投稿日: Nov 18, 2020

Amazon S3 Storage Lens は、オブジェクトストレージの使用状況とアクティビティの傾向を組織全体で可視化し、費用対効果を向上させ、データ保護のベストプラクティスを適用するための実用的なレコメンデーションを作成します。S3 Storage Lens は、AWS 組織内の数十から数百のアカウントにわたるオブジェクトストレージの使用状況とアクティビティを 1 つのビューにまとめた最初のクラウドストレージ分析ソリューションで、アカウント、バケット、さらにはプレフィックスレベルで詳細な洞察を生成します。S3 Storage Lens は、お客様がストレージを最適化するのを支援してきた 14 年以上の経験から、コンテキストレコメンデーションを提供して、組織全体の指標を分析して、ストレージコストを削減し、データ保護にベストプラクティスを適用する方法を見つけられるようにします。 

お客様は Amazon S3 を使用して、数十から数百のアカウントとバケット、複数のリージョン、および数千のプレフィックスにわたる大規模な共有データセットを保存しています。S3 マネジメントコンソールを数回クリックするだけで、S3 Storage Lens はすべてのアカウント、リージョン、バケットをまたいでストレージメトリクスを提供するようになりました。これは、ストレージの理解、分析、最適化に役立ちます。S3 Storage Lens は、追加費用なしで、S3 をご利用のすべてのお客様に 15 の使用状況メトリクスを備えたダッシュボードを提供しています。30 を超える使用状況とアクティビティの指標、プレフィックスの集計、コンテキストレコメンデーションなど、高度な指標とレコメンデーションを受け取るには、有料で S3 Storage Lens のアドバンストティアにアップグレードできます。AWS Organizations を利用すると、S3 Storage Lens を使って、すべてのアカウントのストレージ使用状況とアクティビティの指標を表示できます。

What's New with AWS: S3 Storage Lens

S3_Storage_Lens_Thumbnail v1

S3 コンソールの S3 Storage Lens ダッシュボードに加えて、CSV または Parquet 形式のメトリクスを任意の S3 バケットにエクスポートして、Amazon Athena、Amazon QuickSight、Amazon Redshift などのツールを使ってさらに分析することができます。S3 Storage Lens は、S3 ストレージの管理と分析に役立つ S3 機能として、S3 ストレージクラス分析とインベントリレポートに加わります。S3 ストレージ分析機能の詳細をご覧ください。

Amazon S3 Storage Lens は、AWS GovCloud (米国) リージョン、Sinnet が運営する AWS 中国 (北京) リージョン、NWCD が運営する AWS 中国 (寧夏) リージョンを除く、すべての商用 AWS リージョンで追加費用なしでご利用いただけます。S3 Storage Lens は、Amazon S3 API、CLI、または S3 マネジメントコンソールで数回クリックするだけでご利用いただけます。S3 Storage Lens の高度な指標と通知の料金については、Amazon S3 の料金ページをご覧ください。