AWS Supply Chain のデータストレージとサービス

AWS Supply Chain のデータレイクは、拡張可能な Canonical Data Model (CDM)、データガバナンス、データストレージ、およびデータ変換機能を組み合わせています。データレイクは、事前トレーニング済みの機械学習 (ML) モデルを活用して、異種データを理解し、抽出し、統合されたデータモデルに変換します。さらに、データレイクは、既存のエンタープライズリソースプランニング (ERP) や他のサプライチェーン管理システムなど、さまざまなソースからデータを簡単に取り込むことができます。データストレージ時間あたり 0.28 USD が請求されます。これには、データインポートと最初の 10 GB のストレージが含まれます。含まれている 10 GB を超える追加のデータストレージについては、1 か月ごとに保存された GB あたり 0.25 USD が請求されます。

AWS Supply Chain Insights のデータ利用

AWS Supply Chain Insights は、データレイク内のサプライチェーンデータを分析して、実用的なインサイトを提供し、需要の変動やサプライチェーンの混乱に対する回復力を改善します。生成されたインサイトに使用された製品 SKU の場所の組み合わせの数に基づいて課金されます。製品 SKU の場所の組み合わせは、製品 SKU の数と物理的な場所 (店舗、倉庫、フルフィルメントセンターなど) の数の組み合わせとして定義されます。例えば、3 つの倉庫の場所にある 1 つの製品 SKU は、3 つの製品 SKU の場所の組み合わせに相当します。SKU の場所の組み合わせごとに 0.065 USD~0.40 USD の範囲の階層料金が請求されます。

AWS Supply Chain Demand Planning のデータ利用

AWS Supply Chain Demand Planning は、ML を使用して需要を予測します。需要予測の生成に使用された製品 SKU の場所の組み合わせの数に基づいて請求されます。SKU の場所の組み合わせごとに 0.035 USD~0.30 USD の範囲の階層料金が請求されます。

AWS Supply Chain の無料トライアル

無料トライアルで AWS Supply Chain の使用を開始できます。最初の AWS Supply Chain デプロイの最初の 60 日間は、次を受け取ります。

  • AWS Supply Chain Insights と Demand Planning に使用される 1,000 の製品 SKU の場所の組み合わせ
  • 10 GB のデータストレージ

例: 1 月 1 日に無料トライアルにサインアップすると、AWS Supply Chain のデータレイクに最大 10 GB を保存し、60 日間の無料トライアルの終わりまで、最大 1,000 の製品 SKU の場所の組み合わせについてインサイトまたは需要計画を得ることができます。 

*AWS Supply Chain の利用に関連して、お客様が Amazon Simple Storage Service (S3) を含むがこれに限定されない他の AWS のサービスを利用する場合、お客様には、当該サービスの利用に適用される料金条件に従って、それらの他の AWS のサービスの利用についての料金が請求されます。 

料金の例

例 1

米国東部 (バージニア北部) リージョンの AWS Supply Chain のお客様は、サプライチェーンネットワークの可視性を高める必要があります。50 GB のサプライチェーンデータを AWS Supply Chain にアップロードします。さらに、AWS Supply Chain Insights を利用して、25,000 の製品 SKU の場所の組み合わせにわたって予測される在庫ビューと ML のインサイトを生成します。使用量に基づくと、AWS Supply Chain の 1 か月あたりの請求額は次のようになります。

データストレージ

データストレージ時間: 30 日 x 24 時間 x 0.28 USD = 1 か月あたり 201.60 USD
追加のデータストレージ: 1 か月あたり 0.25 USD/GB で 40 GB の追加データストレージ (データストレージには最初の 10 GB が無料で含まれているため) = 40 GB x 0.25 USD = 1 か月あたり 10 USD

合計データストレージ料金 = データストレージ時間 (201.6 USD) + 追加のデータストレージ (10 USD) = 211.60 USD

*Amazon S3 の料金も支払っている場合、これは絶対的なデータストレージの合計料金ではない可能性があります。

AWS Supply Chain Insights のデータ利用

製品 SKU の場所の組み合わせ: 25,000
Tier 1: 25,000 の製品 SKU ロケーションの組み合わせ x 0.40 USD (Tier 1 の料金) = 10,000 USD

1 か月あたりの合計料金: データストレージの合計 (211.6 USD) + AWS Supply Chain Insights のデータ利用の合計 (10,000 USD) = 10,211.60 USD

例 2

米国西部 (オレゴン) リージョンの AWS Supply Chain のお客様は、サプライチェーンネットワークの可視性を高める必要があります。900 GB のサプライチェーンデータを AWS Supply Chain にアップロードします。さらに、AWS Supply Chain を利用して、1,000,000 の製品 SKU の場所の組み合わせにわたって予測される在庫ビューと ML のインサイトを生成します。また、AWS Supply Chain Demand Planning を利用して、200,000 の製品 SKU の場所の組み合わせにわたって予測される在庫ビューを生成します。使用量に基づくと、AWS Supply Chain の 1 か月あたりの請求額は次のようになります。

データストレージ

データストレージ時間: 30 日 x 24 時間 x 0.28 USD = 1 か月あたり 201.60 USD
追加のデータストレージ: 1 か月あたり 0.25 USD/GB で 890 GB の追加データストレージ (データストレージには最初の 10 GB が無料で含まれているため) = 890 GB x 0.25 USD = 1 か月あたり 222.50 USD

合計データストレージ料金 = データストレージ時間 (201.60 USD) + 追加のデータストレージ (222.50 USD) = 424.10 USD

*Amazon S3 の料金も支払っている場合、これは絶対的なデータストレージの合計料金ではない可能性があります。

AWS Supply Chain Insights のデータ利用
製品 SKU の場所の組み合わせ: 1,000,000
Tier 1: 100,000 の製品 SKU ロケーションの組み合わせ x 0.40 USD (Tier 1 の料金) = 40,000 USD
Tier 2: 900,000 の製品 SKU ロケーションの組み合わせ x 0.13 USD (Tier 2 の料金) = 117,000 USD

AWS Supply Chain Insights のデータ利用の合計 = Tier 1 (40,000 USD) + Tier 2 (117,000 USD) = 157,000 USD

AWS Supply Chain Demand Planning のデータ利用
製品 SKU の場所の組み合わせ: 200,000
Tier 1: 100,000 の製品 SKU ロケーションの組み合わせ x 0.30 USD (Tier 1 の料金) = 30,000 USD
Tier 2: 100,000 の製品 SKU ロケーションの組み合わせ x 0.10 USD (Tier 2 の料金) = 10,000 USD

AWS Supply Chain Demand Planning の合計データ使用量 = Tier 1 (30,000 USD) + Tier 2 (10,000 USD) = 40,000 USD

1 か月あたりの合計料金: データストレージの合計 (424.10 USD) + AWS Supply Chain Insights のデータ利用の合計 (157,000 USD) + AWS Supply Chain Demand Planning のデータ利用の合計 (40,000 USD) = 197,424.10 USD

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

料金に関するサポートを受ける

個別のお見積もりをご希望の場合、AWS のスペシャリストに問い合わせる