AWS 転送サービスラインナップは、Amazon S3 との間で、SFTP、FTPS、FTP 上で直接ファイル転送を実行できるように、フルマネージド型のサポートを提供します。 AWS では、既存の認証システムと統合し、AWS Transfer for SFTP、AWS Transfer for FTPS、AWS Transfer for FTP を使用したファイル転送ワークフローのシームレスな移行をサポートします。そのため、お客様やパートナー、またそのアプリケーションにとってはこれまでと何も変わることはありません。

可用性の高い完全マネージド型インフラストラクチャ

AWS は、エンドポイントの高可用性とパフォーマンスを維持するために必要なすべての計算、ストレージ、およびその他のインフラストラクチャを透過的に操作および管理します。エンドポイントは、1 日 24 時間、年中無休で利用できるように設計されています。AWS リージョン内の複数のアベイラビリティーゾーンにわたって完全な冗長性を実現します。

伸縮自在な資源

AWS 転送サービスラインナップは、伸縮自在な計算インフラストラクチャを使用して、動的ワークロードのニーズを満たすことができます。内蔵の自動スケーリング機能を使用すると、データが経時的に増加する場合でも、追加のリソースのプロビジョニングを心配する必要がありません。ワークロードが 1 日の特定の時間帯または月の数日間に急上昇しても、心配する必要はありません。

複数のユーザー認証方法をサポート

転送サービスラインナップは、Microsoft Active Directory や Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) などの一般的なユーザー認証システムをサポートしています。また、サービス内でユーザーの資格情報を直接格納および管理することもできます。既存のアイデンティティプロバイダーを AWS 転送サービスラインナップに接続することにより、外部ユーザーは、中断することなく、データリソースへ引き続き正確かつ安全にアクセスできるようになります。

ネイティブ S3 オブジェクトへのファイルの自動変換

交換したファイルを Amazon S3 データレイクに保存することで、ビジネスインサイトを迅速に抽出できます。この交換を可能にする重要な要素は、AWS 転送サービスラインナップのファイルからオブジェクトへの変換です。これは、ファイルメタデータをオブジェクトメタデータとして保存するプロセスです。たとえば、Amazon S3 にファイルを保存しておくと、Amazon Translate を使用して、プロセス文書を世界中の読者に読みやすくすることができます。また、Amazon Comprehend を使用してテキストファイルから関係や洞察を抽出したり、Amazon Athena を使用して CSV ファイルを検索して履歴データを分析したりすることもできます。

シンプルなユーザーエクスペリエンス

直感的なユーザーインターフェイスと API により、SFTP、FTPS、または FTP エンドポイントの設定とクライアントアクセスのセットアップが簡単に行えます。外部ユーザーの場合、このサービスは WinSCP、FileZilla、およびスクリプトなどの一般的に使用される SFTP クライアントをサポートします。ユーザーはクラウドでデータを共有し続けるために行動を変える必要がありません。

使い慣れた包括的な AWS 管理サービス

AWS 転送サービスラインナップでは、安全保障と識別管理のために AWS Identity and Access Management (IAM) を使用し、モニタリングとアップロード後の処理を開始するためのイベントトリガーに Amazon CloudWatch を使用できます。AWS Key Management Service (AWS KMS) または Amazon S3 サーバー側暗号化のサービスを使用すれば、安心して暗号化を制御できます。加えて、ユーザーと API 活動の細かい監査で AWS CloudTrail はコンプライアンスの要件を満たしやすくします。

SFTP の料金の詳細
AWS 転送サービスラインナップの価格についてはこちらをご覧ください。

AWS 転送サービスラインナップを使用するのに初期費用はかからず、リソースを使用した分にのみ支払いが発生します。

詳細 
無料の AWS アカウントにサインアップ
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
コンソールの EC2 で構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで SFTP、FTPS、FTP を使用して構築を開始します。

サインイン