テープメディアの管理、メディアのコスト、サードパーティのオフサイト契約、膨大な量のデータ増大といった要因により、多くの組織にとってテープによるバックアップは大きな課題となっています。AWS Storage Gateway サービスでは、テープゲートウェイ機能が提供されているので、物理的なバックアップテープの代替として、既存のバックアッププロセスとシームレスに組み合わせることができます。これにより、ディスクのローカルでのパフォーマンス、低コストで高度にスケーラブルなクラウドバックエンドを使用し、既存システムの中断を最低限に抑えることができます。

Replace_Tape_Backup_Diagram
実装ガイドを使用して今すぐ始める

以下の内容を実行します。

テープゲートウェイ用にローカルストレージを持つ仮想ホストをプロビジョニングする

ゲートウェイの仮想テープライブラリに仮想テープを作成する。 仮想テープは Amazon S3 に保存され、VTL インターフェイスを介してバックアップソフトウェアからアクセスできます。これにより、既存のシステムとプロセスの中断を最低限に抑えながら、テープとテープオートメーションの代わりに、クラウドをバックアップターゲットとして使用し始めることができます。

既存のバックアップソフトウェアを使用して、仮想テープへデータをバックアップする。 テープゲートウェイが提供するクラウドへのバックアップでは、既存のソフトウェアライセンスへの投資、バックアップジョブ、カタログなどはそのまま維持できます。

長期間のアーカイブ保存にかかるコストの削減 を、Amazon S3 Glacier と Amazon S3 Glacier Deep Archive により実現してください。.既存のバックアップソフトウェアにより、仮想テープを Amazon S3 Glacier か Amazon S3 Glacier Deep Archive に移動することで、さらなるコスト削減が行えます。 

開始する前に以下の準備が必要です。

AWS アカウント: AWS Storage Gateway をダウンロードし、VTL と仮想テープを作成するために、AWS アカウントが必要です。AWS へのサインアップ

ハイパーバイザーとホスト: 最もシンプルなアプローチは、Storage Gateway をオンプレミスの仮想マシン (VM) として稼働させることです。詳細については、サポートされているハイパーバイザーとホストの要件の一覧をご参照ください。

ジョブとカタログを管理するための、サードパーティによる既存のバックアップソフトウェア。詳細については、「テープゲートウェイ でサポートされているサードパーティーのバックアップアプリケーション」をご参照ください。

スキルレベル: ストレージとバックアップのテクノロジー、ネットワーキング、仮想化、バックアップツール、テープソリューションについての経験を有していることが推奨されますが、必須ではありません。

AWS での経験: Amazon S3、Amazon S3 Glacier、Amazon S3 Glacier Deep Archive での作業経験は一切必要ありません。

費用の見積もり

料金は、使用するストレージのタイプと容量、リクエストの回数、および AWS の外に転送されるデータ量に基づいて請求されます。S3 に保存されているテープと Glacier にアーカイブされているテープにはデータストレージの月額料金がかかります。

使用するサービスとそのコストの明細については「使用するサービスとコスト」をご参照ください。


AWS パートナーと協力して、お客様のクラウド環境およびオンプレミス環境全体にシームレスなストレージを作成します。

AWS Storage Gateway など AWS クラウドによってバックアップとリカバリを管理する複数の方法をご覧ください。

AWS との間でのデータの移動を始めるためにもっとリソースが必要ですか? リソースセンターから、AWS の使用を開始するのに役立つ補完サービスの概要、動画、ホワイトペーパーを入手できます。

使用パターン、パフォーマンス、堅牢性と可用性、スケーラビリティと伸縮性、セキュリティ、インターフェイス、コストモデルなど、AWS クラウドで使用できるさまざまなストレージサービスとその機能についてご覧ください。