テレワーク向けオファー

2021 年 2 月 1 日より、新たに Amazon WorkSpaces をご契約いただくお客様に 54 ユーザーまで無料でご利用いただけます。本オファーは 2021 年 7 月 31 日までです。このオファーには、50 の Windows 標準バンドル WorkSpaces に加えて、1 つの Windows パフォーマンスバンドル、2 つの Linux 標準バンドルおよび 1 つの WorkSpaces Windows バリューバンドルが含まれています。

月額料金または時間料金の課金オプション

Amazon WorkSpaces では、月額料金と時間料金のいずれかを柔軟に選択できます。サービスの料金は月単位で請求されます。月額料金を選択した場合、月々決まった金額をお支払いいただくことで、その月はサービスを無制限に使用できます。Amazon WorkSpaces を常時利用する方や主に使うデスクトップとする方に最適です。WorkSpace の使用を開始した最初の月は、有効にした初日から月末までの日割り計算で WorkSpace の月額料金が調整されます。WorkSpace を月末になる前に終了する場合、月額料金はそのまま適用されます。

時間料金を選択した場合、WorkSpaces のインフラストラクチャコストやストレージコストをカバーするために毎月発生する少額の固定料金に加え、その月に WorkSpaces を使った時間に応じて時間単価で課金されます。一般的に時間料金は、Amazon WorkSpaces を勤務時間の一部でのみ使う場合や、月に数日使う場合に適しており、パートタイムの作業者やジョブシェアリング、移動の多い方、短期間のプロジェクト、企業トレーニング、教育などに理想的です。

1 つの AWS アカウントで月額料金と時間料金の両方を選ぶことができます。また、課金期間中の任意の時点で課金オプションを切り替えることができます。詳細については、Amazon WorkSpaces に関するよくある質問をご覧ください

WorkSpaces コストオプティマイザー

WorkSpace の利用状況パターンを予測できないお客様が Amazon WorkSpaces の利用状況のモニタリングとコストの最適化を行うのをサポートするため、AWS では、Amazon WorkSpaces コストオプティマイザーを提供しています。コストオプティマイザーは、ユーザーの個別の利用状況に応じてすべての WorkSpace 利用状況データを分析し、WorkSpace を最もコスト効率のよい支払いオプション (月額料金または時間料金) に自動で変換するソリューションです。このソリューションは簡単にデプロイでき、AWS CloudFormation を使用して必要な AWS サービスを自動でプロビジョニングしたり設定したりします。

アプリケーションオプション

Amazon WorkSpaces には、追加料金のかからない、デフォルトのアプリケーションセットが付属しています。また、Amazon WorkSpaces では、追加の月額料金をお支払いいただくことで、Microsoft Office Professional Plus と Trend Micro Worry-Free Business Security を含むプリケーションバンドルが追加可能です。

Amazon WorkDocs

また、Amazon WorkSpaces ユーザーには、追加料金なしで、50 GB のストレージが用意された Amazon WorkDocs へのアクセス権限が付与されます。WorkSpaces ユーザー 1 人につき 1 TB のストレージにアップグレードする際は割引が適用されます。詳細については、Amazon WorkDocs の料金を参照してください。

Amazon WorkSpaces Application Manager (WAM)

Amazon WAM を使用して、Amazon WorkSpaces のアプリケーションをデプロイおよび管理できます。Amazon WAM はユーザー単位の月額料金となっており、無料および有料の利用枠が含まれています。詳細については、Amazon WAM の料金をご参照ください。

無料利用枠

Amazon WorkSpaces の無料利用枠では、80 GB のルートボリュームおよび 50 GB のユーザーボリュームを備えた 2 つのスタンダードバンドルの WorkSpaces を、AutoStop モードで 1 か月あたり合計で最長 40 時間お使いいただけます。これは、最初の Amazon WorkSpaces を作成してから 2 歴月間有効です。使用時間には、WorkSpaces をアクティブに使用している時間と、アクティビティがない状態が指定期間続いて停止するまでにかかった時間 (デフォルト設定で 1 時間) が算入されます。無料利用枠の制限を超過した場合、使用した追加のリソースに対してスタンダード Amazon WorkSpaces の 1 時間あたりの料金が発生します。2 歴月間が経過すると、WorkSpaces を無料利用枠で起動した場合でも、適用される 1 時間あたりの料金が自動的に請求されます。

2021 年 2 月 1 日から 2021 年 7 月 31 日までの期間、テレワークの需要の高まりを受けて、Amazon WorkSpaces で提供される無料利用枠では、80 GB のルートボリュームおよび 50 GB のユーザーボリュームを備えた Windows スタンダードバンドルで最大 50 の WorkSpaces を提供します。また、現在、WorkSpaces 無料利用枠が利用可能なすべての AWS リージョン全体で、AutoStop モードで 1 か月あたり合計で最長 10,000 時間お使いいただけます。さらに、Amazon WorkSpaces の無料利用枠では、80 GB のルートボリュームおよび 100 GB のユーザーボリュームを備えた Windows パフォーマンスバンドル付属の 1 つの WorkSpace を AutoStop モードで最大 200 時間、80 GB のルートボリュームおよび 50 GB のユーザーボリュームを備えた Linux スタンダードバンドル付属の 2 つの WorkSpaces を AutoStop モードで最大 400 時間、80 GB のルートボリュームおよび 10 GB のユーザーボリュームを備えた Windows バリューバンドル付属の 1 つの WorkSpace を AutoStop モードで最大 200 時間、お使いいただけます。この期間中に初めて WorkSpaces を開始する AWS アカウントのすべての新規のお客様は、無料利用枠の対象になります。

このオファーの有効期限は、2021 年 7 月 31 日までです。オファーにサインアップした時点、またはこのオファーに基づいてオファーを利用し始めた時点は関係ありません。2021 年 7 月 31 日以降、WorkSpaces を無料利用枠で使用した場合でも 1 時間あたりの料金が自動的に請求されます。 

使用時間には、WorkSpaces をアクティブに使用している時間と、アクティビティがない状態が指定期間続いて停止するまでにかかった時間 (デフォルト設定で 1 時間) が算入されます。無料利用枠の制限を超過した場合、使用した追加のリソースに対してスタンダード Amazon WorkSpaces の 1 時間あたりの料金が発生します。

  • このオファーは、新規の Amazon WorkSpaces お客様を対象としており、すべての AWS リージョンで合計最大 54 の WorkSpace で有効となっています。 このオファーを利用するお客様について Amazon WorkSpaces の使用量が計算される際は、すべての AWS リージョンにおける使用量が集計されます。 54 個を超える WorkSpaces で Amazon WorkSpaces を使用すると、標準料金が請求されます。
  • このオファーは、他の AWS 割引プログラムやライセンスモビリティの特典と組み合わせて使用することはできません。
  • このオファーは、AutoStop モードで実行されている WorkSpaces に対してのみ有効です。 AlwaysOn モードで実行されている Amazon WorkSpaces の使用に対しては、標準料金が請求されます。
  • このオファーは基本バンドルに対してのみ有効です。 Application Plus Bundle で起動した Amazon WorkSpaces の使用に対しては、標準料金が請求されます。
  • このオファーは、現在、Amazon WorkSpaces 無料利用枠が利用可能な AWS リージョンでの使用に対してのみ有効です。
  • このオファーは、以前に行われたAmazon WorkSpaces の請求に関し、マスター支払いアカウントが管理していた AWS アカウントには適用されません。
  • このオファーは事前の通知なく終了されることがあります。

Amazon WorkSpaces の開始方法

教育機関向け料金

Amazon WorkSpaces の教育機関向け料金は、Microsoft Windows をお使いの、対象となる教育機関ユーザーに適用されます。教育機関の皆様はこの料金プランで Microsoft の割引が適用され、ユーザーごとに毎月 3.52 USD、またはユーザーごとに毎時 0.03 USD 割り引かれた料金でご利用いただけます。この割引は、Microsoft のライセンス条件およびドキュメントに基づいて対象ユーザーがご利用いただけます。利用対象と思われる方は、まずここでケースを記入してください。[Account and Billing Support]、[請求に関して]、[教育機関としての資格を得る] を順に選択し、必要項目を記入してください。お客様の情報を拝見した上で、料金割引についてサポートいたします。

Amazon WorkSpaces の料金

  • Linux バンドルオプション
  • Windows バンドルオプション
  • Windows バンドルオプション – 自分のライセンス使用 (BYOL) *
  • Linux バンドルオプション
  • Windows バンドルオプション
  • 各 Windows Bundle Option には、WorkSpace ごとに Microsoft Remote Desktop Services (RDS) Subscriber Access License (SAL) が含まれています

  • Windows バンドルオプション – 自分のライセンス使用 (BYOL) *

* ライセンスポータビリティの対象である必要があります。BYOL の詳細については、こちらのページを参照してください。

注意:

  • 月額料金は初回月のみ日割り計算されます。翌月から月額料金は全額発生します。
  • 時間料金は、Amazon WorkSpaces の実行中に課金される時間単価と月額固定のインフラストラクチャ費用の合計になります。時間料金の場合、使用されていない Amazon WorkSpaces はアクティブではなくなってから指定された期間が経過した後に自動的に停止し、時間単位の課金は一時停止されます。
  • Amazon WorkSpaces の料金には、AWS Directory Services for Simple AD および AWS Directory Services for AD Connector (利用できる場合) の使用料が含まれています。AWS Directory Services for Microsoft AD の使用料は含まれていません。AWS Directory Services の料金の詳細については、こちらを参照してください。

詳細については、Amazon WorkSpaces のよくある質問を参照してください。

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるためのその他のリソース

Amazon WorkSpaces のリソースに関する詳細

リソースのページにアクセスする
構築の準備はできましたか?
Amazon WorkSpaces の開始方法
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ