AWS クラウド
AWS クラウド
SaaS の設計およびアーキテクチャを形成し、これに影響を与える要因はさまざまです。使用中のドメイン、製品のビジネス目標、最初のサービスの範囲と市場投入までの時間は、SaaS ソリューションへのアプローチに影響を与える多数の検討事項の一部です。最終的には、ビジネスにおける技術的な現実と戦略的な現実のバランスを取るアプローチの特定が必要となります。
 
さいわい、AWS にはさまざまなテクノロジーが用意されているため、SaaS 企業は、適切なサービスの組み合わせを見つけて SaaS 環境のアーキテクチャに関する複雑なニーズに対応できます。SaaS アーキテクチャのオプションはさまざまですが、AWS に SaaS ソリューションを構築する際に、すべての SaaS アーキテクトが対処する必要がある明確なテーマがいくつかあります。
 
AWS では、この状況への対処と、お客様の製品目標を満たすソリューションの開発をサポートするために、ソリューションの構築時に発生する可能性のあるアーキテクチャ上の一般的な課題に対応する規範的なコンテンツをまとめました。
 
SaaS 成功事例のページを参照して、企業がどのようにして以下に示す項目の実装に成功したかをご確認ください。
200x200_APN_saas-partner

このクイックスタートでは、ID プロバイダーとして Amazon Cognito を使用し、マルチテナント SaaS (Software-as-a-Service) 環境でアイデンティティと隔離を実現するための高可用性ソリューションを実装します。

クイックスタートには、マルチテナント環境のロール全体でのアイデンティティと隔離のさまざまな要素を示す軽量の SaaS 注文管理システムが用意されています。クイックスタートのデプロイには、Amazon Cognito、AWS Lambda、Amazon API Gateway、Amazon EC2 Container Service (Amazon ECS) といった AWS のサービスが含まれます。

デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレートはカスタマイズ可能です。デプロイガイドには、SaaS のアイデンティティと隔離の中核となる概念と実装の詳細、デプロイおよび設定の詳細な手順が記載されています。

saas-identity-with-cognito-architecture-on-aws
100x100_benefit_compute

SaaS の詳細について知りたい場合は、SaaS のアーキテクチャ原理とベストプラクティスの全般的な説明を確認してください。Architecting Next Generation SaaS Applications on AWS プレゼンテーションでは、AWS で SaaS を構築するための知識の基礎が説明されています。また、SaaS アーキテクチャとオペレーションに関する全体的な概念を確認するには、SaaS 支援フレームワークをご覧ください。
 

Benefit_100x100_Increase-Read-Throughput

SaaS アプリケーションでは、テナントのデータとリソースは他のテナントから確実に隔離される必要があります。SaaS 環境の設計時には、検討する必要があるビジネス上および技術的な多くの変動があります。AWS では、この隔離を強化するために使用できるさまざまなメカニズムを提供しています。

参照コンテンツ:

100x100_benefit_databases

マルチテナント環境にデータを保存するためのアプローチは多数あります。SaaS アーキテクトは、SaaS 環境に対して設定しているコンプライアンス、パフォーマンス、オペレーション、最適化の目標に効果的に対処できる戦略の組み合わせを特定する必要があります。また、さまざまな AWS のストレージサービスでマルチテナントを実現するための最適な方法を検討する必要があります。

参照コンテンツ:

100x100_benefit_click1

SaaS によって、アイデンティティとアクセスがさらに複雑になります。アーキテクトは、認証および許可のモデルにテナント対応を導入して、さまざまな異なるロールでテナント固有のリソースに対するアクセスの範囲を設定し、アクセスを制御する必要があります。SaaS アーキテクトは、こういった問題を解決できる AWS および APN パートナーの豊富なサービスにアクセスできます。

参照コンテンツ:

100x100_benefit_management1

SaaS 環境では、堅牢かつ応答性に優れたオペレーションが必要です。システムの状態を正確かつ積極的に確認することは、SaaS 環境の信頼性を最大化するために不可欠です。SaaS アーキテクトは、AWS およびパートナーの豊富なツールを活用して、テナントを意識した堅牢なビューとポリシーを構築し、システムの状態を管理できます。

参照コンテンツ:

100x100_benefit_workflow2

SaaS プロバイダーは、アプリケーション内で使用量とアクティビティトレンドを継続的に評価することで、どのような方法で、どのような方向に製品の方向性を設定する必要があるかを決定できます。この分析データは、SaaS アプリケーションのパフォーマンスプロファイルの最適化および調整や、コストとテナント消費間の適合にも使用されます。

参照コンテンツ:

100x100_benefit_migration

SaaS への移行は、既存のシングルテナント製品をマルチテナントモデルに移行する方法を見つけることから始まる場合があります。このような移行に対しては数多くの戦略とアプローチがあり、技術的およびビジネス上の変革の両方が含まれます。移行には、近い将来のビジネスへの影響と長期的な俊敏性とのトレードオフを考慮することが含まれる場合があります。

参照コンテンツ:

100x100_benefit_performance

請求と計測は、SaaS の世界における重要な概念です。SaaS ソリューションによって消費をキャプチャおよびプロファイルし、このデータを段階的な請求スキームの基盤として使用する必要があります。これは、AWS および APN パートナーのソリューションを活用する分野です。計測と請求のニーズに対処するための、すぐに使用できるメカニズムをご利用いただけます。

参照コンテンツ:

benefit_cloud

サーバーレスコンピューティングにより、SaaS アーキテクトの一般的な問題点に対処できます。AWS Lambda サービスを使用してマルチテナントの負荷をスケーリングすることにより、SaaS 企業は、テナントアクティビティをリアルタイムのインフラストラクチャ消費にさらに適合できるようになります。これにより、コストを最適化し、SaaS アプリケーションの運用上およびデプロイの俊敏性を向上できます。

参照コンテンツ:

AWS パートナーネットワークに登録する