Amazon EMR ならば、お支払いいただくのは実際に使用した分だけです。

料金は、ジョブフロー内の Amazon EC2 インスタンスの数とタイプ、およびジョブフローを実行した時間の長さによって決まります。MapR で Amazon EMR を利用する場合は、EC2 および S3 の使用料に追加料金が加算されます。


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら

料金が発生するのは、ジョブフローの処理が開始した時点から終了までです。1 時間未満の端数は切り上げとなります。

上記の Amazon EC2 料金は、オンデマンドインスタンスのものです。オンデマンドインスタンスは最も高額ですが、最も柔軟性に優れています。EC2 には他にも、リザーブドインスタンスとスポットインスタンスがあります。

  • リザーブドインスタンスでは、予約したい各インスタンスに対して、低額の予約金を支払い、そのインスタンスの時間当たりの使用料金について、大幅な割引を受けることができます。リザーブドインスタンスには 3 つのタイプ(軽度使用、中度使用、重度使用)があるため、先払いする金額と実際の時間当たり価格とのバランスを取ることができます。
  • スポットインスタンスにより、使用されていない Amazon EC2 リソースに値段をつけることができます。インスタンスはスポット料金で課金されます。これは Amazon EC2 によって設定され、スポットインスタンス容量に対する需要と供給に応じて、定期的に変動します。スポットインスタンスを使用するには、インスタンス時間当たり、いくらまで支払えるかをお客様が指定します。お客様の上限価格が現在のスポット価格を超過する場合は、リクエストが約定され、インスタンスの稼働はお客様がインスタンスを終了させるか、スポット価格がお客様の上限価格を超過するまで(いずれか早い方の時点まで)続きます。

「Amazon EMR とスポットインスタンスを組み合わせた結果、プロトタイプ作成が容易になり、スケーリングのコスト効果が驚くほど向上しました。当社のデータ処理コストは 50% 以上削減されました」– Fliptop エンジニアリング担当 VP

リザーブドインスタンスとスポットインスタンスの詳細および最新の料金表については、Amazon EC2 料金表のページをご覧ください。

Amazon S3 の料金は、別に請求されます。(多くのお客様は、入力および出力のデータを S3 に格納しており、その他のお客様はすべてのデータをローカルの HDFS に格納しています)現時点では、10 TB 分のデータを低冗長性で S3 に保管する場合の料金は 1 か月当たり 668 USD です。保管するデータが増えると、GB 当たりの月間料金は低下します。

Amazon SimpleDB も、料金は別に請求されます。(当てはまるのは、ジョブフローのデバッグを有効にした場合のみです)

AWS 簡易見積りツールを使うと、請求額の見積もりを計算できます。