リファレンスデプロイ

Atlassian Standard Infrastructure (ASI) on AWS

Atlassian Data Center 製品をホストするための高可用性で安全な VPC

このクイックスタートでは、Atlassian Standard Infrastructure (ASI) をセットアップします。アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドで Jira、Bitbucket Data Center、Confluence Data Center などの Atlassian Data Center の製品をホストするように特別にカスタマイズされた、可用性の高いセキュアな Virtual Private Cloud (VPC) が構築されます。ASI には、同一 VPC 内で複数の Atlassian Data Center 製品をデプロイ、統合するのに必要なすべてのコンポーネントが含まれています。

クイックスタートは、VPC、マネージド NAT ゲートウェイ、Linux 踏み台ホストを含むこの基本スタックをセットアップし、スタックの出力値をエクスポートして、基本コンポーネントを他のスタックに公開します。Jira、Bitbucket Data Center、および Confluence Data Center 用のクイックスタートでは、出力値を使用して基盤となるコンポーネントが確認されます。これによって、このインフラストラクチャの複数の Atlassian 製品を簡単にプロビジョニングできるようになります。

JiraBitbucket Data Center、および Confluence Data Center のクイックスタートには ASI が必要です。このクイックスタートを使用するか、Atlassian 製品をデプロイするときに新しい ASI オプションを選択することにより、ASI をデプロイできます。

atlassian-logo

このクイックスタートは、AWS とのコラボレーションのもと、Atlassian により開発されたものです。Atlassian は APN パートナーです。

  •  構築するもの
  •  デプロイ方法
  •  コストとライセンス
  •  構築するもの
  • このクイックスタートを使用して、すべての Atlassian Data Center 製品に必要な次の AWS インフラストラクチャコンポーネントを構築します。

    • 2 つのアベイラビリティーゾーンにまたがる可用性の高いアーキテクチャ。
    • AWS ベストプラクティスに基づいたパブリックおよびプライベートサブネットが配置された Virtual Private Cloud (VPC) です。これによって、AWS で独自の仮想ネットワークを使用できるようになります。 
    • パブリックサブネットでは、マネージドネットワークアドレス変換 (NAT) ゲートウェイにより、更新およびパッケージのアウトバウンドインターネットアクセスが許可されます。
    • パブリックサブネットに配置される、Auto Scaling グループに含まれる Linux 踏み台ホスト。パブリックサブネットおよびプライベートサブネット内の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスへのインバウンドの Secure Shell (SSH) アクセスを可能にします。この踏み台ホストにより、ホストされている Atlassian 製品をインターネットに公開することなく安全にアクセスできます。(このデプロイでは、Linux 踏み台ホストのクイックスタートを使用して、このコンポーネントをプロビジョニングします。)
  •  デプロイ方法
  • デプロイガイドの指示に従って、ASI を AWS に構築します。デプロイプロセスには、以下のステップが含まれます。

    1. AWS アカウントをお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップしてください。
    2. クイックスタートを起動します。デプロイにはおよそ 20 分かかります。 
    3. 製品を既存の ASI にデプロイするオプションを使用して、JiraBitbucket Data Center、および Confluence Data Center をデプロイします。

    重要     
    複数の Atlassian アプリケーションをデプロイおよび統合する場合は、全部を同じ ASI 内でプロビジョニングすることをお勧めします。

    Amazon は、クイックスタートで AWS と協力した AWS パートナーとユーザーデプロイ情報を共有する場合があります。  

  •  コストとライセンス
  • このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS のサービスのコストは、お客様が負担します。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。インスタンスの種類などの設定の一部は、デプロイにかかるコストに影響を与えます。コストの見積もりについては、使用する AWS の各サービスの料金表ページをご覧ください。料金は変更される場合があります。

    ヒント: クイックスタートをデプロイした後、 AWS のコストと使用状況レポートを設定して、クイックスタートに関連する料金を追跡することをお勧めします。このレポートは、お客様のアカウントの S3 バケットに対する請求メトリクスを提供します。各月の使用状況に基づくコストの見積もりを提供し、月末にデータを確定します。レポートの詳細については、 AWS ドキュメントを参照してください。

    ASI ではライセンスを必要としません。これらの製品のライセンス要件については、JiraBitbucket Data Center、および Confluence Data Center のクイックスタートをご覧ください。