リファレンスデプロイ

Amazon EKS での JFrog Artifactory および JFrog Xray

AWS が管理する Kubernetes 上のユニバーサルアーティファクトリポジトリマネージャー

このクイックスタートでは、Amazon Web Services (AWS) クラウドの Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) で JFrog Artifactory と JFrog Xray をデプロイします。Kubernetes コントロールプレーンをインストールして運用することなく、Kubernetes レジストリとして JFrog をデプロイしたい組織向けです。

JFrog Artifactory および JFrog Xray の詳細については、jfrog.com を参照してください。

New Relic ロゴ

このクイックスタートは、JFrog および Trace3 と AWS の共同開発によるものです。JFrogTrace3 は AWS パートナーです。

  •  構築するもの
  • このクイックスタートでは以下のセットアップを行います。

    • 3 つのアベイラビリティーゾーンにまたがる可用性の高いアーキテクチャ。*
    • 独自の仮想ネットワークを実現するため、AWS のベストプラクティスに沿って、パブリックサブネットとプライベートサブネットが設定された VPC。*
    • パブリックサブネット内:
      • マネージド Network Address Translation (NAT) ゲートウェイ。プライベートサブネット内のリソースへのアウトバウンドのインターネットアクセスを提供します。*
      • パブリックサブネットとプライベートサブネットの EC2 インスタンスに対するインバウンドの Secure Shell (SSH) アクセスを許可する Auto Scaling グループ内の Linux 踏み台ホスト。*
    • パブリックサブネットに接続された Network Load Balancer。ロードバランサーは、Kubernetes オブジェクトとして設定された NGINX ポッドにトラフィックを送ります。NGINX コンテナは、Artifactory のプライマリポッドとセカンダリポッドにイングレス、リバースプロキシ―、 Secure Sockets Layer (SSL) 終端を提供します。
    • プライベートサブネット内:
      • 最初のアベイラビリティーゾーンにある、Auto Scaling グループ内の NGINX ポッドと Artifactory ポッドを持つプライマリ Amazon EKS ノード。
      • 2 番目と 3 番目のアベイラビリティーゾーンにある、Auto Scaling グループ内の NGINX、Artifactory、および Xray ポッドを持つセカンダリ Amazon EKS ノード。
      • プライベートサブネットからのみアクセス可能な Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) の DB インスタンス。
    • リポジトリストレージ用のプライベートかつ暗号化された Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット。
    • NGINX、Artifactory、Xray のコンテナ化アプリケーションを実行するためのクラスター用 Amazon EKS。

    * クイックスタートを既存の VPC にデプロイするテンプレートは、アスタリスクが付けられたコンポーネントをスキップし、既存の VPC 設定に誘導します。

  •  デプロイ方法
  • デプロイガイドの指示に従って、このクイックスタートをデプロイします。これにはこれらのステップが含まれます。デプロイプロセスの所要時間は約 15 分です。

    1. AWS アカウントをお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップし、アカウントにサインインしてください。
    2. 無料トライアルライセンスに登録します。
    3. クイックスタートを起動します。次の 2 つのオプションから選択できます。
    4. JFrog Artifactory を設定します。

    Amazon は、本パートナーソリューションで AWS と協力した AWS パートナーとユーザーデプロイ情報を共有する場合があります。  

  •  コストとライセンス
  • このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS のサービスのコストは、お客様が負担します。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。インスタンスタイプなどの設定の一部は、デプロイにかかるコストに影響を与えます。費用の見積もりについては、使用する AWS の各サービスの料金ページをご覧ください。料金は変更する場合があります。

    ヒント: クイックスタートをデプロイした後は、 AWS Cost and Usage Report を有効にして、クイックスタートに関連するコストを追跡することをお勧めします。このレポートは、お客様のアカウントの S3 バケットに対する請求メトリクスを提供します。各月の使用状況に基づくコストの見積もりを提供し、月末にデータを確定します。レポートの詳細については、 AWS ドキュメントを参照してください。

    このクイックスタートには、JFrog Artifactory の Enterprise または Enterprise+ ライセンスが必要です。本番環境でクイックスタートを使用するには、JFrog Artifactory Enterprise ライセンスを含む無料トライアルライセンスを登録することができます。クイックスタートを起動するときに、指定されたフィールドにライセンスキーを入力する必要があります。