予算のしきい値を超えたときにアラートを発信するカスタム予算を設定します。

AWS Budgets には、カスタム予算を設定して、コストまたは使用量が予算額や予算量を超えたとき (あるいは、超えると予測されたとき) にアラートを発信できる機能が用意されています。また、AWS Budgets を使用して RI 使用率またはカバレッジターゲットを設定し、使用率が設定したしきい値を下回った場合にアラートを受け取ることもできます。RI アラートでは、Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon Redshift、Amazon ElastiCache の予約がサポートされています。

Budgets では、1 ヶ月毎、3 ヶ月毎、または1 年毎で追跡したり、開始日と終了日をカスタマイズしたりすることが可能です。AWS のサービス、リンクしたアカウント、タグなど、いろいろものに関連付けられたコストを追跡できるので、お客様の予算をより効率的にすることができます。予算のアラートは E メール、および/あるいは Amazon Simple Notification Service (SNS) のトピックで配信可能です。

予算の作成と追跡は、AWS Budgets ダッシュボードまたは Budgets API から実行できます。

AWS Budget を作成する

予算の作成、追跡および調査するのに、AWS Budgets ダッシュボードが拠点となります。AWS Budgets ダッシュボードより、予算を作成、編集、管理し、さらに予算ごとの状況を見ることができます。高レベルな分散分析や予算基準サマリーといった、予算についてのさらなる詳細も見ることが可能です。

aws-budgets-dashboard
AWS Budgets ダッシュボードを見る

1 ヶ月の総コスト予算を作成するには、予算タイプとして「コスト」を、予算期間として「1 ヶ月」を、および1 ヶ月の総コスト予算に対するカスタム額を設定します。

  • 予算名 : ユーザー定義
  • 予算期間 : 1 ヶ月、3 ヶ月、1 年
  • 予算額 : ユーザー定義
aws-budgets-create-budget

1 ヶ月の総コスト予算は全コストをカバーするため、これ以降は、フィルターを使用しての調整は必要はありません。

  • AWS のサービス
  • リンク付けしたアカウント
  • タグ
  • 購入オプション
  • アベイラビリティーゾーン
  • API オペレーション
aws-budgets-refine

予算ごとに 1 つ以上の通知を設定しておくことをお勧めします。たとえば、実際の予算コストの 80%、 90%、100% の使用が発生した場合にアラートする通知、および予算を超過しそうになった場合にアラートする通知を設定できます。

各予算には、最大 5 つまでの通知を設定できます。各通知は 10 人の E メール受信者に送信、および/あるいは Amazon Simple Notification Service (SNS) トピックに公開できます。

  • 予算値 : 実際値または予想値
  • 予算達成率 : たとえば 90%
  • 受信者 : 最大 10 までの E メールアドレスおよび/あるいは SNS トピック 1 つ
aws-budgets-set-alerts