Amazon Connect の統合

Acqueon Engagement Cloud (AEC)

アウトバウンド音声ダイヤラおよび積極的なオムニチャネルプラットフォーム

Acqueon Engagement Cloud (AEC) は、リアルタイムのリードフィルタリング、セグメント化、優先順位付け、スケジューリングを提供するアウトバウンド音声ダイヤラプラットフォームです。この AEC と Amazon Connect の統合により、right party connect (RPC) およびエージェントの効率が、ビジネス目標に合致する形で大幅に改善されます。

AEC は、メール、SMS、アプリケーション内通知を含むマルチチャネルコミュニケーションツールセットをサポートする積極的なエンゲージメントソリューションを包括的に提供します。ユーザープリファレンス、ビジネス目標、Machine Learning に基づいてエンゲージメントを統合できます。

AEC には電話消費者保護法 (TCPA) および Ofcom の規制に対するコンプライアンスモジュールが組み込まれており、Do Not Call (DNC) スクラビングにも対応しています。AEC の機能の詳細については、Acqueon のウェブサイトをご覧ください。

この統合は次のものを作成します。

  • 複数のアベイラビリティーゾーンにまたがる可用性の高いアーキテクチャ。
  • Windows Server 2012 R2 を搭載し、AEC コアおよびウェブアプリケーションをホストする Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス。
  • SQL Server DB インスタンスの Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)。これは、リードリストを保管、セグメント化、強化、処理し、レポート作成やビジネスインテリジェンスのために対応結果を保管し、RPC を最適化する高度な分析を提供します。
  • 対応ファイルを保管する Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット。
  • Amazon CloudFront ディストリビューションの Amazon Route 53 に登録されたレコードセットエントリ。 

 

Acqueon Engagement Cloud - Amazon Connect との統合

このクイックスタートは AWS とのコラボレーションのもと Acqueon により開発されたものです。
Acqueon は APN パートナーです。

 このクイックスタートのソースコードを見る

Amazon Connect に AEC を追加するには

ステップ 1 アカウントをまだお持ちでない場合は、AWS アカウントにサインアップします。

アカウントを取得すると、自動的に Amazon Connect およびその他の AWS のサービスにサインアップされます。
ステップ 2 AWS Marketplace 内で AEC のサブスクリプションを取得して、次のいずれかのオプションを選択します。
   - 音声
   - オムニチャネル
ステップ 3 統合のための新しい Amazon Connect インスタンスを作成するか、既存のインスタンスを使用します。
ステップ 4 統合をデプロイします。

パラメータフィールドにすべて入力します。デプロイの所要時間はおよそ 1 時間半です。 クイックスタートは、米国西部 (北カリフォルニア) を除くすべての AWS リージョンでデプロイ可能です。

注意
    クイックスタートには、サポートが必要なエージェント数およびテナントインスタンス数に応じて、3 つのオプションが用意されています。欧州 (パリ) リージョンでクイックスタートをデプロイする場合は、インスタンスタイプパラメータとしてオプション 1b、オプション 2b、またはオプション 3 を選択します。その他のすべてのリージョンでは、オプション 1a、オプション 2a、またはオプション 3 を選択します。これらのオプションの詳細については、Acqueon のウェブサイトの AEC Installation Guide の中にある付録 B、AEC Capacity and Sizing をご覧ください。
ステップ 5 統合を設定します。

AEC Integration Guide の指示に従ってデプロイ後の設定タスクを完了させます。

この Amazon Connect 統合の実行中に使用した AWS のサービスおよびパートナーソリューションのコストは、お客様のご負担となります。