リファレンスデプロイ

AWS での SAP NetWeaver

ABAP ベースのアプリケーションと SAP HANA データベース用のアプリケーションサーバー

このクイックスタートでは、AWS クラウドに Advanced Business Application Programming (ABAP) 用の SAP NetWeaver アプリケーションサーバー (AS) 環境が自動的にデプロイされます。

SAP NetWeaver では、SAP アプリケーションをデプロイおよび実行するための一連のテクノロジーが提供されます。SAP Business Suite、S/4HANA、SAP Business Warehouse (SAP BW)、SAP BW/4HANA などの SAP 製品およびアプリケーションは、SAP NetWeaver に依存しています。このクイックスタートでは、SAP NetWeaver AS ABAP がデプロイされます。この環境で SAP HANA データベース向けに ABAP ベースのアプリケーションを開発できます。

このクイックスタートによって、AWS アカウント内の Virtual Private Cloud (VPC) に SAP アプリケーション層、SAP HANA データベース層、リモートデスクトッププロトコル (RDP)、踏み台ホストをデプロイします。このデプロイには、SAP システムユーティリティを提供するプライマリアプリケーションサーバー (PAS) インスタンスと、SAP アプリケーション層をスケールアウトするためのオプションの追加アプリケーションサーバー (AAS) インスタンスが含まれています。

 

200x100_SAP_Logo

このクイックスタートは
AWS ソリューションアーキテクトにより開発されたものです。

  •  構築するもの
  •  デプロイ方法
  •  コストとライセンス
  •  構築するもの
  • このクイックスタートを使用して、AWS アカウントに以下のものをデプロイして設定します。

    • 2 つのアベイラビリティーゾーンにまたがる可用性の高いアーキテクチャ。*
    • AWS のベストプラクティスに沿ってパブリックサブネットとプライベートサブネットが設定された Virtual Private Cloud (VPC)。これが、デプロイにおけるネットワークインフラストラクチャとなります。*
    • インターネットへのアクセスを提供するインターネットゲートウェイ。*
    • パブリックサブネット内:
      • プライベートサブネットの SAP インスタンスに対するインバウンドの Secure Shell (SSH) アクセスをサポートする Auto Scaling グループ内の踏み台ホストインスタンス。*
      • マネージド Network Address Translation (NAT) ゲートウェイ。プライベートサブネット内の SAP インスタンス向けにアウトバウンドのインターネットアクセスを提供します。*
      • SAPGUI と SAP HANA Studio をホストするための Windows Server が動作する EC2 インスタンス (オプション)。これらの SAP プログラムを手動インストールして SAP HANA データベースを管理できます。
    • プライベートサブネット内:
      • SAP NetWeaver と SAP HANA をホストする EC2 インスタンス、SAP HANA ストレージの主要性能指標 (KPI) を満たすか、それ以上となるよう設定された EBS ボリューム。
      • /sapmnt ファイルシステム用の Amazon Elastic File System (Amazon EFS) 共有の設定 (オプション)。
      • SAP NetWeaver ABAP と SAP HANA の自動化されたインストール (オプション)。
      • 同一または異なる EC2 インスタンスにデプロイされたプライマリアプリケーションサーバー (PAS) と ABAP System Central Services (ASCS)。 
      • 別のアベイラビリティーゾーンにインストールされた ASCS インスタンス (オプション)。ASCS サーバーのウォームスタンバイとして動作します。
      • 追加アプリケーションサーバー (AAS) インスタンスの自動化されたインストール (オプション)。
    • デプロイプロセスに必要な AWS のサービスへのアクセス権限が詳細に設定された AWS Identity and Access Management (IAM) インスタンスロール。
    • インバウンドアクセスコントロール (踏み台ホストからのアクセス、データベースインスタンス間のアクセス、アプリケーションからデータベースへのアクセス) が詳細に設定された 3 つのセキュリティグループ。
    • AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) と、バケットにアクセスするためのインスタンスロール。
    • SAP HANA および SAP NetWeaver ABAP のサーバー名をホストする Amazon Route 53 プライベートホストゾーン。

    このクイックスタートでは、SAP NetWeaver インスタンス用に SLES オペレーティングシステムをサポートしています。SAP HANA がサポートされている Linux オペレーティングシステムは、SLES、SLES for SAP、RHEL for SAP HANA です。ユーザーはこの中から選択できます。

    * 既存の VPC にクイックスタートをデプロイするテンプレートでは、アスタリスクの付いたタスクをスキップして、既存の VPC 設定を使用するように指示されます。

  •  デプロイ方法
  • デプロイガイドの指示に従って、SAP NetWeaver 環境を AWS に構築してください。デプロイプロセスには、以下の手順が含まれます。

    1. AWS アカウントをお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップしてください。
    2. デプロイの SAP HANA に関する前提条件を確認します。
    3. SAP NetWeaver ソフトウェアをダウンロードして解凍し、ステージング環境で実行します。
    4. クイックスタートを起動します。それぞれのデプロイにはおよそ 2 時間 45 分かかります。次の 2 つのオプションから選択できます。
    5. SAP NetWeaver と SAP HANA にアクセスしてデプロイ結果を確認します。

    デプロイをカスタマイズするには、AWS インフラストラクチャを設定する、AWS CloudTrail と AWS Config を使用したロギングを有効にする、SAP NetWeaver および SAP HANA の設定 (インスタンスタイプ、ストレージオプション、ノード数、AAS インスタンスなど) を構成するといった方法があります。

    Amazon は、クイックスタートで AWS と協力した AWS パートナーとユーザーデプロイ情報を共有する場合があります。  

  •  コストとライセンス
  • このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS のサービスのコストは、お客様が負担します。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。ノード数、ストレージ、インスタンスの種類など、一部の設定は、デプロイにかかるコストに影響します。 

    このデプロイでは、SAP ソフトウェアについてライセンス持ち込み (BYOL) モデルが使用されます。SAP のライセンスを既に所有しており、SAP ソフトウェアダウンロードセンター (SWDC)からソフトウェアをダウンロードする許可を与えられている必要があります。

    このクイックスタートによる SAP NetWeaver のデプロイでは、SLES 用 Amazon マシンイメージ (AMI) が起動されます (このイメージには SLES オペレーティングシステムのライセンスも含まれる)。

    このクイックスタートによる SAP HANA のデプロイでは、ユーザーが選択したオペレーティングシステム (SLES、SLES for SAP、RHEL) に合わせて AMI が起動されます。オペレーティングシステムのライセンス料は Amazon EC2 の時間料金に含まれます。この他に、SLES for SAP AMI のソフトウェアコストがかかります。