Amazon Cognito の場合、お支払いいただくのは実際に使用した分のみです。最低料金や前払いの義務は発生しません。Amazon Cognito では ID 管理やデータの同期に課金され、次に示す機能に料金が請求されます。

Cognito ユーザープール

ユーザープールを作成する Cognito Identity を使用している場合、月間アクティブユーザー (MAU) のみに基づいてお支払いいただきます。その暦月に、サインアップ、サインイン、トークンの更新またはパスワードの変更など、当該ユーザーに関わる ID 操作が発生した場合、そのユーザーは MAU としてカウントされます。後続のセッションに関して、またはその暦月の非アクティブなユーザーに関しては課金されません。

ユーザープールからの認証情報で直接サインインするユーザーと、SAML フェデレーションを介してエンタープライズディレクトリからサインインするユーザーには、別々の料金表が用意されています。

Cognito ユーザープール機能には、Cognito ユーザープールに直接サインインするユーザーの場合は 50,000 MAU、SAML 2.0 ベースの ID プロバイダーを介してフェデレーションされたユーザーの場合は 50 MAU の無料利用枠があります。無料利用枠は、12 か月間の AWS 無料利用枠の期間が終了しても自動的に期限切れになることはありません。既存および新規の AWS のお客様は、無期限にご利用いただけます。

ユーザープールの認証情報、または社会的アイデンティティーのプロバイダーで直接サインインするユーザー:

ユーザープールからの認証情報または Google、Facebook、Amazon などの社会的アイデンティティーのプロバイダーで直接サインインするユーザーには、下の表に示すように無料利用枠を超えた、使用量に応じた MAU の料金範囲があります。

 

料金範囲 (MAU) MAU あたりの料金
最初の 50,000 無料
次の 50,000 0.00550 USD
次の 900,000 0.00460 USD
次の 9,000,000 0.00325 USD
10,000,000 超 0.00250 USD

SAML フェデレーションを使用してサインインするユーザー:

SAML フェデレーションを使用してサインインするユーザーの場合、50 MAU の無料利用枠を超える MAU の料金は 0.45 USD となります。ユーザー数が 10,000 ユーザー以上の場合は、カスタム料金についてお問い合わせください。

高度なセキュリティ機能 (ベータ)

Amazon Cognito に対して高度なセキュリティ機能を有効にすると、下の表に示すように月間アクティブユーザーに対して追加料金がかかります。

料金範囲 (MAU) MAU あたりの料金
最初の 50,000 0.050 USD
次の 50,000 0.035 USD
次の 900,000 0.020 USD
次の 9,000,000 0.015 USD
10,000,000 超 0.010 USD

Amazon Cognito の高度なセキュリティ機能に対する料金は、アクティブなユーザーへの基本料金に上乗せされます。例えば、月間 100,000 人のアクティブユーザーのいるユーザープールに対してこれらの高度なセキュリティ機能を有効にすると、月間請求高はアクティブユーザーに対する基本料金 275 USD(50,000 人の無料利用枠を超える MU あたり 0.0055 USD) に、高度なセキュリティ機能に対する 4,250 USD(最初の 50,000 人に対する MAU あたり 0.05 USD に加えて、次の50,000 人に対する MAU あたり 0.035 USD) を加え、合計 4,525 USD となります。

Amazon Cognito に対する高度なセキュリティ機能は、ベータとして米国東部 (バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (オレゴン)、欧州 (フランクフルト)、欧州 (アイルランド)、欧州 (ロンドン) 地域でご利用いただけます。

Multi-Factor Authentication の SMS メッセージ

Multi-Factor Authentication (MFA) や電話番号の検証のために SMS メッセージを送信する場合、別料金が発生します。Amazon Cognito は Amazon Simple Notification Service (SNS) を使って SMS メッセージを送信します。Amazon SNS の料金を参照してください。

ユーザーの認証とユニークアイデンティティーの付与にフェデレーテッドアイデンティティー機能を使用しても、料金は発生しません。

既存のユーザーディレクトリを Cognito ユーザープールに移行する:

既存のユーザーディレクトリを Amazon Cognito に移行することに関心を持つお客様は、お問い合わせにご連絡ください。ご利用いただけるインセンティブ、支援プログラム、サポートなどの移行オプションについてご案内いたします。

既に多くの組織でユーザー ID、認証、アクセス許可を管理するためのインフラストラクチャが使用されていますが、これらのシステムを維持およびサポートし、進化するセキュリティプラクティスに応じて最新の状態を保つには、コストと時間がかかります。

その結果、多くの組織ではクラウドベースのサービスを利用してこれらの既存のシステムを置き換えることが検討されています。また、負荷のかかる作業を管理し、ビジネス運営への注力を支援する AWS クラウドへの移行に関するガイダンスや支援が求められています。


Cognito Sync

同期料金は、Amazon Cognito 同期ストアに保存されたデータの合計量と同期オペレーションの実行回数によって決まります。同期オペレーションでは、デバイスにあるローカルのデータストアとクラウド内の Amazon Cognito 同期ストアが比較され、これら 2 つのデータストアが同期されます。AWS 無料利用枠の一部として、対象となる AWS のお客様は、最初の 12 か月間、1 か月につき 10 GB のクラウド同期ストア容量と 100 万回の同期オペレーションをご利用いただけます。

Amazon Cognito で無料利用枠を超えた分については、アジアパシフィック (東京) 以外のすべての AWS リージョンで、同期オペレーション 1 万回につき 0.15 USD、同期ストアの容量 1 GB につき毎月 0.15 USD が請求されます。アジアパシフィック (東京) では、無料利用枠を超えた分について、同期オペレーション 1 万回につき 0.19 USD、同期ストアの容量 1 GB につき毎月 0.19 USD が請求されます。 プッシュ同期が有効になっている場合、Amazon SNS 標準料金が適用されます。

ご不明な点がありましたら、フォーラムでお問い合わせください。

安全、スケーラブル、数分以内にサインアップ。

始める準備はできましたか?