AWS Ground Station を使用すれば、衛星地上局のインフラストラクチャを購入または構築することなく、周回衛星からのデータを制御し取り込むことができます。AWS Ground Station では、アンテナ、デジタイザー、モデムなどの地上局設備を世界中の AWS リージョンに統合することで、これを実現しました。自身の衛星を搭載し、衛星と通信する時間をスケジューリングするのは簡単です。それには、衛星データの保存と処理、AWS サービスを使ったプロダクトのデリバリーなど、AWS クラウド上であらゆる衛星操作を行うか、AWS Ground Station を使用して衛星データをダウンリンクし、自身のプロセスセンターに伝送するかのオプションがあります。

AWSサービスを使用して衛星をスケジュール、およびデータをダウンロードする

AWS Ground Stationコンソールを使用して通信する必要がある衛星を識別し、その衛星と「コンタクト」をスケジュールします。各コンタクトは選択された衛星、開始および終了時間、および地上位置で構成されます。コンタクトをスケジュールした後、Amazon EC2インスタンスを使用してコンタクトの各部分を実行できます。コマンドEC2インスタンスを開始して、衛星から運転遠隔測定法を受信し、衛星にコマンドを転送して将来のアクティビティをスケジュールします。Downlink EC2インスタンスを開始して、衛星から一括任務データを受信することもできます。これらのEC2インスタンスは、コンタクト期間中に存在するAmazon VPCの融通性のあるネットワークインターフェース(ENI)接続上でAWS Ground Stationのアンテナゲートウェイと通信します。

AWSグローバルインフラストラクチャーと融合し、完全に管理された世界規模の地上ステーションネットワーク

AWS Ground Stationアンテナは12か所の完全に管理されたAWS 地上ステーションの位置に設置され、Amazonの待機時間が短く、信頼性が高い、スケーラブルで安全なグローバルネットワークバックボーンで相互接続されています。一つのAWS地区にダウンリンクされ、保存されたデータはグローバルネットワーク上で他のAWS地区に送信されるので、更に処理されることができます。

Graphical AWS Ground Stationコンソール

AWS Ground Stationはお客様の衛星をデータを入力することにより一意に識別する、簡単に使用できるグラフィックコンソールを提供します。それが位置するところで、スケジュールしたいアンテナの位置を入力して、選択された衛星向けに通信してアンテナ時間をスケジュールします。スケジュールされたアンテナ時間の15分前まで、コンタクト予約をレビュー、キャンセルおよび再スケジュールできます。

AWS サービスへの直接アクセス

AWS Ground StationはAWSサービスに衛星アンテナ直接アクセスを提供して、ダウンロードされたデータをより速くシンプルに、そしてより費用効果のあるストレージおよび処理を可能にします。これにより天気予報または時間から分または秒間の災害映像のようなユースケースのためのデータ処理および分析時間を短縮できます。これはまたビジネスルールおよびワークフローを迅速に作成できるようにして、衛星が分析され、画像分析および天気予報などの主要アプリケーションに組み入れられる前に、衛星データの組織、構成、道筋決定を行います。主要AWSはAmazon EC2, Amazon S3, Amazon VPC, Amazon Rekognition, Amazon SageMaker, および Amazon Kinesis Data Streamを含みます。

最も一般的な衛星および通信周波数をサポートします。

UHF アップリンクおよびダウンリンク、 S帯域アップリンクおよびダウンリンク, X-帯域 狭帯域 および 広帯域 ダウンリンクX帯域, S帯域 および UHF周波数で運転している低地球周回軌道(LEO)および中地球周回軌道(MEO)の衛星にはどれでも接続できます。

分刻み払いの価格

AWS Ground Stationアンテナへのアクセスを分刻みで、予定時間だけお支払いするようスケジュールできます。弊社の地上ステーションネットワークのどのアンテナにもアクセスでき、長期間の拘束はありません。

AWS Ground Stationを開始する

開始方法のページにアクセスする
構築の準備はできましたか?
AWS Ground Stationにサインアップする
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ