AWS-Japan-Final-HI-246

AWS ジャパン 公共部門チームのご紹介

20200706_1

ポジション名:パートナーアライアンスマネージャー
社歴:約 2 年(インタビュー当時)

新卒で外資コンピューターメーカーにプリセールスエンジニアとして入社。当初はミニコン上のシステム提案が中心でしたが、徐々にPCサーバーやクライアント/サーバー系、またインターネットがベースとなるテクノロジを扱うことが増え、ソフトウェアメーカーに転職。そこでは様々な製品やソリューション、また幅広い業種業界の経験を約20年ほど積ませて頂きました。最後の5年間はクラウドベースのソリューションが中心となり、クラウドオンリーのAWSに興味を持つようになりました。AWS転職後はスペシャリスト営業部門に所属しておりましたが、今年になって公共部門に移動し、パートナーアライアンスを担当しております。

公共市場でビジネスをされているパートナー様とのアライアンスを中心に、AWS のご提案や構築の支援を行っています。公共市場といっても省庁、自治体、文教、医療、非営利団体と幅が広いため、それぞれの市場の特性やお客様のニーズに合わせたパートナリングが重要となります。また単なる提案支援のみならず信頼関係の構築からビジネスプラン作成、そして構築時におけるご支援までエンドトゥエンドの活動が必須です。さらには新たにAWSを取り扱って頂くパートナー様もいらっしゃるので、そのリクルーティングやAWSビジネスの立ち上げ支援なども重要な業務となります。

クラウドの導入に拍車がかかっている状況で、最もお客様を大切にするカルチャーと業界でも屈指のクラウドプラットフォーマーであるAWSに魅力を感じました。それまでは多くの商材を取り扱う企業に在籍しておりましたが、クラウドがお客様のビジネス価値をスピーディーに最大化できる企業であると思い、クラウドに特化したAWSに転職を決めました。

パートナーアライアンスの経験はほとんどありませんでしたが、公共市場でも加速度的にクラウド導入の機運が高まっている現在は、多くのお客様にAWSの価値をパートナー様とお届けしたいと考えております。将来的にはパートナー様とAWSの基盤で社会全体、そして国民生活に対して安心安全かつ魅力的なサービスを提供するような、より大きな視点での提案をしていきたいと考えております。