20200622_2

ポジション名:テクニカルアカウントマネージャー
社歴:約 2 年(インタビュー当時)

システム開発会社にて、SE として(金融、保険、通信等等)各種システムの設計・開発に従事したり、既存システムのオープンソース化推進サポート業務に携わっていました。
その後、ゲーム開発会社転職し、ゲームのサーバーサイドの主担当として、ゲームのサーバーサイドの主担当として企画から、インフラ設計・構築、開発、テスト、運用の全フェーズに携わってきました。

テクニカルアカウントマネージャーとして、アカウントマネージャーやソリューションアーキテクトといったアカウントチームと連携しながら、AWS をより効果的に使用していていただくための技術面、運用面での支援をしています。
システムの安定稼働に不安を抱えているお客様がいらっしゃれば、現状の問題点の調査や改善提案を行う等の安定稼働に向けた支援を行いますし、また、コストの増大が懸念事項となっているお客様には、コストの分析や削減できるリソースが無いかを洗い出し、コスト削減の向けた支援を行なっています。
この様に、決まった仕事をこなすというのではなく、お客様が AWS をご利用する上で困ってらっしゃる点を解決するために、
柔軟に動き一緒に問題を解決していける事がテクニカルアカウントマネージャーの仕事の魅力の一つだと思っています。

オープンハウスでのテクニカルアカウントマネージャーの仕事内容の紹介にて
『コストダウンのためにアドバイスをするのも TAM の仕事。
目先の小さな利益ではなく、長期にわたりお客様とより良い信頼関係を築く事を目的にしている。』
という話を聞き、お客様のために、まっすぐな気持ちで仕事ができる希少な職種だと感じた事ががきっかけです。
Amazon がもつ Our Leadership Principles という考え方にも感銘を受け、是非そんな理念をもつ会社で働いてみたいと思いました。
また、その際に比較的時間の自由度の高い職種という話も伺い、私生活において産休育休を経て、量より質の働き方を模索していきたいと考えていたことも重なり入社を決めました。

AWS では多様なキャリアパスがあり、実際にそれを利用されている方もいますが、私は現在の業務にやりがいを感じているため、お客様の課題の解決のためにより良い方法を提案できる様、自身のスキルを磨いていきたいと考えています。

上記の入社のきっかけにも書きましたが、Amazon には Our Leadership Principles という考え方があります。入社後、想像以上に全社員にその理念が浸透していて、それをベースに議論が進められる事に驚き感動しました。もし、この理念に共感してくださる方がいらっしゃいましたら、ご応募お待ちしております。
また、テクニカルアカウントマネージャーは働き方の自由度は高く、客先への訪問以外の業務の多くは在宅で実施する事も可能です。実際、子供の保育園の送り迎えを担当されているテクニカルアカウントマネージャーの方も多数いて、小さいお子さんをお持ちの方でもチャレンジしやすい職種かと思いますので、是非ご応募下さい。