リファレンスデプロイ

Atlassian Standard Infrastructure (ASI) on AWS

Atlassian Data Center 製品をホストするための高可用性で安全な VPC

このクイックスタートでは、Atlassian Standard Infrastructure (ASI) をセットアップします。アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドで Jira、Bitbucket Data Center、Confluence Data Center などの Atlassian Data Center の製品をホストするように特別にカスタマイズされた、可用性の高いセキュアな Virtual Private Cloud (VPC) が構築されます。ASI には、同一 VPC 内で複数の Atlassian Data Center 製品をデプロイ、統合するのに必要なすべてのコンポーネントが含まれています。

クイックスタートは、VPC、マネージド NAT ゲートウェイ、Linux 踏み台ホストを含むこの基本スタックをセットアップし、スタックの出力値をエクスポートして、基本コンポーネントを他のスタックに公開します。Jira、Bitbucket Data Center、および Confluence Data Center 用のクイックスタートでは、出力値を使用して基盤となるコンポーネントが確認されます。これによって、このインフラストラクチャの複数の Atlassian 製品を簡単にプロビジョニングできるようになります。

JiraBitbucket Data Center、および Confluence Data Center のクイックスタートには ASI が必要です。このクイックスタートを使用するか、Atlassian 製品をデプロイするときに新しい ASI オプションを選択することにより、ASI をデプロイできます。

このクイックスタートは、AWS とのコラボレーションのもと、Atlassian により開発されたものです。Atlassian は AWS パートナーです。


AWS Service Catalog の管理者は、このアーキテクチャをご自分のカタログに追加できます。 

  •  構築するもの
  • このクイックスタートを使用して、すべての Atlassian Data Center 製品に必要な次の AWS インフラストラクチャコンポーネントを構築します。

    • 2 つのアベイラビリティーゾーンにまたがる可用性の高いアーキテクチャ。
    • AWS ベストプラクティスに基づくパブリックサブネットとプライベートサブネットで構成される VPC。これにより、AWS で独自の仮想ネットワークが提供されます。 
    • パブリックサブネット内:
      • Network Address Translation (NAT) ゲートウェイ。プライベートサブネット内のリソースへアウトバウンドのインターネットアクセスを提供します。
      • インターネットに公開することなく、インフラストラクチャ内のノードへのセキュアなアクセスを可能にする踏み台ホストです (詳しくは、踏み台ホストをご覧ください) 。AWS Systems Manager を介して ASI ノードにアクセスする場合は、踏み台ホストをプロビジョンしないことを選択できます。
  •  デプロイ方法
  • デプロイガイドの指示に従って、ASI を AWS に構築します。デプロイプロセスには約 20 分かかり、次のステップが含まれます。

    1. AWS アカウントにサインインします。AWS アカウントをお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップしてください。
    2. ASI クイックスタートテンプレートをカスタム S3 バケットにクローンします。
    3. S3 バケットからテンプレートを直接起動する。

    重要: 複数の Atlassian アプリケーションをデプロイおよび統合する場合は、すべてを同じ ASI 内でプロビジョニングしてください。

    Amazon は、本パートナーソリューションで AWS と協力した AWS パートナーとユーザーデプロイ情報を共有する場合があります。  

  •  コストとライセンス
  • このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS のサービスおよびサードパーティーライセンスのコストは、お客様のご負担となります。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。インスタンスタイプなどの設定の一部は、デプロイにかかるコストに影響します。コストの見積もりについては、使用する AWS の各サービスの料金ページをご覧ください。料金は変更される場合があります。

    ヒント: クイックスタートをデプロイした後、 AWS Cost and Usage Report を作成して、クイックスタートに関連するコストを追跡します。これらのレポートは、お客様のアカウントでの Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへの請求メトリクスを提供します。毎月の使用量に基づいてコストを見積もり、月末のデータを集計します。レポートの詳細については、 AWS Cost and Usage Report とは?を参照してください。

    ASI ではライセンスを必要としません。これらの製品のライセンス要件については、JiraBitbucket Data Center、および Confluence Data Center のクイックスタートをご覧ください。