全般

Q:AWS Ground Station とは何ですか?
AWS Ground Station のお客様に手軽にコマンド、制御、および衛星からデータをダウンリンクできるようにする、完全に管理されたサービスです。AWS Ground Station アンテナへのアクセスを分刻みで、ご使用になった分だけお支払いするようスケジュールできます。AWS Ground Station のご使用時、衛星からのデータ収集、衛星の異常の有無の監視、および衛星の運転変更コマンドの転送を行うことができます。着信データは他の AWS のサービスを使用して保存または処理できるところの Amazon EC2 インスタンスにストリーミングされます。


AWS Ground Station の主な利点は何ですか?
AWS Ground Station はこの産業で最初の AWS グローバルインフラストラクチャフットプリント内に位置する衛星サービスとしての Ground Station で、長期契約なしでオンデマンドの地上ステーション衛星アンテナへの融通性のあるアクセスを提供します。従来は、これらの通信のための地上ステーションを建設するために、着信データを処理するためのサーバーおよびストレージのための費用を含む、かなりの資本投資を行う必要がありました。これは新規ビジネスチャンスまたは重要な事象(主要な気象など)に素早く対応する能力を制限し、地上アンテナの世界規模のネットワークを運営および保守する必要を生じさせます。AWS Ground Station により、AWS は地上ステーションインフラストラクチャを管理するので、改革に集中することができ、迅速に衛星データを収集し、ダイナミックにサーバーおよびストレージ使用状況をスケールする新しいアプリケーションを経験できます。そして Amazon の国際大容量バックボーンネットワークを使用して、このデータを簡単に同じ地区または他の AWS 地区にある他の AWS サービスと融合できます。


Q: AWS Ground Station の使用を開始するにはどのようにすればよいですか?
はじめに AWS マネジメントコンソールの AWS Ground Station にナビゲートします。ここで、通信する必要がある衛星を識別し、その衛星とのコンタクトをスケジュールします。各コンタクトは選択された衛星、開始および終了時間、および地上位置で構成されます。コンソールで確認されたコンタクト時間をレビューして、スケジュールされたコンタクト時間の 15 分前以前にキャンセルまたは再スケジュールができます。コンタクトをスケジュールした後、AWS Ground Station EC2 AMI を使用してその連絡用の EC2 インスタンスを開始します。衛星からの運転遠隔測定法を受信するためのコマンドインスタンスおよび衛星の計画済みの将来的なアクティビティーに対する変化の転送、および一括任務データを受信するための衛星からのダウンリンクインスタンス。これらのインスタンスは EC2 インスタンスおよび連絡期間中の衛星アンテナ ENI 接続を使用して、AWS Ground Station アンテナゲートウェイと通信します。

特長

Q:コンタクトとは
コンタクトとは、一定時間の間識別された地上位置から特定の衛星と通信するための予約です。


Q. スケジュールされたコンタクト時間が来るとどうなりますか?
スケジュールされたコンタクト時間の前に、Amazon EC2 AMI を使用して必要なコマンドおよびダウンリンクインスタンスを開始することにより、衛星と通信します。スケジュールされたコンタクト寸前に、これらのインスタンスは ENI 接続上の AWS Ground Station アンテナゲートウェイへの接続を確立できます。コンタクトが開始すると、インスタンスは衛星データの送信および受信を開始します。


Q. 自分がリクエストしたコンタクトが予約できない場合はどうなりますか?
お好みのコンタクトが承諾されない場合 (例えば、選択された位置でのアンテナ時間がすでに予約されているため)、AWS Ground Station マネジメントコンソールはお客様のレビューのために利用可能な代替を用意します。


Q. AWS Ground Station はどのようにして、誰も私の衛星にコマンドしていないことを確認しますか?
AWS Ground Station は複数の対策を施して権限のないコンタクトから衛星を保護します。初めて衛星とのコンタクトを許可する前に、AWS はオンボードして衛星の所有者および提携者および指定されたお客様アカウントでの衛星所有者を識別します。お客様はその後、AWS Ground Station で衛星コンタクトをスケジュール、または他の AWS アカウントにコンタクトをスケジュールする権限を与えるためにそのアカウントを使用できます。各コンタクトの前に、AWS はコンタクトが無線干渉の原因にならないことを検証します。そのコンタクトの期間中、AWS Ground Station アンテナゲートウェイへのアクセスは権限のある EC2 に制限されます。お客様は衛星に向けたデータに権限を与える、および暗号化するための暗号化キーを完全にコントロールできます。


Q. AWS Ground Station はどのようなタイプの衛星と通信できますか?
AWS Ground Station は低地球周回軌道衛星および中地球周回軌道衛星と接続する能力を提供します。


Q. AWS Ground Station はどの無線周波数または帯域を使用して衛星と通信できますか?
AWS Ground Station アンテナは S-、X-、UHF を含むすべての一般的な周波数帯域で衛星と通信する能力があります。


AWS Ground Station はどのくらいの速度がありますか?
AWS Ground Station は狭帯域の 54 MHz までのアップリンクおよび 500 MHz までのダウンリンクスピードをサポートします。


Q. どのくらい事前にコンタクトをスケジュールできますか?
分刻みコンタクトの予約は 6 か月前から予約でき、スケジュールされたコンタクトの 8 日前まで再予約ができます。オンデマンドコンタクトは 15 分前からスケジュールでき、再スケジュールはできません。


Q. AWS Ground Station はどのように他の AWS 製品と関係、または協業していますか?
AWS Ground Station を他の AWS のサービスと一緒に使用して、衛星から発信されるデータを処理および保存することは、ローカル地域から各 AWS Ground Station アンテナ、または他の AWS 地域でも簡単です (Amazon の国際バックボーンネットワークを使用して)。 データは Amazon Elastic Block Store (EBS) を使用して、EC2 にローカルで、Amazon Elastic File System (EFS) を使用して共有ファイルシステムで、または Amazon S3 で保存できます。S3 では、ライフサイクルポリシーを設定して、自動的に古い、アクセスされる頻度が低いデータを、S3 低頻度アクセスおよび Amazon Glacier を含む、比較的安価なストレージクラスにマイグレートできます。
Amazon Kinesis データストリームを使用して、データ収集を完全に管理、および一貫した API を提供してデータ分析をアプリケーションに融合させることができます。Amazon Rekognition との継ぎ目のない融合を提供し、オブジェクトの自動認識を可能にします (車や飛行機など)。Amazon SageMaker を使用して、お客様のデータに適用するカスタムマシンラーニングアプリケーションを構築することもできます。

AWS Ground Station についてお読みください

特色紹介ページにアクセスする
構築の準備はできましたか?
AWS Ground Station にサインインまたはサインアップする
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ
よくある質問
全般 特長