無料トライアル

オファーの詳細

Amazon WorkSpaces Web は、優れた柔軟性、セキュリティ、およびコスト効率性を備えたクラウドベースのセキュアブラウジングソリューションで、チームが企業ウェブサイトや SaaS ウェブアプリケーションへのアクセスをセキュア化する方法を大きく変革するために設計されています。対象アカウントでは、AWS アカウントごとに最大 30 人の Amazon WorkSpaces Web ユーザーの月間アクティブユーザー料金が 3 か月間無料になります。

このオファーは、最初の月間アクティブユーザーが WorkSpaces Web ポータルにサインインした時点で有効になります。月間アクティブユーザーの総数はアカウントレベルで計算されるため、無料トライアル中は、異なるリージョンで複数のウェブポータルを作成して使用する柔軟性が得られます。

試す前に、WorkSpaces Web がお客様をどのように支援しているかを確認したいとお考えですか? お客様が BYOD でセキュアなアクセスを実現するための支援を WorkSpaces Web が提供する方法の詳細については、こちらをお読みください。

対象資格

このオファーは、すべての AWS アカウントを対象としていますが、これまでに同じアカウント内、またはその AWS Organization の別のメンバーアカウント内に存在する 1 人、またはそれ以上の WorkSpaces Web 月間アクティブユーザーに対する料金を請求されたことがある場合を除きます。

AWS アカウントに無料トライアルオファーを追加する方法

  1. こちらをクリックして、AWS アカウントにサインインします。
  2. [アカウントのためにアクティブ化] を選択して、AWS アカウントにオファーを適用します。

所定の月にオファーをアカウントに追加したが、翌月までアクティブユーザーがいなかったという場合、3 か月間のトライアルは翌月に開始されます (例えば、3 か月間の無料トライアルを 4 月に追加して、5 月に使用を開始すると、無料トライアルは 7 月末日まで利用できます)。トライアル中の所定の月に 31 人のユーザーがいた場合、アカウントには月間アクティブユーザー 1 人分の料金が請求されます (各 AWS リージョンの料金については、以下を参照してください)。無料トライアル中であっても、Amazon WorkSpaces Web を他の AWS サービス (EC2、S3、Kinesis Data Streams など) と併用すると、それらのサービスからの料金がお客様に請求される場合があります。

アカウントが AWS Organization のメンバーである場合、無料トライアルはすべてのメンバーアカウントに適用されます。例えば、ポータルを作成し、17 人のユーザーがいるときに、別のメンバーアカウントがユーザー 14 人のポータルを作成した場合は、月間アクティブユーザー 1 人分の料金が請求されます。無料トライアル中であっても、Amazon WorkSpaces Web を他の AWS サービス (EC2 や S3 など) と併用すると、それらのサービスからの料金が請求されます。

 

 

WorkSpaces Web の料金

WorkSpaces Web では、その月に固有のポータルにアクセスする個々の月間アクティブユーザー (MAU) ごとに定額料金を支払います。暦月内にユーザーが WorkSpaces Web ポータルにサインインした場合、そのユーザーは MAU としてカウントされます。各ユーザーには最大 200 時間のストリーミング時間が提供され、これは月間アクティブユーザー料金に含まれています。所定の月における固有ユーザーのストリーミング時間が 200 時間を超えた場合、追加のストリーミング 1 時間ごとに料金が請求されます。暦月内の非アクティブユーザーの料金は請求されません。

月間アクティブユーザーごとのコストは、選択するインスタンスタイプに基づいて決定されます。インスタンスタイプはいつでも変更可能です。料金は、暦月中に使用された最も大きいインスタンスタイプに基づいて、その月の末日に請求されます (詳細については、以下の料金例を参照してください)。

インスタンスタイプの選択

WorkSpaces Web は、standard.regular、standard.large、および standard.xlarge の 3 つのインスタンスタイプを提供しています。すべてのポータルは standard.regular インスタンスを使用して作成されています。このインスタンスは、主に静的なテキストと画像で構成されるウェブサイト (Wiki、ディレクトリ、ウェブベースの E メールなど) 向けに最適化されており、提供されているインスタンスの中で最も低コストのインスタンスです。

Standard.large インスタンスを選択して、ポータルのメモリ量を 2 倍にすることができます。メモリが増えると、リモートデータセットからのクエリを処理するサイトのパフォーマンスが向上し、複数のタブまたはウィンドウを切り替える必要があるユースケースでのユーザーエクスペリエンスも向上します。

Standard.xlarge インスタンスは、standard.regular インスタンスと比較して 2 倍の CPU と 4 倍 のメモリ量を備えています。リアルタイムの動画または音声ストリーミングを必要とするユースケースでは、CPU がきわめて重要になります。ユースケースが、音声や動画のストリーミング、リアルタイムコラボレーションのサポート、画面共有、ビデオ会議、または大規模なファイルの処理が伴うものである場合、管理者はこのインスタンスタイプを検討する必要があります。

インスタンスタイプ ユースケース例
Standard.regular 主にテキストと静止画像で構成されるウェブページ (例: Wiki、会社のディレクトリ、ウェブベースのカレンダーと E メール)
Standard.large ウェブベースのデータサイエンスノートブックやドキュメント編集ツール、開いているタブまたはウィンドウをユーザーが切り替える必要があるユースケース
Standard.xlarge 音声や動画のストリーミング、リアルタイムコラボレーションのサポート、画面共有、ビデオ会議、または大規模なファイルの処理を行うウェブサイト

WorkSpaces Web のリージョン別料金表 (standard.regular)

リージョン 月間アクティブユーザー 1 人あたりの料金 200 時間を超えたときの追加のストリーミング 1 時間あたりの料金
米国東部 (バージニア北部) 7 USD 0.035 USD
米国西部 (オレゴン) 7 USD 0.035 USD
カナダ (中部) 7 USD 0.035 USD
欧州 (アイルランド) 7 USD 0.035 USD
欧州 (ロンドン) 8 USD 0.04 USD
欧州 (フランクフルト) 8 USD 0.04 USD
アジアパシフィック (シンガポール) 8 USD 0.04 USD
アジアパシフィック (シドニー) 7.50 USD 0.038 USD
アジアパシフィック (ムンバイ) 8 USD 0.04 USD
アジアパシフィック (東京) 8.50 USD 0.043 USD

WorkSpaces Web のリージョン別料金表 (standard.large)

リージョン 月間アクティブユーザー 1 人あたりの料金 200 時間を超えたときの追加のストリーミング 1 時間あたりの料金
米国東部 (バージニア北部) 20 USD 0.10 USD
米国西部 (オレゴン) 20 USD 0.10 USD
カナダ (中部) 20 USD 0.10 USD
欧州 (アイルランド) 20 USD 0.10 USD
欧州 (ロンドン) 23 USD 0.12 USD
欧州 (フランクフルト) 23 USD 0.12 USD
アジアパシフィック (シンガポール) 23 USD 0.12 USD
アジアパシフィック (シドニー) 21.50 USD 0.11 USD
アジアパシフィック (ムンバイ) 23 USD 0.12 USD
アジアパシフィック (東京) 24.50 USD 0.13 USD

WorkSpaces Web のリージョン別料金表 (standard.xlarge)

リージョン 月間アクティブユーザー 1 人あたりの料金 200 時間を超えたときの追加のストリーミング 1 時間あたりの料金
米国東部 (バージニア北部) 35 USD 0.18 USD
米国西部 (オレゴン) 35 USD 0.18 USD
カナダ (中部) 35 USD 0.18 USD
欧州 (アイルランド) 35 USD 0.18 USD
欧州 (ロンドン) 40 USD 0.20 USD
欧州 (フランクフルト) 40 USD 0.20 USD
アジアパシフィック (シンガポール) 40 USD 0.20 USD
アジアパシフィック (シドニー) 37.50 USD 0.19 USD
アジアパシフィック (ムンバイ) 40 USD 0.20 USD
アジアパシフィック (東京) 42.50 USD 0.22 USD

WorkSpaces Web の料金例

ユーザー 100 人のグループのために米国東部 (バージニア北部) リージョンで standard.regular インスタンスを使用する ポータルを作成したが、最初の暦月中にサインインしたのは 10 人のユーザーのみであったという場合は、ユーザー 10 人分の料金のみが請求されます。請求額は、1 ユーザーあたり最大 200 時間のストリーミング料金 70 USD (10 × 7 USD/MAU) に適用税額を追加した金額になります。ユーザーの 1 人が 300 時間ストリーミングした場合、そのユーザーに対して 3.50 USD (100 × 0.035 USD/追加のストリーミング 1 時間) の料金が請求され、合計請求額は 73.50 USD に適用税額を追加した金額になります。暦月内にどのユーザーもコンテンツにアクセスしなかった場合、その暦月中に料金は発生しません。

請求額には、所定の月に各ユーザーがポータルで使用する最も大きなインスタンスタイプが反映されます。例えば、standard.regular インスタンスタイプを使用するユーザーがポータルに 3 人おり、インスタンスを standard.large に切り替えた場合は、60 USD (3 × 20 USD/ユーザー) が請求されます。その月の末日までにポータルを standard.regular タイプに戻した場合でも、請求される料金は 60 USD のままです。standard.large インスタンスに切り替えられていたときにポータルを使用したユーザーが 2 人だけであった場合は、47 USD が請求されます (standard.large を使用したユーザーごとに 20 USD、standard.regular を使用したユーザーごとに 7 USD)。ポータルがそのまま standard.regular インスタンスを使用し続け、ユーザーも 3 人のままであったとすると、翌月は 21 USD (3 × 7 USD/ユーザー) が請求されます。

Amazon WorkSpaces の詳細

よくある質問を読む
構築の準備はできましたか?
Amazon WorkSpaces の開始方法
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ