AWS CodeArtifact

ソフトウェア開発のためのセキュアかつスケーラブルでコスト効率性に優れたパッケージ管理

2GB/月のストレージを獲得

アカウント間でアーティファクトを保存および共有し、チームとビルドシステムに適切なレベルのアクセス権を付与します。

フルマネージド型サービスを使用して、アーティファクトサーバーまたはインフラストラクチャのセットアップとメンテナンスのオーバーヘッドを削減します。

従量制料金では、保存されているソフトウェアパッケージ、行われたリクエスト数、リージョン外に転送されたデータに対してのみお支払いいただきます。

仕組み

CodeArtifact を使用すると、一般的なパッケージマネージャーやビルドツールを使用してアーティファクトを保存し、Maven、Gradle、npm、Yarn、Twine、pip、NuGet、SwiftPM などのツールを構築できます。CodeArtifact は、パブリックパッケージリポジトリからオンデマンドでソフトウェアパッケージを自動的にフェッチできるため、アプリケーションの依存関係の最新バージョンにアクセスできます。

この図では、AWS CodeArtifact がパブリックアーティファクトリポジトリからアプリケーションの依存関係を取得し、組織内のアカウント間のアクセスとポリシーを管理し、AWS CodeBuild がアーティファクトをリポジトリに発行している間にアプリケーションの依存関係をプルできるようにする方法を示しています。
AWS でアプリケーションを迅速に構築、配信、スケールするための統合ソフトウェア開発サービスである Amazon CodeCatalyst をご覧ください。
Amazon CodeCatalyst の詳細はこちら>>

ユースケース

オンデマンドでソフトウェアパッケージを取得する

npm Registry、Maven Central、Python Package Index (PyPI)、NuGet などのパブリックリポジトリからフェッチするように CodeArtifact を設定します。

パッケージを公開および共有する

中心的な組織リポジトリに公開することで、組織全体でプライベートパッケージを安全に共有します。

パッケージを承認し、使用状況を監査する

CodeArtifact API と Amazon EventBridge を使用して自動承認ワークフローを構築し、AWS CloudTrail を使用してパッケージの可視性を高めます。

自動構築でパッケージを使用および公開する

AWS CodeBuild で CodeArtifact から依存関係を取得し、IAM で保護されたプライベートパッケージの新しいバージョンを公開します。

最初に行うべきこと

ドキュメントを詳しく見る

AWS CodeArtifact の詳細はこちら。

アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスする。

CodeArtifact の使用を開始する

AWS マネジメントコンソールで CodeArtifact を使った構築を始めましょう。


AWS の詳細を見る