Cognito 開発者用のリソースへようこそ。ここでは、アプリケーションで再利用可能なコード例を使用して、特定のタスクを遂行する方法について説明している技術資料が用意されています。以下にある最初の一連のガイドでは、Cognito ユーザープール、フェデレーティッドアイデンティティ、同期開発の基本について説明しています。Cognito を始めてご利用になる場合、まず「最初のプロジェクトを作成する」から開始してください。

最初のプロジェクトを作成する

Cognito ユーザープール:

Amazon Cognito ユーザープールを使用すれば、ユーザーディレクトリの作成および維持や、認証、許可、リソースへのアクセスやコントロールのためのモバイルアプリケーションやウェブアプリケーションへのサインアップ (ユーザーオンボーディング) やサインインの追加が簡単に行えます。

Cognito Sync:

Amazon Cognito Sync を使用して、デバイス間でユーザープロファイルとデータの進行状況を同期できるため、ユーザーはデバイスの変更時に中断されたところから作業を再開できます。

Cognito フェデレーティッドアイデンティティ:

Amazon Cognito フェデレーティッドアイデンティティを使用することにより、SAML を使用して Facebook や Google といったソーシャル ID プロバイダーまたはコーポレート ID プロバイダーからユーザーにサインインしてもらうことや、バックエンドリソースへのアクセスを制御することができます。

twitter_amazon-workspaces_launches-value-bundle_orange

ドキュメント、SDK、サンプルアプリ

Cognito フェデレーティッドアイデンティティ:

低レベル API:

アプリケーション内で Amazon Cognito のすべての機能を統合するためには、高レベルのモバイルおよび JavaScript SDK のほかに、次の AWS SDK で提供される低レベルの API も使用することができます。

オンラインビデオ

AWS re:Invent 2017: Implement User On-boarding, Sign-Up, & Sign-In for Web & Mobile Apps (MBL305)
AWS re:Invent 2017: Identity Management for Your Users & Apps: Deep Dive on Amazon Cognito (SID332)
AWS re:Invent 2017: Serverless Authentication and Authorization (SRV403)
AWS re:Invent 2017: Building Hybrid and Web apps using JavaScript with AWS Mobile (MBL310)
Live Coding with AWS: API Authentication with Amazon Cognito
AWS re:Invent 2017: Analytics, Authentication and Data with JavaScript: AWS Amplify (MBL403)

安全、スケーラブル、数分以内にサインアップ。

始める準備はできましたか?