Yukitaka Ohmura 1

名前:大村 幸敬 / Yukitaka Ohmura
ポジション名:マネージャー、テクニカルトレーニング
入社年月:2015 年 10 月


新卒で入った日系システムインテグレータでインフラ系のエンジニア、マネージャーとしてキャリアを積んできました。Linux 黎明期に社内の Linux 推進部門の立ち上げメンバとなったことで、現場で新技術を使いつつ、それを社内に展開するということが多くなったように思います。この一環で社内向けトレーニングの開発や講師なども行いました。エンジニアとしては金融機関向けシステムのインフラ全体を設計・構築したり、自社クラウドサービスの企画立案、開発・構築・運用を行い、ハードウェアからミドルウェア、仮想化やクラウドコントローラーまで各種テクノロジーについて知見を得ることができました。マネージャーとしては 20 名以上のインフラ開発チームを率い、開発工程の標準化などをおこなった他、サービス開発ではスクラムによるアジャイル開発をリードすることも行っています。Linux やオープンソースが好きだったことから、社外の勉強会などにもよく参加しており、今もインフラ系勉強会のスタッフをやっています。


大きく分けて 3 つの仕事をしています。1 つ目は講師としてお客さまにトレーニングを提供すること。2 つ目はトレーニングコンテンツを開発すること。3 つ目はトレーニングチームのマネジメントです。AWS のトレーニングでは単に AWS のサービスを学ぶのではなく、IT システム全体を高い品質でデザインするための原理原則から学んでいきます。そのため、自らの経験も踏まえて解説すること、自ら手を動かして AWS の技術を理解していくことが必要です。

例えば私は DevOps のコースも担当しています。このコースでは私自身がサービス開発で経験した内容と受講者同士の経験を組み合わせ、ディスカッションによってより深い知識を得る内容となっています。こういったコースを実施することは単にテキストを説明するトレーナーでは実施ができないもので、AWS のトレーナーに求められる独特のスキルだと思います。

また、サービスの拡張に伴い、新コースの追加や説明の追加が日常的に行われています。同じことを繰り返し教え続けるのではなく、日々成長する AWS のサービスをキャッチアップし、全体を俯瞰してその位置づけを説明できるようにしなければいけません。大変ではありますが、技術に対する理解も深まりますし、毎日が非常にエキサイティングです。

AWS のトレーニングコンテンツはグローバルで開発しています。グローバルチームの一員としてコース開発に参加することもトレーナーの業務の 1 つです。グローバルコンテンツを日本語にローカライズすることはもちろん、新コース提供のために海外へ出張して他国のトレーナーと意見交換を行うこともあります。日本独自のコンテンツでコースを作ることもあります。

トレーニングチームの成長に伴い、プレイングマネージャーとしてマネジメントも行っています。成長し続ける AWS の中にあって、トレーナーたちが最高のパフォーマンスを出せるよう、他のチームと連携して働きやすい環境を用意していくことも私のミッションです。

自身でクラウドサービスを実施する中で多くの苦労を経験すると同時に、成長を続ける AWS というサービスの素晴らしさを改めて認識しました。また、クラウドの良さを正しく理解し、ビジネスに活用できているエンジニアや企業をもっと増やしたいという思いと、AWS がどのようやって急激に成長するサービスを開発・運用しているのか、その内幕を知りたいという思いから転職を考えました。

イノベーションによって社会にポジティブなインパクトを与える仕事を続けて行きたいと思っています。AWS はイノベーションが企業文化の中心に根差した企業です。今は、AWS の提供するサービスを金融領域に浸透させてゆくことが仕事ですが、将来はグローバルチームとも連携しながら、顧客のニーズを反映させた新しいサービスを構築してゆくことに取り組んでゆきたいと考えています。


アマゾン ウェブ サービス(AWS)概要

Amazon の最新の採用情報を Facebook ページでも随時掲載中。詳しくはこちら »