20210405_2

ポジション名:データセンター テクニシャン トレーニー

誰もがインターネット経由で実にさまざまなアプリケーションを利用しており、ボタンをクリックするだけであらゆるものにアクセスできますが、IT  技術の仕組みを知る人は多くありません。このチームのことを耳にしたとき、物事を運ぶためにバックグラウンドでカスタマーをサポートする一員として働けたらどんなにすばらしいことかと思いました。ある意味では、ヒーローみたいな存在ですよね。

豊富なサポートに驚きました。チームで IT テクノロジーを学ぶために、マネージャーが書籍を購入してくれることや、実践に向けて各種デバイス(PC、スイッチ、サーバー、ラック)が用意されていることや、成功するために必要なトレーニングを提供してくれる先輩技術者がいることなど、さまざまなサポートを提供していただけました。

はい、私は複数のデータセンターで警備員として働いていたので、データセンターについては知っていました。

私は今、データセンターテクニシャン(サーバーエンジニア)として働いています。プログラムに参加して実地体験を積んだことにより、資料を読んで実践する意欲が湧いてきました。私はセルフスタディから始めて、たくさんの本から学び、そして私のメンターからトレーニングを受けて、あらゆることを教えてもらいました。セッションを見直すときは、各プロトコルの違いを理解し、TCP/UDP の概念を見直すために、手持ちの資料を使って情報を確認しました。このプログラムは、私にすばらしい学習環境を提供してくれました。メンターは、実際に新しいスキルを体験するための手助けをしてくれ、次の目標を特定するための道筋も示してくれました。現在はプログラミングの理解を深めるために Python を学んでいますが、これを活用することで、自分の役割をより果たせるようになると考えています。

IT 分野でのキャリアを成長させることを熱望している方や、データセンター業界を詳しく知りたい方にとって、このプログラムは大変価値のあるものものとなります。IT のハードウェアについての知識が不足していても問題ありません。この役割から学び、キャリアを成長させるためにたくさんのことが得られます。

私はすばらしいチームに恵まれて、常に支えられながら導きを受けて、本当にたくさんのことを教えてもらいました。チーム内ではイニシアチブを取って、自分の持ち味を生かし、自分のやり方で進めることができています。

ジムで体を鍛え、読書を楽しみ、友人や同僚とよく食事に行きます。