インフラストラクチャー・レイヤー

インフラストラクチャー・レイヤーには、データセンターの建屋、各種機械、およびそれらの運用に係るシステムが存在します。電力ジェネレーターや冷却暖房換気空調設備、消火設備等といった機会や設備は、すべてインフラストラクチャー・レイヤーに含まれます。これらの機械や設備はサーバーを保護するために重要な働きをすることになりますが、究極的にはお客様のデータ保護することに役立っています。当社データセンターのインフラストラクチャー・レイヤー内にデプロイされているセキュリティ対策の詳細は、下記よりご確認ください。

インフラストラクチャー・レイヤー

レイヤーごとのアクセスレビュー

他のレイヤーと同じように、インフラストラクチャー・レイヤーへのアクセスは業務ニーズに基づくように制限されています。レイヤーごとのアクセス確認が実装され、各レイヤーに立ち入る権限については、デフォルトでは付与されません。特定のレイヤーに立ち入る具体的なニーズがある場合のみ、そのレイヤーへの限定したアクセスが許可されます。

装置の保守点検は日常業務の一環

AWS チームは、マシン、ネットワーク、およびバックアップ装置に対する診断を実行し、常時および緊急時に正常に稼働していることを確認しています。データセンターの装置およびユーティリティに対する日常保守点検は、日常業務の一環です。

緊急時に備えたバックアップ装置

水道、電気、通信、インターネット接続は、冗長性を持つよう設計されており、緊急時に中断しないように構築されています。電気系統は完全な冗長設計になっているため、停電の際は無停電電源装置から特定の機能に電力が供給され、発電機から施設全体に非常用電力が供給されます。チームおよびシステムは、温度と湿度を監視して制御することで、過熱を防止し、サービス停止が起こらないようにします。