リファレンスデプロイ

スケーラブルなモジュール式 Amazon EKS アーキテクチャ

AWS での Kubernetes アプリケーションを実行するための柔軟な基盤

Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) では Kubernetes 管理インフラストラクチャが複数の AWS アベイラビリティーゾーンで運用されるため、単一障害点を排除できます。Amazon EKS は Kubernetes 準拠として認定されているため、パートナーや Kubernetes コミュニティが作成した既存のプラグインやツールを使用できます。標準的な Kubernetes 環境で実行されるアプリケーションはどれも Amazon EKS との完全な互換性があるため、Amazon EKS に移行できます。

このリファレンスデプロイは、Amazon EKS コントロールプレーンをデプロイし、ワーカーノードをクラスターに接続し、クラスター管理操作の踏み台ホストを設定するための AWS CloudFormation テンプレートを提供します。さらに、クイックスタートのデプロイは、AWS CloudFormation テンプレートで Kubernetes マニフェストや Helm チャートを直接宣言することによって、AWS CloudFormation を使用して Kubernetes アプリケーションをデプロイおよび管理できるようにするカスタムリソースを提供します。

このクイックスタートは、AWS CloudFormation を使用して Amazon EKS 用の繰り返しおよびカスタマイズ可能なリファレンスデプロイをお探しのユーザーを対象としています。

アマゾン ウェブ サービスのロゴ

このクイックスタートは、
AWS ソリューションアーキテクトにより開発されたものです。


AWS Service Catalog の管理者は、このアーキテクチャをご自分のカタログに追加できます。 

  •  構築するもの
  •  デプロイ方法
  •  コストとライセンス
  •  構築するもの
  • このクイックスタートを使用して自動的に新しい Amazon EKS 環境をセットアップします。このデプロイには、以下が含まれます。

    • 3 つのアベイラビリティーゾーンにまたがる可用性の高いアーキテクチャ。*
    • AWS のベストプラクティスに基づいてパブリックおよびプライベートサブネットが設定された Virtual Private Cloud (VPC)。AWS で独自の仮想ネットワークを実現します。*
    • パブリックサブネット内で、プライベートサブネットのリソース向けにアウトバウンドのインターネットアクセスを許可する、マネージド NAT ゲートウェイです。*
    • 1 つのパブリックサブネットで、Auto Scaling グループに含まれる Linux 踏み台ホストが、プライベートサブネット内の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスへのインバウンドの Secure Shell (SSH) アクセスを可能にします。踏み台ホストは、Kubernetes クラスターを管理するための Kubernetes kubectl コマンドラインインターフェイスでも構成されます。
    • Kubernetes コントロールプレーンを提供する Amazon EKS クラスターです。
    • プライベートサブネットの Kubernetes ノードグループです。

    *  クイックスタートを既存の VPC にデブロイするテンプレートは、アスタリスクが付けられたタスクをスキップし、既存の VPC 設定に誘導します。

  •  デプロイ方法
  • デプロイガイドの指示に従って、AWS に Amazon EKS 環境を構築します。デプロイプロセスを完了するには 25~90 分かかり、次のステップが含まれます。

    1. AWS アカウントをお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップしてください。
    2. 次のオプションから 1 つを選択して、クイックスタートを起動します:
    3. デプロイをテストします。

    Amazon は、クイックスタートで AWS と協力した AWS パートナーとユーザーデプロイ情報を共有する場合があります。  

  •  コストとライセンス
  • このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS のサービスのコストは、お客様が負担します。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。設定の一部 (インスタンスの種類など) は、デプロイにかかるコストに影響します。費用の見積もりについては、使用する AWS の各サービスの料金ページをご覧ください。料金は変更される場合があります。

    ヒント: クイックスタートをデプロイした後は、 AWS のコストと使用状況レポートを有効にして、クイックスタートに関連するコストを追跡することをお勧めします。このレポートは、お客様のアカウントの S3 バケットに対する請求メトリクスを提供します。各月の使用状況に基づくコストの見積もりを提供し、月末にデータを確定します。詳細については、 AWS のコストと使用状況レポート とは、を参照してください。