Yuichi Kumagai 1

名前:熊谷 裕一 / Yuichi Kumagai
ポジション名:Enablement プログラムマネージャー
入社年月:2016 年 5 月


新卒で国産コンピュータメーカーに就職し、海外顧客向けの製品マニュアル開発に携わりました。その後、外資系コンピュータメーカーに移り、製品トレーニングに関する企画やマーケティングに従事しました。そのトレーニング部門が分社・独立した IT トレーニング専業の会社に移った際、AWS のトレーニングに出会い、AWS のトレーニングパートナーとして AWS  のトレーニングをお客様に提供することも、その会社のビジネスのひとつの柱になっていました。


トレーニングサービス本部で社員向け及びパートナー向けのトレーニングのプログラムマネージャーを担当しています。AWS には毎月多くの方が入社されますので、1 日も早く AWS の文化や仕事の進め方に慣れて独り立ちすることが求められています。その立ち上がりを支援するのが社員向けトレーニングの主眼です。また、AWS では新しいサービスがどんどん増えていますので、セールスの方が新しいサービスを提案できるようになるためのトレーニングも必要です。そういった様々なトレーニングをセールスや事業開発、ソリューションアーキテクト、サポート等、社内の他部署の協力を得て企画し実施しています。また、パートナー向けのトレーニングプログラムは、グローバルのチームが開発した標準のものがあるため、これをローカライズしてアライアンスパートナーチームと一緒に、日本のパートナー向けに提供しています。

前職で AWS トレーニング・ビジネスを担当する中で、AWS 先陣を切って創り出したクラウドに、多くの企業が舵を切り始めていることを実感していました。その新しい潮流を創り出した側である AWS に飛び込んで、新しいキャリアを積むことに魅力を感じました。

AWS が成長を続けるために、社員やパートナーが最新の知識を身に付け、お客様に多くのサービスを提案できるようになる必要があります。本社が主導する様々なトレーニングプログラムを日本でも即座に提供できる仕組みや環境を作ることは、言語の障害もありとてもチャレンジングです。グローバルのチームと密にコミュニケーションをとりながら日本のチームを巻き込んでプロジェクトを進めることは苦労も多い分、完遂したときの喜びはひとしおです。この分野を専任で担当するのは日本では私が初めてなので、責任と期待を痛感しています。


アマゾン ウェブ サービス(AWS)概要

Amazon の最新の採用情報を Facebook ページでも随時掲載中。詳しくはこちら »