20210604_5

ポジション名:テクニカルトレーナー
社歴:約 1 年 4 ヶ月(インタビュー当時)

過去に研修講師のような職種の経験はありません。前職では、システム開発を受託する企業のシステムエンジニアとして、パブリックセクターのお客様向けに財務会計システムなどバックオフィスのシステムを導入していました。開発業務のほか、プリセールスや導入後のサポートなどシステム導入のプロセス全般に携わりました。会社の業務とは別に、新しい技術を学ぶことを楽しみとして、ネットワークを中心とするインフラ技術、Ruby プログラミング、ウェブ開発、DevOps のプラクティスなど興味の赴くままに知識を深めてきました。そして「これから私は、私自身がやりたいことをやっていく」と心に決めて転職しました。

AWSのエンジニアとして公式トレーニングに登壇し、AWSのテクノロジーをお客様に伝える仕事をしています。AWS のテクニカルトレーナーはトレーニング提供のプロフェッショナルであると同時に、技術に責任を持つエンジニアです。エンジニアがトレーニングを提供するということが、AWSのトレーニングの良いところだと私は考えています。トレーニングを実施する時にいつも考えているのは、受講された方が、AWS の使い方を学習するにとどまらず、課題を解決するための原則から学べるようにすること、そして日常の場へ戻った時に自信を持って実践していただくお手伝いができれば良いなということです。受講したお客様から「面白さに気づいた」「自信がわいた」といった言葉をいただいた時、ご自身の中に何らかの変化を感じられたのだなと嬉しくなります。お客様一人一人の気づきや変化の瞬間に立ち会えることがトレーナーという仕事の魅力です。

「企業や組織がテクノロジーを活用し、関わる人が楽しく働ける世界を作りたい」と思ったからです。その点でAWSのテクニカルトレーナーはまさに私がやりたい仕事でした。私の AWS との出会いは、AWS Well-Architected フレームワークというドキュメントの内容に衝撃を受けたことでした。そこには私がそれまで興味を持ってきた、より良いシステム開発と運用を実現するためのアイデアが満載されていました。「このドキュメントは AWS の利用にとどまらない、システム開発やIT利用に広く活用できるすごいものだ!」と嬉しくなったことを鮮明に覚えています。AWSは多くの技術とベストプラクティスの集合です。そこには個別のサービスを便利に利用するだけにはとどまらない、テクノロジーをもっと活用するアイデアが詰まっています。この AWS の味わい深さを多くの人に知っていただきたい!そう願って日々の仕事に取り組んでいます。

入社時はテクニカルトレーナーの次のステップとして、いずれソリューションアーキテクトに転身し、お客様の問題解決に取り組みたいと考えていました。AWS は社内の異動が活発で、実際にそのようなキャリアを実現している同僚もいます。今私はトレーナーの仕事がとても面白いと感じていて、トレーナーとしてさらに成長したいと思っています。AWS のトレーニングはセキュリティや機械学習、コンテナ技術など幅広いレパートリーを取り揃えています。自分が扱える技術の領域を広げ、それぞれのスキルの専門性を高めて、これからのキャリアの可能性を広げていきたいです。

AWS やクラウドの技術が世界を良くするかもしれないと感じているあなたは、ぜひ、遠慮なく応募してください。AWSは本気で理想を実現しようとする企業です。そのための仲間を求めています。世界の可能性を切り開く仕事に、あなたと一緒に取り組めることを楽しみにしています!