AWS CLI を使用して Amazon S3 に保存 

このチュートリアルでは、AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用した Amazon S3 へのアクセスについて説明します。これにより、ファイルをクラウドにバックアップするスクリプトを簡単に作成し、必要なときに取り出すことができます。これにより、バックアッププロセスの自動化をより速く、より高い信頼性で、よりプログラム化された方法で行えます。この情報は、バックアップを実行するためのスケジュールタスクまたは cron ジョブを構築するために役立ちます。

: このチュートリアルは、Amazon S3 へのファイルのバックアップチュートリアルの概念を基に構成されています。そのチュートリアルをまだ行っていない場合、まずそのチュートリアルを先に修了しましょう。

AWS でファイルを保存するにはアカウントが必要です

まずは無料で始める »
AWS アカウント作成の流れはこちら »

AWS の無料利用枠には Amazon S3 のストレージ 5 GB、20,000 Get リクエスト、2,000 Put リクエストが含まれます。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

 

このステップでは、IAM サービスを使用して、管理者権限でユーザーアカウントを作成します。後のステップでは、このユーザーアカウントを使用して、AWS CLI を使って AWS サービスに安全にアクセスします。


a.  ここをクリックすると、AWS マネジメントコンソールが新しいブラウザウィンドウで開くため、このステップバイステップガイドを開いたままで操作できます。この画面が読み込まれたら、ユーザー名とパスワードを入力して、作業を開始します。検索バーに「IAM」と入力し、IAM を選択して Identity and Access Management ダッシュボードを開きます。

TMT_S3-CLI_00

(拡大イメージを見る)

TMT_S3-CLI_00

b.b. AWS Identity and Access Management ダッシュボードで、左側の [Users] をクリックします。

TMT_S3-CLI_01

(拡大イメージを見る)

TMT_S3-CLI_01

c.[Add user] ボタンをクリックします。

TMT_S3-CLI_02

(クリックすると拡大表示されます)

TMT_S3-CLI_02

d.[User name:] の隣のテキストボックスにユーザー名を入力し (この例では「AWS_Admin」を使用します)、Select AWS Access Type セクションで [Programmatic access] を選択します。[Next: Permissions] ボタンをクリックします。

TMT_S3-CLI_03

(クリックすると拡大表示されます)

TMT_S3-CLI_03

e.[Attach existing policies directly] オプションをクリックします。[AdministratorAccess] を選択し、[Next: Review] をクリックします。 

TMT_S3-CLI_04

(クリックすると拡大表示されます)

TMT_S3-CLI_04

f.[Create user] をクリックします。

TMT_S3-CLI_05

(クリックすると拡大表示されます)

TMT_S3-CLI_05

g. [Download Credentials] ボタンをクリックし、credentials.csv ファイルを安全な場所に保存します (ステップ 3 で必要です)。その後、[Close] ボタンをクリックします。

TMT_S3-CLI_06

(クリックすると拡大表示されます)

TMT_S3-CLI_06

IAM ユーザーに続いて、AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) のインストールが必要です。以下の手順は、使用するオペレーティングシステムに基づいています。ご使用のオペレーティングシステムに対応したタブを選択してください。

Windows ベースのコンピューターをご使用の場合、下のタブから [PC] を選択します。

OS X または Linux が動作するコンピューターをご使用の場合、下のタブから [Mac/Linux] を選択します。

  • PC

     

    a.Windows インストーラーをダウンロードし、実行します (64 ビット32 ビット)。

    : Windows Server 2008 v6.0.6002 のユーザーは、こちらに示されているインストール方法を使用する必要があります。


    b.コマンドプロンプトを開きます。Windows キー + R キーを押して [ファイル名を指定して実行] ボックスを開き、「cmd」 と入力してから [OK] ボタンをクリックします。

    Getting-Started-S3-CLI-Run-Win

    (クリックすると拡大表示されます)

    Getting-Started-S3-CLI-Run-Win

    c.「aws configure」と入力してから Enter キーを押します。プロンプトに従って、以下の内容を入力します。

    AWS Access Key ID [None]: ステップ 1 パート d でダウンロードした credentials.csv ファイルのアクセスキー ID を入力します。

    : AKIAPWINCOKAO3U4FWTN のような値です。

    AWS Secret Access Key [None]: ステップ 1 パート d でダウンロードした credentials.csv file のシークレットアクセスキーを入力します。

    : 5dqQFBaGuPNf5z7NhFrgou4V5JJNaWPy1XFzBfX3 のような値です。

    Default region name [None]: 「us-east-1」と入力します。

    Default output format [None]: 「json」と入力します。

    Getting-Started-S3-CLI-Config-Win

    (クリックすると拡大表示されます)

    Getting-Started-S3-CLI-Config-Win
  • Mac/Linux

     

    a.AWS CLI バンドルインストーラーのインストールは、こちらの手順に従います。


    b.OS X ユーザー: Command + Space キー を押してターミナルウィンドウを開き、検索ウィンドウに「terminal」と入力します。その後、Enter キーを押してターミナルウィンドウを開きます。

    Linux ユーザー: ターミナルウィンドウを開きます。

    Getting-Started-CLI-OSX1

    (クリックすると拡大表示されます)

    Getting-Started-CLI-OSX1

    c.「aws configure」と入力してから Enter キーを押します。プロンプトに従って、以下の内容を入力します。

    AWS Access Key ID [None]: ステップ 1 パート d でダウンロードした credentials.csv ファイルのアクセスキー ID を入力します。

    : AKIAPWINCOKAO3U4FWTN のような値です。

    AWS Secret Access Key [None]: ステップ 1 パート d でダウンロードした credentials.csv file のシークレットアクセスキーを入力します。

    : 5dqQFBaGuPNf5z7NhFrgou4V5JJNaWPy1XFzBfX3 のような値です。

    Default region name [None]:us-east-1」と入力します。

    Default output format [None]:json」と入力します。

    Getting-Started-CLI-Config-OSX

    (クリックすると拡大表示されます)

    Getting-Started-CLI-Config-OSX

このステップでは、AWS CLI を使用して S3 でバケットを作成し、ファイルをバケットにコピーします。


a.使用予定のバケットを作成済みの場合、バケット作成は省略できます。my-first-backup-bucket という名前の新しいバケットを作成する場合は以下のように入力します。

aws s3 mb s3://my-first-backup-bucket

注: バケットの名前付けにはいくつかの制限があります。そのうちの 1 つは、バケット名はグローバルに一意なものとするということです (つまり、2 人の AWS ユーザーが同じ名前のバケット名を所有することはできません)。このため、上のコマンドを試行すると BucketAlreadyExists エラーが発生します。

Getting-Started-S3-Create-Buscket-OSX

(クリックすると拡大表示されます)

Getting-Started-S3-Create-Buscket-OSX

b.ローカルディレクトリ (C:\users) の my-first-backup.bak ファイルを S3 のバケット my first-backup-bucket にアップロードする場合、次のコマンドを使用します。

aws s3 cp “C:\users\my first backup.bak” s3://my-first-backup-bucket/

ファイル名にスペースが含まれていなければ元の構文を使用できます。

Getting-Started-S3-Upload-OSX

(拡大イメージを見る)

Getting-Started-S3-Upload-OSX

c.my-first-backup.bak を S3 からローカルディレクトリにダウンロードする場合、次のようにコマンドの順番を逆にします。

aws s3 cp s3://my-first-backup-bucket/my-first-backup.bak ./
Getting-Started-S3-Restore-OSX

(拡大イメージを見る)

Getting-Started-S3-Restore-OSX

d.my-first-backup.bakmy-first-backup-bucket バケットから削除する場合、次のコマンドを使用します。

aws s3 rm s3://my-first-backup-bucket/my-first-backup.bak
Getting-Started-S3-Delete-OSX

(拡大イメージを見る)

Getting-Started-S3-Delete-OSX

おめでとうございます。 IAM ユーザーをセットアップし、AWS コマンドラインインターフェイス使用のためにコンピューターを設定できました。クラウドからファイルの作成、コピー、取得、および削除を行う方法についても学びました。次のチュートリアルでは、既存の Veeam、Symantec Backup Exec、Microsoft System Center 2012 Data Protection Manager、その他のバックアッププログラムにおけるファイルのバックアップに使用する仮想テープドライブのセットアップ方法について説明します。

仮想テープライブラリを作成し既存のバックアップソフトウェアと連携させる方法 »


はい
いいえ