20200703_018

ポジション名:クラウドインテリジェンスマネージャー
社歴:約 4 年(インタビュー当時)

 

学校卒業後、日本の電子機器製造メーカーでの製品品質評価の仕事を皮切りに、米国大手コンピュータ企業の日本法人での顧客サービス部門の立ち上げ、大手ソフトウェアメーカーで技術サポートプログラムの開発、導入を経験しました。2005 年に目標のひとつであった米国で働くことが叶い、家族と共に米国シアトルへ移住した後は、主に日本向けの競合案件支援の仕事に従事しました。米国滞在中に自己資金をつぎ込み、仕事を続けながら MBA に挑戦し 2010 年に修了し、その後、同社日本法人の米国オフィス所長になり、事業計画策定、グローバル人材育成プログラムをリードした後、2016 年に AWS に入社しました。

AWS のグローバル本社のあるシアトルを拠点として、事業開発チームのクラウドインテリジェンススペシャリストとして、顧客ニーズ、業界トレンドなどの日本とグローバルとの比較分析、自社サービスと同等他社サービスとの競争力評価を行い、お客様の IT サービス選定時の意思決定をサポートするための営業支援的な業務を行っています。また、お客様の声や、競争力分析からの知見を活かし、日本のお客様の新しいニーズを満たしたものが提供されるようにグローバルの戦略に反映されるように様々なチームと日々やり取りをして、苦労も多いですが充実した日々を送っています。

IT 業界のパラダイムはクラウド型サービスの出現により大きな転換期を迎え始めたのが、2010 年頃でした。その変化の影響を受けて、追従していく会社で仕事するよりも、自らが disruptor になり、変化をリードしていく会社で仕事をすることを考えた場合、道は険しいかもしれないが、もう一度、自分がどこまで通用するか試してみたいという気持ちと、最前線で経験を積むことでさらに成長したいという気持ちが強くなっていました。また、Amazon.com でのショッピング体験、特に返品対応時の現場担当者による素早い対応に感銘を受け、こんな素晴らしいカスタマーサービスを提供している会社が IT サービスを提供しているのなら、IT 業界、世の中をさらに良い方向へ変えられるという可能性を感じて、その一員となって貢献してみたいという気持ちが強くなり、門をたたきました。

クラウドサービスの浸透により、より簡単で、より安価で、場所の制約を受けないワークスタイル、ライフスタイルが実現できるようになると思います。自分は片田舎の裕福でない家庭に生まれ育った体験があるため、社会的弱者と言われている方でもご自身のビジョンの実現を可能にするサービスの開発、提供に関われる仕事が今後もできたら、自分としても満足できる人生になると思います。リタイヤ後は豊かな自然と文化の魅力が高い日本に住んで後進育成など社会に役立ちそうな活動に参加できたら素晴らしいなと思っています。

仕事を通じて成長し、自己実現したい人におすすめです。全員がリーダーであり、現場を重視する考え方、長期的な視点で事業と顧客との関係を考えた戦略、自主性を重んじるリーダーシップスタイル、物事の本質を直視し、議論し、多様な考え方、働き方を受け入れる社風が AWS の強さの原動力であり、魅力だと思っています。グローバルに関わる仕事をして、将来、海外で仕事、生活をしてみたい人にとっても、実現性を高められるポジションの一つだと思います。