リファレンスデプロイ

SAP S/4HANA on AWS

NetWeaver ベースのアプリケーションと SAP HANA データベースのシステムクラスター

このクイックスタートにより、SAP S/4HANA 環境がアマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドに自動的にデプロイされます。SAP S/4HANA では、SAP アプリケーションをデプロイおよび実行するための一連のテクノロジーが提供されます。 

このクイックスタートによって、AWS アカウント内の Virtual Private Cloud (VPC) に SAP アプリケーション層、SAP HANA データベース層、そして任意で、リモートデスクトッププロトコル (RDP)、踏み台ホストをデプロイします。デプロイには、ABAP SAP Central Services (ASCS) サーバー、SAP システムユーティリティを提供するプライマリアプリケーションサーバー (PAS) インスタンス、任意の追加アプリケーションサーバー (AAS) インスタンス、および SAP アプリケーション層をスケールアウトする AWS コアインフラストラクチャサービスが含まれます。

 

200x100_SAP_Logo

このクイックスタートは、
AWS ソリューションアーキテクト、クラウドサポートエンジニア、
および SAP コンサルタントにより開発されたものです。

  •  構築するもの
  •  デプロイ方法
  •  コストとライセンス
  •  構築するもの
  • このクイックスタートを使用して、AWS アカウントに以下のものをデプロイして設定します。

    • 2 つのアベイラビリティーゾーンにまたがる可用性の高いアーキテクチャ。*
    • AWS のベストプラクティスに基づいてパブリックおよびプライベートサブネットが設定された Virtual Private Cloud (VPC)。これが、デプロイにおけるネットワークインフラストラクチャとなります。*
    • パブリックサブネット内のマネージドネットワークアドレス変換 (NAT) ゲートウェイ。プライベートサブネット内の SAP インスタンスへのアウトバウンドのインターネットアクセスを提供します。*
    • パブリックサブネットにデプロイされた任意のリソース:
      • Auto Scaling グループに含まれる任意の Linux 踏み台ホスト。プライベートサブネット内の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスへのインバウンドの Secure Shell (SSH) アクセスを可能にします。*
      • プライベートサブネットで SAP システムを管理するための SAP GUI およびサードパーティーのフロントエンドアプリケーションをホストする、任意のリモートデスクトッププロトコル (RDP) Windows サーバーです。  
    • プライベートサブネットにデプロイされたリソース:
      • HANA データベースと S/4HANA ASCS、PAS、および任意の AAS をホストする複数の Amazon EC2 インスタンスです。標準および分散インストールのオプションについては、デプロイガイドをご覧ください。
      • すべての S/4HANA インスタンス間で SAP ファイルを共有するために、ネットワークファイルシステム (NFS) または Amazon Elastic File System (Amazon EFS) 上に構築されたディレクトリ /sapmnt です。
      • 複数ノードの HANA データベースデプロイの場合、すべての HANA データベースサーバーノード間でファイルを共有するために、ディレクトリ /usr/sap に NFS がマウントされます。
      • SAP S/4HANA および SAP HANA の自動化されたインストール (オプション)。
    • デプロイプロセスによって必要な AWS サービスへアクセスするための Identity and Access Management (IAM) ロールです。
    • インバウンドアクセス (踏み台ホストからの任意のアクセス、データベースインスタンス間のアクセス、アプリケーションからデータベースへのアクセス) が制限された 3 つのセキュリティグループです。
    • AWS Command Line Interface (AWS CLI) および Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット内のインストールソフトウェアにアクセスするためのインスタンスロールです。
    • HANA データベースと S/4HANA サーバー名をホストする、専有 Amazon Route 53 プライベートホストゾーンです。

    このクイックスタートは、SAP S/4HANA インスタンスの SUSE Linux Enterprise Server (SLES) オペレーティングシステムをサポートしています。SAP HANA がサポートされている Linux オペレーティングシステムは、SLES、SLES for SAP、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) です。

    * クイックスタートを既存の VPC にデプロイするテンプレートは、アスタリスクが付けられたタスクをスキップし、既存の VPC 設定に誘導します。

  •  デプロイ方法
  • デプロイガイドの手順に従って、S/4HANA 環境を AWS に構築します。デプロイプロセスには、以下のステップが含まれます。

    1. AWS アカウントをお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップしてください。
    2. SAP S/4HANA ソフトウェアをダウンロードして解凍し、ステージング環境で実行します。
    3. クイックスタートを起動します。各デプロイの完了までには 1.5~2.5 時間かかります。次の 2 つのオプションから選択できます。
    4. SAP レベルまたはオペレーティングシステムレベルにアクセスして、S/4HANA デプロイを確認します。

    デプロイをカスタマイズするには、AWS インフラストラクチャを設定する、AWS CloudTrail と AWS Config を使用したロギングを有効にする、SAP S/4HANA および SAP HANA の設定 (インスタンスタイプ、ストレージオプション、ノード数、AAS インスタンスなど) を構成するといった方法があります。

    Amazon は、クイックスタートで AWS と協力した AWS パートナーとユーザーデプロイ情報を共有する場合があります。  

  •  コストとライセンス
  • このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS のサービスのコストは、お客様が負担します。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。ノード数、ストレージ、インスタンスタイプなど、一部の設定は、デプロイにかかるコストに影響します。費用の見積もりについては、使用する AWS の各サービスの料金ページをご覧ください。料金は変更する場合があります。 

    ヒント: クイックスタートをデプロイした後、 AWS のコストと使用状況レポートを設定して、クイックスタートに関連する料金を追跡することをお勧めします。このレポートは、お客様のアカウントの S3 バケットに対する請求メトリクスを提供します。各月の使用状況に基づくコストの見積もりを提供し、月末にデータを確定します。レポートの詳細については、 AWS ドキュメントを参照してください。

    このデプロイでは、SAP ソフトウェアについてライセンス持ち込み (BYOL) モデルが使用されます。SAP のライセンスを既に所有しており、SAP ソフトウェアダウンロードセンター (SWDC)からソフトウェアをダウンロードする許可を与えられている必要があります。

    SAP S/4HANA デプロイの場合、このクイックスタートは、選択したバージョンの SLES オペレーティングシステム (SLES 12、SLES 12 SP1、SLES 12 SP2、または SLES 12 SP3) の Amazon マシンイメージ (AMI) を起動します。AMI には、SLES オペレーティングシステムのライセンスが含まれています。

    このクイックスタートによる SAP HANA のデプロイでは、ユーザーが選択したオペレーティングシステム (SLES、SLES for SAP、RHEL) に合わせて AMI が起動されます。オペレーティングシステムのライセンス料は Amazon EC2 の時間料金に含まれます。この他に、SLES for SAP AMI のソフトウェアコストがかかります。