新しいコードを作成しなくても、追加コストなしで、カスタマイズされた動的なウェブコンテンツを配信

Amazon Elastic Load Balancing (ELB) や Amazon EC2 インスタンスからインターネット上のエンドユーザに直接ウェブアプリケーションや API などの動的コンテンツを配信している場合は、Amazon CloudFront をコンテンツ配信ネットワークとして使用することでコンテンツのパフォーマンス、可用性、セキュリティを向上させることができます。Amazon CloudFront を使用すると、エンドユーザーの接続が近くにある CloudFront の場所で終了するため、接続を確立するために必要な全体的な往復時間が短縮されます。これらの CloudFront ロケーションは、耐障害性の高い Amazon Backbone Network に接続され、AWS 起点への接続に優れたパフォーマンスと可用性を提供します。さらに、原点への永続 TCP 接続の他に、Session チケットや OCSP ステープルといった SSL 拡張など、さまざまな他の最適化機能は、キャッシュ不可能な動的コンテンツのパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

CDN による動的コンテンツ配信のユースケース

アプリケーション開発、API、IoT、テレメトリ

デバイスからのインバウンドデータや API コールにとって、短いバースト的なリクエストの応答性および信頼性は、実際の相互作用およびデバイス動作の具合に影響を及ぼす可能性があります。さらに、応答やアクションを処理するためにクラウドリソースに低レイテンシー接続を行う必要がある音声アシスタント、スマートホームなどの新手のアプリケーションは、デバイスが一時的、混雑、または中断の多い接続上にデプロイされる場合に特に、CDN によるトランザクションの高速化の恩恵を受けることができます。

導入事例: Slack、Amazon CloudFront を使用して API の高速化をセキュアに実現

 Slack が Amazon CloudFront を使用して API セキュリティをどのように改善して約 300ms の応答時間短縮を実現しました。世界中から Slack.com へ接続する際の平均待ち時間は 90ms から 15ms に短縮されました。チームは Amazon CloudFront を使用して API をグローバルに高速化します。これにより、エッジでさまざまなセキュリティ対策を柔軟に適用できます。

Slack、Amazon CloudFront を使用して API の高速化をセキュアに行うことについて語る (14:56)
Retail/e-commerce/travel

これらのアプリケーションは高度にパーソナライズされており (例: 推奨事項)、動的に変化しています (例: 在庫、価格など)。検索とブラウズにより製品を迅速に発見することは非常に重要です。この例にあげたアプリケーション向けのパフォーマンスが向上すると、収益やエンドユーザーのローヤリティに直接結び付きます。Amazon Cloudfront の動的コンテンツプロファイルとトランザクションの最適な高速化により、これらのアプリケーションは高い需要のもとで十分に機能します。Cookie とクエリーストリングの処理、キャッシュキーの変更、CDN とクライアントサイドのキャッシュ制御のための広範なオプションにより、キャッシュされるコンテンツや、オリジンから直接得られるものを最大限に活用できます。

広告

ターゲット広告は Cookie またはクエリ文字列データに基づき、オンザフライベースで計算されます。通常、広告主は、レイテンシーの短い広告配信を必要とします。Amazon CloudFront は、クライアントから広告サーバーへの広告ターゲティングコールを高速化し、広告クリエイティブをキャッシュおよび配信したり、レポートビーコンコールを最適化したりすることにより、そのようなアプリケーションのパフォーマンスおよびパーソナライゼーションのニーズを満たすのに役立ちます。

ニュース、スポーツ、地域情報、天気

このタイプのウェブアプリケーションは、多くの場合、エンドユーザー向けのカスタマイズされたコンテンツの地理的な要素に焦点を当てています。コンテンツのタイプにより、エッジロケーションに対してさまざまな長さでコンテンツをキャッシュできます。例えば、1 時間ごとに更新される情報は最大 1 時間キャッシュし、緊急警報などは数秒間のみキャッシュすることで、エンドユーザーに対して常に最新の情報を提供できます。コンテンツ配信ネットワークは、記事、動的地図タイル、オーバーレイ、予測、緊急ニュースやアラートティッカーなどのニュースや天気、それにビデオといった一般的なタイプのエクスペリエンスを提供するための優れたプラットフォームです。

導入事例: Earth Networks、Amazon CloudFront を使用してユーザーエクスペリエンスをカスタマイズ

Earth Networks は消費者および企業に、天気と大気のデータを提供しています。数百万のユーザーがこの会社の WeatherBug 製品に頼っており、それらの製品には、モバイルアプリとデスクトップアプリケーション、ウエブサイト www.weatherbug.com があります。

Earth Networks は、きわめて小さいレイテンシーと優れた応答時間で、ユーザーに動的かつパーソナライズされたウェブベースのコンテンツを迅速に提供できるように、CDN を使用しています。具体的には、ほぼリアルタイムでローカル情報をエンドユーザーに提供できる必要があり、Time to Live、クエリ文字列、Cookie 情報などを調整でき、そのすべての情報をオリジンに戻して、ユーザーが必要なものだけをプルできるようにする CDN が必要です。

Earth Networks の AWS - CloudFront 成功事例 (4:18)
モバイルアプリケーション

Amazon Cloudfront は、モバイルアプリケーションやウェブサイトに多数の利点をもたらします。デバイス検出の実行からデバイスの特性別のキャッシング、さらに Lambda@Edge と連携した画像の最適化まで、Cloudfront は視覚的な経験を保持しながら配信されるバイトを減らすことで応答性を高め、コストを削減できます。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
Amazon CloudFront の料金の詳細

AWS 無料利用枠の一環として、Amazon CloudFront を無料で開始していただけます。サインアップすると、AWS の新規お客様は、50 GB のデータ送信 (アウト) と 2,000,000 件の HTTP および HTTPS リクエストを毎月 1 年間利用できます。

詳細はこちら 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
AWS で構築を開始する

入門ガイドの説明に従えば、わずか数クリックで最初の Amazon CloudFront ディストリビューションを開始できます。

開始する