無料で AWS Artifact の使用を開始する »

AWS コンプライアンスレポートへのアクセスをご希望ですか?

AWS Artifact では、さまざまなドキュメントをダウンロードできます。開始方法は、既存の AWS アカウントでも新規の AWS アカウントでも簡単です。この開始方法のチュートリアルを使用して、ドキュメントのダウンロードを開始します。詳細なガイドについては、AWS Artifact のドキュメントを参照してください。


ステップ 1

まだ AWS アカウントを持っていない場合は、サインアップします。サインアップのプロセスの一部として、請求連絡先とクレジットカード情報を入力するように求められます。これは、アーティファクトが AWS の無料利用枠の一部であり、使用にあたって料金は発生しないためです。詳細については、「AWS 無料利用枠」を参照してください。

AWS マネジメントコンソールにサインイン

ステップ 2

[セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス] で [Compliance Reports] をクリックします。

Artifact コンソールにはすべての利用可能な AWS コンプライアンスレポートが表示されます。一部のレポートでは、Amazon からの承認をリクエストすることが必要になる場合があります。リクエストは Amazon によって 24 時間以内に確認され、承認されます。

ステップ 3

アクセスするレポートを選択します。一部のレポートでは、ダウンロードの前に秘密保持契約の条項に同意する必要があります。[Accept and Download] をクリックすると、お使いのコンピュータにレポートがダウンロードされます。

注意: AWS Artifact を初めてご利用になる場合、一部のレポートでは Amazon からの承認をリクエストすることが必要になる場合があります。リクエストは Amazon によって 24 時間以内に確認され、承認されます。

ステップ 2

AWS コンプライアンスレポートは、コンソールにログインすることで、いつでもダウンロードできます。新しい AWS コンプライアンスレポートは、利用可能になると自動的に AWS Artifact に追加されます。組織内の他の個人や監査人にレポートを共有する場合、次の「監査アーティファクトの共有」の手順に従います。

AWS コンプライアンスレポートの共有をご希望ですか?

AWS コンプライアンスレポートは、適切に IAM 認証情報を設定することで、簡単にチームや監査人と共有できます。


ステップ 1

Identity and Access Management (IAM) コンソールにサインインします。

ステップ 2

特定の AWS Artifact ドキュメントへのアクセス権限を付与するアクセス権限ポリシーを作成します。例えば、監査人が AWS SOC レポートへのアクセスのみを要求している場合、AWS SOC レポートのみへのアクセス権限を付与できます。ガイダンスについては、AWS Artifact のドキュメントを参照してください。

ステップ 3

チームや監査人専用の新しい IAM グループを作成します。

AWS コンプライアンスレポートへのアクセス権限を適切に制御するために、必要に応じた数のグループを作成できます。

ステップ 2

IAM ユーザーを新しいグループに作成および追加します。

グループ管理者になるには、必ず IAM ユーザーを自分で追加するようにします。

日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメント変更契約の締結をご希望ですか?

AWS Artifact では、リアルタイムで日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメント変更契約を締結または終了する手段として契約を提供しています。開始方法は、既存の AWS アカウントでも新規の AWS アカウントでも簡単です。この開始方法のチュートリアルを使用して日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメント変更契約を締結します。詳細なガイドについては、AWS 契約のドキュメントを参照してください。

日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメント変更契約 (2:15)

Security-Identity-Compliance_AWS Artifact

ステップ 1

AWS アカウントを使用して AWS マネジメントコンソールにサインインします。ログインしているアカウントは、契約が適用されるアカウントです。ログインしているアカウントがわからない場合は、コンソールの右上にある [アカウント] を選択してアカウント ID を表示します。

ステップ 2

画面の左側に、[Reports] と [Agreements] が表示されます。[Agreements] をクリックしたら、処理を開始できます。

ステップ 3

NDA をダウンロードしてレビューする必要があります。レビューを終了したら、NDA のレビューを確認するチェックボックスをオンにして、[Accept Agreement] をクリックします。NDA をダウンロードするまで、チェックボックスをオンにできません。

ステップ 2

日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメント変更契約をクリックしてダウンロードし、レビューします。ダウンロードを完了すると、NDA の画面が表示されます。下にスクロールして [Accept] をクリックします。次に、日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメント変更契約が表示されます。レビューが終了したら、[Agreements] セクションに表示されるチェックボックスをオンにします。チェックボックスをオンにするには、日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメント変更契約をダウンロードし、[Agreements] 画面に表示される NDA を受諾する必要があります。

ステップ 2

このボタンをクリックすることで、AWS との日本準拠法に関する AWS カスタマーアグリーメント変更契約が締結されます。

AWS との事業提携契約 (BAA) の締結をご希望ですか?

AWS Artifact では、リアルタイムで BAA を締結または終了する手段として契約を提供しています。開始方法は、既存の AWS アカウントでも新規の AWS アカウントでも簡単です。この開始方法のチュートリアルを使用して BAA を締結します。詳細なガイドについては、AWS 契約のドキュメントを参照してください。

BAA および HIPAA についてはこちらをご参照ください。

ステップバイステップビデオ (2:15)

Security-Identity-Compliance_AWS Artifact

エラーメッセージが表示されましたか? (0:55)

Security-Identity-Compliance_AWS Artifact

オンライン BAA の終了 (1:30)

Security-Identity-Compliance_AWS Artifact

オフライン BAA (1:45)

Security-Identity-Compliance_AWS Artifact

ステップ 1

保護医療情報 (PHI) を処理する AWS アカウントを使用して AWS マネジメントコンソールにサインインします。ログインしているアカウントは、契約が適用されるアカウントです。ログインしているアカウントがわからない場合は、コンソールの右上にある [アカウント] を選択してアカウント ID を表示します。

ステップ 2

画面の左側に、[Reports] と [Agreements] が表示されます。[Agreements] をクリックしたら、処理を開始できます。

ステップ 3

NDA をダウンロードしてレビューする必要があります。レビューを終了したら、NDA のレビューを確認するチェックボックスをオンにして、[Accept Agreement] をクリックします。NDA をダウンロードするまで、チェックボックスをオンにできません。

ステップ 2

BAA をクリックしてダウンロードし、レビューします。ダウンロードを完了すると、NDA の画面が表示されます。下にスクロールして [Accept] をクリックします。次に、BAA が表示されます。レビューが終了したら、[Agreements] セクションに表示されるチェックボックスをオンにします。チェックボックスをオンにするには、BAA をダウンロードし、[Agreements] 画面に表示される NDA を受諾する必要があります。

ステップ 2

このボタンをクリックすることで、AWS との事業提携契約 (BAA) が締結されます。

 

無料で AWS Artifact の使用を開始する