対象デバイスからでもデスクトップにアクセスできます。

詳細情報を見る »

Amazon WorkSpaces は、お客様企業の Active Directory とセキュアに統合し、ユーザーが既存の認証情報を使って社内リソースへシームレスにアクセスできるようにします。これにより、お客様が WorkSpaces を現在お使いのシステム管理ツールで管理することも可能になります。

詳細 »



iPad、Kindle Fire、Android タブレットなどのモバイル端末からデスクトップにアクセスしたいというユーザーの要望を、Amazon WorkSpaces が実現します。ユーザーは任意の端末でいつでも必要な時にデスクトップにアクセスできます。

Amazon WorkSpaces は、厳格なコンプライアンス要件を満たす必要があるお客様にも役立ちます。デスクトップへの物理的アクセスを制御できない環境でも、管理されたデスクトップをユーザーに提供することができます。

在宅勤務などオフサイトで働く従業員がいる場合、Amazon WorkSpaces を使えば、クラウドデスクトップを実現することで従業員に必要なアプリケーションへのアクセスを提供できます。データをローカルに保存しないため、企業データのセキュリティの向上につながります。

期間限定で雇用する従業員がいる場合、WorkSpaces なら必要なアプリケーションがそろった作業環境を提供できます。雇用期間が終われば WorkSpaces を終了させるだけです。

訓練施設や教育機関では、WorkSpaces を使えば必要なリソースへのアクセスを生徒に提供したり、コースや学期の終わりに回収したりするのも容易です。

お客様のアプリケーションの構築にあたる開発者に、必要なツールをインストールした WorkSpaces をプロビジョニングする利用方法も考えられます。コードを開発者のデバイスに保存しないようにできるので、知的財産の保護に役立ちます。