Amazon Web Services ブログ

Category: General

AWS Compute Optimizer を使用した AWS Lambda のコストとパフォーマンスの最適化

本投稿は AWS Compute Optimizer のシニアプロダクトマネージャーである Brooke Chen、AWS Compute Optimizer のプリンシパルプロダクトマネージャーである Letian Feng、Amazon EC2 のプリンシパルデベロッパーアドボケイトである Chad Schmutzer による寄稿です。 コンピューティングリソースの最適化は、あらゆるアプリケーションアーキテクチャにとって重要な作業です。計算処理リソースの過剰なプロビジョニングは不要なインフラストラクチャコストにつながる一方で、不足すると、アプリケーションのパフォーマンスの低下につながります。 2019年12月に開始された AWS Compute Optimizer は、AW​​Sコンピューティングリソースのコストとパフォーマンスの最適化のための推奨情報(リコメンデーション)を提示するサービスです。特定のワークロードに合わせた実用的な最適化の推奨事項を生成します。昨年、数千の AWS のお客様が、Compute Optimizer を使用してワークロードに最適な Amazon EC2 インスタンスタイプを選択することで、コンピューティングコストを最大25%削減しました。 お客様から最も頻繁にいただくリクエストの 1 つに、Compute Optimizer で AWS Lambda の推奨事項を提示してほしいというものがありました。これを受けて、2020年12月23日、Compute Optimizer が Lambda 関数の推奨メモリサイズをサポートすることを発表しました。これにより、Lambda ベースのサーバーレスワークロードのコストを最適化し、パフォーマンスを向上させることができます。開始するには、Compute Optimizer をオプトインして、推奨事項の検出に進みましょう。 概要 Lambda を使用すると、管理するサーバーがなく、自動的にスケーリングされ、使用した分だけの料金となるなどの、サーバーレスとしてのメリットが多くあります。ただし、Lambda 関数に適切なメモリサイズ設定を選択することは依然として重要なタスクです。Computer Optimizer は、機械学習ベースでメモリの推奨を行うことで、このタスクを支援します。 この推奨事項の提供機能は、Compute Optimizer コンソール、AWS CLI、AWS […]

Read More
週刊AWS

週刊AWS – 2021/1/18週

みなさん、こんにちは。AWSソリューションアーキテクトの小林です。 ご紹介が出遅れてしまった部分もあるのですが、現在re:Inventのまとめウェビナーシリーズを実施しています。こちらからお申し込みをいただけますので、どういったラインナップが用意されているかをご確認いただき、興味があるものにはぜひご参加ください。フレッシュな最新情報を短時間でキャッチアップするチャンスですので、お見逃しなく。

Read More

Amazon SageMaker Ground Truthを利用した動画ラベリングとAmazon Rekognition Custom Labelsへのインポート

「Amazon Rekognition Custom Labelsを利用した動物の特徴的な行動検出」にて、行動検知モデル作成手順について紹介致しましたが、本ブログではモデル作成の重要なステップであるAmazon SageMaker Ground Truthを利用した動画のデータラベリングをご紹介します。合わせて、2021年1月時点ではAmazon SageMaker Ground Truthでラベリングした動画データをAmazon Rekognition Custom Labelsのデータセットとしてそのままインポートできません。そのため、ここではインポートするためのマニフェストファイルの記述方法をご紹介します。 ラベリングデータを利用した一般的な機械学習のワークフローは以下になります。このフローでモデルの精度向上に重要なのはラベリングデータの準備になります。もちろん、モデル開発やモデル学習に時間はかかると思います。しかし多くの場合、モデル開発に関しては既存もしくは機械学習のスペシャリストが作成したアルゴリズムやモデルを選定する事で開発の短縮化が行えますし、モデル学習についてもクラウドリソース(例えばGPUインスタンス)を利用することで学習時間の短縮化を行えます。そうすると、時間がかかるのがラベリングデータの準備であり、ラベリングの効率化・質の高いデータ数を増やす事が重要なポイントになります。このラベリングデータの準備を簡素化するツールとして、Amazon SageMaker Ground Truthがあります。

Read More

Elastic 社による Elasticsearch および Kibana のライセンス変更にともなう AWS の対応方針のご案内

先週、Elastic 社が Elasticsearch および Kibana のライセンス変更に関するアナウンスを実施しました。これによりバージョン 7.11 以降の Elasticsearch と Kibana は、Apache License, Version 2.0 (ALv2) での提供が行われません。これを受けて AWS は、2021/1/21 (PST) に対応方針を発表いたしました。本発表の要点は以下のとおりです。 AWS は Elasticsearch と Kibana のバージョン 7.10 をベースに fork した Elasticsearch と Kibana を ALv2 ライセンスにて公開します。こちらは今後数週間以内に、新しい Github リポジトリを作成する形にて公開される予定です。このリポジトリは Open Source Software (OSS) として、継続的にバグ修正や新機能、機能拡張を提供していきます Amazon Elasticsearch Service では2021/1 時点で 18 バージョンの Elasticsearch を提供していますが、これらの既存のバージョンをご利用されるお客さまは、今回のライセンス変更の影響を一切受けることなく、引き続きご利用いただくことが可能です。また Amazon Elasticsearch […]

Read More

AWS IoT Deep Dive #2 AWS re:Invent 2020 IoT Updates 資料と録画、Q&Aを公開

こんにちは、IoTソリューションアーキテクトの飯塚です。本ブログ記事では、AWS IoT Deep Diveセミナーシリーズの第2回目の開催内容と資料、当日いただいたご質問とその回答をまとめていきたいと思います。 AWS IoT Deep Dive セミナーとは 本セミナーシリーズは、このタイトル通り、お客様がIoT製品やサービスを設計・開発する際のよくある課題や考慮すべき事項を共有し、AWSによるソリューションをより深く・詳細にお伝えするセミナーです。本セミナーイベントの詳細については、以下のブログ記事にて説明していますので、是非ご覧ください。 AWS IoT Deep Dive – 新しいAWS IoTセミナーシリーズを開始します 本セミナーシリーズの他ブログ記事はこちら

Read More
週刊AWS

週刊AWS – 2021/1/11週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 週刊AWSをお届けします。2021年も引き続き毎週AWSのアップデート情報をお届けできればと思っていますので、どうかよろしくお願いいたします。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More
週刊AWS

週刊AWS – 2021/1/4週

みなさま、明けましておめでとうございます。AWSソリューションアーキテクトの小林です。本年も週刊AWSをよろしくお願いいたします。 AWS re:Invent期間中は私はwebinarにフォーカスと言うことで、下佐粉に執筆を担当してもらっていましたが今週から通常シフトに戻り、私も執筆に復帰します。ひきつづき、良い情報をお届けしていきたいと思いますのでお付き合いをいただければ幸いです。 今回は年末年始のアップデートをまとめてご紹介させていただきますので、いつもとは若干感じが違うかもしれませんがご容赦ください。

Read More

ラウンド 2 の ポスト量子暗号 TLS が KMS でサポートされました

AWS Key Management Service (AWS KMS) が AWS KMS API エンドポイントに接続する際に使われる Transport Layer Security (TLS) 1.2 暗号化プロトコルにおいて新しいハイブリッド型のポスト量子暗号(耐量子暗号)鍵交換アルゴリズムをサポートするようになりました。これらの新しいハイブリッドポスト量子アルゴリズムは、古典的な鍵交換による実証済みのセキュリティと、標準化作業で評価中の新しいポスト量子鍵交換の潜在的な耐量子安全特性を組み合わせたものです。これらのアルゴリズムの中で最も高速なものは、古典的な TLS ハンドシェイクと比較して約 0.3 ミリ秒のオーバーヘッドがあります。追加された新しいポスト量子暗号鍵交換アルゴリズムは、Kyber のラウンド 2 バージョン、Bit Flipping Key Encapsulation(BIKE)、および Supersingular Isogeny Key Encapsulation(SIKE)です。標準化に参加している各組織は、米国国立標準技術研究所(NIST) のポスト量子暗号の標準化プロセスの一環として、アルゴリズムを NIST に提出しています。このプロセスは、複数年にわたる数ラウンドの評価にまたがり、2021 年以降も続く可能性があります。 以前のハイブリッド量子暗号 TLS に関するブログ投稿で、AWS KMS がラウンド 1 バージョンの BIKE と SIKE を備えたハイブリッドポスト量子暗号 TLS 1.2 をリリースしたことを発表しました。ラウンド 1 のポスト量子暗号 アルゴリズムは引き続き AWS KMS でサポートされていますが、ラウンド […]

Read More
週刊AWS

週刊AWS – 2020/12/21週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 今週月曜日に出した週刊AWSで今年最後の号と書きましたが、その後もアップデートが継続して発表されたため、変則的ですが本日追加で出すことにしました。 それでは、12/21~23に発表された主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More