Amazon Web Services ブログ

AWS Serverless Application Model (SAM) コマンドラインインターフェイス。サーバレスアプリケーションをローカルで構築、テスト、デバッグする

数十年前、6502 アセンブリ言語でコードを何ページも記述しました。コードをアセンブルしてリンクしたら、それをメモリにロードし、戦略的なロケーションでブレークポイントを設定し、すべてが意図どおりに機能することを順に確認することをしていました。最近は、もう非自明なコードを書いたりデバッグしたりする機会がなくなってきたので、このブログ記事をいざ書くとなったときは少し心配しました (実は、数週間先延ばしにしていました)。 SAM CLI 新しい Serverless Application Model (SAM) コマンドラインインターフェイスについて説明したいと思います。説明しながら、AWS Lambda を使用して何かを構築する能力にいくらか自信が持てるようになっていければと思います。 はじめに、用語について見ていきましょう。 AWS SAM は、Serverless Application Model の略称で、AWS 上でサーバーレスアプリケーションを構築するために使用できるオープンソースのフレームワークのことです。単純な YAML テンプレートを使用して、アプリケーション (Lambda 関数、API エンドポイント、DynamoDB テーブル、およびその他のリソース) を記述するための略式構文を提供します。デプロイメント中、SAM は短縮形 SAM 構文を AWS CloudFormation テンプレートに変換して展開します。その後、CloudFormation は信頼性と再現性の高い方法でリソースをプロビジョニングします。 以前は SAM Local として知られていた AWS SAM CLI は、SAM ベースのアプリケーションの構築をサポートするコマンドラインインターフェイスです。また、ローカルでの開発とテストをサポートしており、アクティブなオープンソースプロジェクトでもあります。CLI を使用すると、Python、Node、Java、Go、.NET の中から選択することができ、すぐに始めるのに役立つ健全なテンプレートのコレクションが含まれています。 SAM CLI の sam local コマンドは、Lambda のような実行環境でローカルに関数コードを実行しながら、Lambda 関数と SAM […]

Read More

Amazon SageMaker ノートブックインスタンスのネットワーク設定と高度なルーティングオプションについて理解する

Amazon SageMaker ノートブックインスタンスは、完全マネージド型の機械学習 (ML) Amazon EC2 インスタンスを通じて、Jupyter ノートブックアプリケーションを提供します。Amazon SageMaker Jupyter ノートブックは、高度なデータ探索、トレーニングジョブの作成、Amazon SageMaker ホスティングへのモデルのデプロイ、モデルのテストや検証に使用されます。 ノートブックインスタンスには、さまざまなネットワーク設定が用意されています。このブログ記事では、さまざまなオプションの概要を説明するとともに、お客様の一般的な事例を紹介していきます。 ベーシック Amazon SageMaker ノートブックインスタンスは、Virtual Private Cloud (VPC) がアタッチされているかどうかにかかわらず起動できます。VPC をアタッチして起動すると、ノートブックは、直接インターネット接続ありまたはなしで設定することができます。 重要な注意事項: 直接インターネット接続があるとは、Amazon SageMaker サービスが、サービスによって管理される VPC を通じて、ノートブックをインターネットに接続できるネットワークインターフェイスを提供していることを意味します。 Amazon SageMaker コンソールを使用する際、次の 3 つのオプションがあります。 お客様の VPC のアタッチなし。 お客様の VPC のアタッチあり (直接インターネット接続あり)。 お客様の VPC のアタッチあり (直接インターネット接続なし)。 それはどういう意味ですか? 3 つのオプションはそれぞれ、マネージド EC2 インスタンスのネットワークインターフェイスを一連のルーティング設定で自動的に設定します。特定の状況では、これらの設定を変更して、特定の IP アドレスの範囲を別のネットワークインターフェイスにルーティングすることができます。次に、これらのデフォルト設定をそれぞれ順を追って説明します。 アタッチしたお客様の VPC なし […]

Read More

チェックしてください – EC2 および EBS 用の新しい AWS 料金見積ツール

簡易見積ツールを開始した、10 年以上前に発表したブログ記事は、今でも社内のトップ 10 リストに登場することがあります。 その記事が公開されて以来、私たちは見積ツールを 1 〜 2 度拡張、再設計、さらには再構築してきました。 新しい見積ツール 空白の画面、空のコードレポ、多くのお客様からのご意見をもとに、まったく新しい AWS 料金計算ツールを開発しています。この新しい料金計算ツールは、最終的な AWS コストを見積もり、理解するのに役立つように設計されています。過度の専門用語を避け、計算を明白にし、透明でアクセスしやすくするために全力を尽くしました。利用可能なオプションを表示し、関連するコストを調べ、高品質のデータに基づいて決定を下すことができます。 EC2 インスタンス、EBS ボリューム、非常に幅広い購入モデルのサポートを開始し、できるだけ早くより多くのサービスのサポートを追加する予定です。 クイックツアー 新しい料金計算ツールの動画は、https://calculator.aws でご覧ください。それぞれの見積もりは 1 つ以上のグループで構成され、最初の見積もりは自動的に作成されます: それぞれのグループには名前があり、特定の AWS リージョンのサービス対する価格が設定されています。[Edit group] をクリックして名前を変更し、リージョンを選択して、[Apply] をクリックします: 料金計算ツールのメインページに戻って、[Add service] をクリックして、EC2 インスタンスの設定を選択します。グループには複数のタイプとインスタンスの設定を含めることができます。[Configure] をクリックして、先へ進みます: この時点で、Quick estimate (デフォルト) を行うか、Advanced estimate の一部として詳細を記入することができます。ここでは、Quick estimate (簡易見積) を開始します: 簡易見積を行う際に留意すべきことがいくつかあります: インスタンスタイプ – EC2 インスタンスのタイプを選択するための 2 つのオプションがあります。リソース要件 (vCPU 数、メモリサイズ、GPU 数) を入力して、料金計算ツールに最低価格のオプションを選択させるか、名前で EC2 […]

Read More

只今準備中 – 南アフリカの AWS リージョン

AWS は昨年、フランスと中国 (寧夏) に新しい AWS リージョンを開設し、バーレーン、香港特別自治区、スウェーデンの各リージョン、および米国内で 2 番目の GovCloud リージョンの開設に取り組んでいることを発表しました。 南アフリカ: 2020 年初頭 今日は、2020年前半、南アフリカに AWS リージョンが開設されることをお知らせしたいと思います。この新しいリージョンはケープタウンを拠点とし、3 つのアベイラビリティーゾーンで構成されます。このリージョンは、南アフリカでワークロードを実行し、データを保存する能力を AWS のお客様とパートナーに提供します。AWS アフリカ (ケープタウン) リージョンの追加によって、組織がサブサハラアフリカ全域のエンドユーザーに低レイテンシーを提供することも可能になり、より多くのアフリカ組織が、イノベーションを推進するために、人工知能、Machine Learning、Internet of Things (IoT)、モバイルサービスなどの高度なテクノロジーを活用できるようになります。 AWS のお客様はすでに、世界中で 19 のインフラストラクチャリージョンにまたがる 55 のアベイラビリティーゾーンを活用しています。今日の発表は、グローバルリージョン (運用可能なリージョンと準備中のリージョン) の合計数を 23 に引き上げます。 高まる存在感 この新しいリージョンは、南アフリカにおける一連の投資の中で最新のものであり、南アフリカの変貌をサポートする AWS のコミットメントの一環です。2004 年、アマゾンは、先駆的なネットワーキングテクノロジー、カスタマーサポート向けの次世代ソフトウェア、および Amazon EC2 の背景にあるテクノロジーの構築に焦点を当てる Development Center in Cape Town を開設しました。AWS はまた、アカウントマネージャー、カスタマーサービス担当者、パートナーマネージャー、ソリューションアーキテクトなどを含む多数のチームを追加し、クラウドに移行するあらゆる規模のお客様を援助しています。 2015 年、AWS はその拡大を継続してヨハネスブルグに事務所を開設し、2017 年には […]

Read More

Amazon RDS アップデート – コンソールの更新、RDS の推奨事項、Performance Insights、M5 インスタンス、MySQL 8、MariaDB 10.3、その他多数

 Amazon RDS を素早くアップデートする必要がありそうです。シェアしたいニュースが、たくさんあります: コンソールの更新 – RDS コンソールの外観が新しくなりました。 RDS の推奨事項 – ベストプラクティスに従ってデータベースインスタンスを設定するのに役立つ推奨事項があります。 MySQL 用 Performance Insights – MySQL を深く調べて、クエリの処理方法についてより詳しく理解することができます。 M5 インスタンス – M5 インスタンスで MySQL と MariaDB を使用できるようになりました。 MySQL 8.0 – 現在、MySQL 8.0 を本稼働環境で使用できます。 MariaDB 10.3 – 現在、MariaDB 10.3 を本稼働環境で使用できます。 より詳しく見てみましょう… コンソールの更新 RDS コンソールは、今年初めに外観が新しくなりました。開発中はプレビュー形式で利用できるようにしましたが、現在はすべての AWS ユーザーが標準で使用できます。ホームページから、RDS リソースの概要を一目で確認したり、新しいデータベースを作成したり、ドキュメントにアクセスしたり、さらに多くのことができます: また、Performance Insights と新しい RDS の推奨事項に直接アクセスできます。 RDS の推奨事項 これらのプラクティスが改善されたとしても、RDS […]

Read More

Amazon SageMaker のバッチ変換が Amazon VPC および AWS KMS に基づく暗号化をサポート開始

Amazon SageMaker が、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) での AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用するバッチ変換ジョブのサポートを開始します。Amazon VPC を使用すると、機械学習 (ML) モデルのコンテナやデータへのアクセスをコントロールし、それらをプライベートに保ってインターネット経由でアクセスできないようにすることができます。AWS KMS を使用すると、バッチ変換ジョブを実行する ML コンピューティングインスタンスにアタッチされたストレージボリュームのデータを暗号化できます。これにより、バッチ変換ジョブで使用されるモデルのアーティファクト、ログ、および一時ファイルは常に安全です。このブログでは、こうした機能をバッチ変換ジョブに適用する方法を説明します。 Amazon SageMaker のバッチ変換は、データのバッチが大量にあり、トレーニングデータを前処理して変換する必要があるか、レイテンシーが 1 秒未満であることを必要としないシナリオに最適です。バッチ変換は、ペタバイトのデータから非常に小さなデータセットまで、さまざまなデータセットで使用できます。既存の機械学習モデルは、一切の変更なしで、この新しい機能でシームレスに動作します。Amazon SageMaker は、バッチ変換ジョブの開始時にリソースのプロビジョニングを管理します。ジョブが完了するとリソースが解放されるので、ジョブの実行中に使用されたリソースに対してのみを支払うことになります。 VPC を使用すると、プライベートでインターネットに接続されないように VPC を設定できるため、データやモデルアーティファクトを保存する Amazon S3 バケットなど、アクセスするモデルコンテナや AWS リソースを保護することができます。VPC を使用する場合、VPC フローログを使用して、モデルコンテナ内外のすべてのネットワークトラフィックを監視することもできます。VPC を指定しない場合、Amazon SageMaker はデフォルトでは VPC でバッチ変換ジョブを実行します。 Amazon SageMaker のバッチ変換は、すでに Amazon S3 SSE による入出力データの暗号化をサポートしています。現在は、AWS KMS を使用すると、バッチ変換ジョブで使用するストレージボリュームを、管理する暗号化キーで保護できます。推論を実行したり、データのバッチを変換したりするときに、集中キー管理、キー使用状況監査ログ、マスターキーローテーションなどの […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2018 年 11 月)

こんにちは。マーケティングの鬼形です。11 月の AWS Black Belt オンラインセミナーについてご案内させて頂きます。 11月は、オンラインセミナーで初めて取り上げる AWS Amplify、11月末に開催される AWS re:Invent 2018 のアップデート速報他、さまざまなセミナーをご用意しております!ぜひお役立てください。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください AWS Amplify 2018 年 11 月 7 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ AWS Amplify はクラウド対応アプリケーションを構築するフロントエンドおよびモバイル開発者向けのJavaScriptライブラリです。これを利用することで アプリケーションから非常に簡単に AWS のリソースを利用することができます。 デモを交えながら Amplify の使い方や、できることを紹介させていただきます。 対象者 フロントエンド・サーバーサイドのアプリケーションデベロッパー、プログラマー GraphQL、React、Serverless等に興味のある方 本セミナーで学習できること AWS Amplifyの特徴および活用方法について学ぶことができます。 スピーカー 塚越 啓介 Solutions Architect   AWS Direct Connect 2018 年 […]

Read More

New – Amazon Lightsail のためのマネージドデータベース

Amazon Lightsail により、AWS の利用を簡単に開始することができます。実行するオペレーティングシステム (とオプションのアプリケーション) を選択し、インスタンスプランを選択してインスタンスを作成します。すべての作業は数分で実行できます。Lightsail は、コンピューティング性能、ストレージ、データ転送を含むインスタンスプランで予測可能な低い料金で提供されます。 マネージドデータベース Lightsail は今日、数回のクリックでマネージドデータベースを作成できるようになり、さらに便利になりました。これは大切なお客様から要望があった点で、それを共有できることをうれしく思っています。 この機能は、学生、独立系開発者、起業家、IT マネージャーなど、Lightsail の現在および将来の非常に幅広いユーザーにとって興味深いものになるでしょう。データベースを設定して実行する際に発生する最も一般的で複雑な問題に対処しました。間もなく目にするように、データベースの選択、起動、セキュリティ、アクセス、監視、および保守のプロセスを簡素化して微調整を行いました。 各 Lightsail データベースバンドルは月ごとの固定料金で課金され、データベースインスタンス、SSD ベースの大容量ストレージ、インターネットやその他の AWS リージョンへのテラバイトまたはそれ以上のデータ転送、7 日間のポイントインタイムリカバリを行える自動バックアップが含まれます。また個別に課金する手動データベーススナップショットを作成することもできます。 マネージドデータベースの作成 マネージドデータベースを作成し、既存の MySQL バックアップをマネージドデータベース中にロードするプロセスについて説明します。Lightsail コンソールにログインし、[データベース] をクリックして開始します。次に、[データベースの作成] をクリックして進みます。 すべてのオプションを一目で確認、編集することができます。場所、データベースエンジンとバージョン、プランを選択して名前を入力し、[データベースの作成] をクリックします(これらのオプションはすべて便利なデフォルト設定で 1 回クリックするだけでほとんどの場合十分です)。 MySQL 5.6 および 5.7 のサポートを開始し、間もなくPostgreSQL 9.6 および 10 のサポートを追加で行います。標準データベースプランにより、冗長性のない 1 つのアベイラビリティーゾーンにデータベースが作成されます。高可用性プランは 2 番目の AZ にもプレゼンスを作成し、プロダクションに使用することをお勧めます。 データベースの作成が数分で完了すると、ステータスは [ Available] に変わり、データベースが使用できる状態になります。 [Database-Oregon-1] をクリックすると接続の詳細が表示され、他の管理情報やツールにアクセスできます。 これで接続する準備ができました。 Lightsail インスタンスへの […]

Read More

AWS Lambda のタイムアウトが15分になりました。

みなさん。こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 AWS Lambdaのタイムアウトが5分から15分に延長されましたのでお知らせいたします。マネージメントコンソールでは15分まで設定を投入できるようになっています。 デフォルトではNode.jsだと3秒、.NET Coreだと15秒が設定されていますが、そちらを修正できますので、アプリケーションの内容に応じた適切な内容を設定いただくことができます。 また、9月11日には、.NET Core 2.1 ランタイムを使用して、PowerShell Core 6.0 で AWS Lambda 関数を開発できるようになりました。サーバレス関数を作成する際、現在使用可能なすべての PowerShell cmdlets あるいはご自身で開発したものを使うことができます。開始するには、Powershell Gallery から PowerShell 用の AWS Lambda ツールモジュールをダウンロードしてください。 現在AWS Lambdaがサポートしている言語環境は以下になります。 用途が広がるAWS Lambdaですが、AWS Serverless Application Repositoryでは、サーバーレスコミュニティーのデベロッパー、企業、パートナーが公開したサーバーレスアプリケーションが登録されており、参考にすることができます。みなさんも、ご自身で開発したサーバレスアプリケーションを登録できます。   – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田

Read More

Amazon Connect が数ヶ月以内に東京リージョンで利用可能に

Amazon Connectはサービス開始以降、利用可能なリージョンを増やしてきましたが、数ヶ月以内に東京リージョンでも利用できるようになることを、2018年10月10日に発表いたしました。Amazon Connectは簡単に利用でき、セルフサービスで設定可能なクラウド型のコンタクトセンターサービスであり、顧客体験をより良くするために活用できます。 お客様の声により、私達は次のAmazon Connectの展開先を東京リージョンにすることに決めました。東京リージョンで利用可能となると、Amazon Connectの管理画面にて東京リージョンを選択可能となり、Amazon Connectインスタンスが起動できるようになります。Amazon Connectのセットアップ手順については、getting started guideをご覧ください。 東京リージョンでAmazon Connectとともに利用できるサービスとしては、Amazon PollyやAWS Lambdaなどがあります。Amazon Lex※1など、他のリージョンで利用可能なサービスについてはクロスリージョンサポート※2によって利用することが可能です。 ※1 Amazon Lexは2018年10月10日現在では、日本語でのご利用はできません ※2 Amazon Connectと別リージョンにあるAmazon Lexに接続するための機能   Amazon Connectの東京リージョンローンチに向けて既に準備いただいているお客様もいらっしゃいます。一例としてトランスコスモス株式会社はAmazon Connectチームと共に、別のリージョンでPoCを行っていただいています。 またパートナーである株式会社アドバンスト・メディアは、彼らのコールセンターソリューションとAmazon Connectのインテグレーションを我々と進めています。これによって、お客様は彼らが持つ日本語の音声解析技術を利用したソリューションを利用する事ができるようになります。これに加えて、Amazon Connect認定を受けたISVパートナーのサービスもAmazon Connectと組み合わせて東京リージョンでご利用いただくことが可能となります。 現時点でAmazon Connectが稼働しているAWSリージョンはこちらからご覧になれます。Amazon ConnectおよびセルフサービスについてはAmazon Connect websiteをご覧ください。 翻訳は SA 石橋が担当しました。原文はこちらです。  

Read More