CISPE

概要

CISPEAWS

CISPE (Cloud Infrastructure Services Providers in Europe) は、ヨーロッパの数百万の顧客にサービスを提供するクラウドコンピューティングのリーダーの連合体です。CISPE は、French Data Protection Authority (CNIL) と共同で策定されました。CISPE Data Protection Code of Conduct (CISPE Code) は、クラウドインフラストラクチャサービスに重点を置いた最初の汎欧州のデータ保護に関する行動規範です。CISPE コードは、欧州データ保護委員会によって支持され、CNIL によって承認されています。

CISPE Code は、クラウドインフラストラクチャサービスプロバイダーが一般データ保護規則 (GDPR) へのコンプライアンスを実証し、お客様のデータを保護するための適切な運用を保証することをお客様が確信するのに役立ちます。

また、CISPE Code は、GDPR へのコンプライアンスにとどまらず、クラウドインフラストラクチャサービスプロバイダーに対し、顧客データ (すなわち、クラウドインフラストラクチャサービスを利用する顧客に代わって処理されるあらゆる個人データ) を完全に欧州経済領域内において、保存および処理するサービスを選択できるようにすることを求めています。また、クラウドインフラストラクチャサービスプロバイダーは、宣言されたサービスを提供そして維持する必要がある場合を除き、独自の目的、とりわけデータのマイニング、プロファイリング、ダイレクトマーケティングなどの目的で顧客のデータにアクセスしたりそれを使用したりしないことを約束する義務があります。

 

compliance-contactus-icon
ご質問がありますか? AWS のビジネス担当者と連絡を取る
コンプライアンスの役割について調べますか?
今すぐご登録ください »
AWS コンプライアンスの更新情報をお探しですか?
Twitter でフォローしてください »